« July 2005 | Main | September 2005 »

August 17, 2005

リホーム会社の詐欺事件

  「運築(うんちく)川柳・狂歌」


   ”人生も リホームできると 元氣づけ”


 マスコミでは、悪徳なリホーム会社が高齢者を騙して、
高額のリホーム費用を奪い取る事件が話題になっております。
 そんな一部の悪徳リホーム業者のために、良心的な業者まで
が影響を受けております。
 今日はそんなリホーム業者さんのお話です。


  「リホーム会社の詐欺事件」


 もう長いお付き合いをしているリホーム会社さんがあります。
このリホーム会社さんの下請けとして、部屋のクリーニングの
仕事をさせていただいている。
 通常は”便利屋”の仕事は現金商売。その場で仕事が済んで、
お客様からお代金をいただく。
 取引開始当初は、このY社からも一仕事終わる度に、現金で
お支払いいただいていた。
 取引が長くなり、金額も多くなるにつれ、いつからか月末締めの
翌月末払いの取引となった。
 今までに一度も支払いが遅れた事はない。
それが6月の請求分が7月の末に振り込まれていない・・・


 夏休みで支払いも遅れているのかな?などと思い、10日ほど
待ったが、振込みはない。
 確認の電話をY社の社長さんの携帯にする。
『Yさん、うちの6月分の請求書は届いていますか?』と
Y社長にお聞きすると・・・


 「すみません。請求書は届いています。こちらから
お詫びのお電話をしなければいけないと思っていたのですが、
なかなか電話しづらくて・・・」
 との事。

 どうしたのか、詳しくお話を伺うと・・・
「実は詐欺にあって、お金を騙し取られてしまって・・・」


 悪徳リホーム業者の暗躍や、リホーム業界の厳しい競争も
あって、最近業績が落ちてきた事、そしてその打開策として
新規事業に取り組んでいる事、などはうすうす聞いていた。
その新規事業で、騙されてしまったようだ。

 「その新規事業の協力者の人に、有力者を紹介するから
いくら必要だ。宣伝のためにいくら必要だ。と言われるが
ままにお金を出していた。」
 「でも、いくら待ってもその有力者に会わせてくれないので、
おかしいと思い問い詰めたら、騙されたとわかった。」
 との事でした。
「だから、今は会社にお金がなくて、申し訳ないけど
お支払いできない。」
 「必ずお支払いしますので、しばらく待ってください。」
とのお話。

 当社も零細企業。決して楽ではありません。大変です。
でも、長年お世話になった会社。様々な事・仕事も教えて
くれたY社長。
 『困ります。できるだけ払って下さい!』なんて事は
とても言えません。
 『払える時に、いつでもいいですよ。何かお手伝いできる
事があったら、言ってください。頑張ってくださいね!』
 と、しか言えませんでした。

 今一番苦しいのはY社長ですものね。
仕事も丁寧。細かい所まで、気遣いもできるY社長。
人柄ももちろんいい人です。
 元気に立ち直ってくれる事を、願っております。


  「追伸」


 「何とかしたい」「どうしてもこれを成功させたい」
などど言う、切羽詰った気持ちでいると、そんな弱みを
見抜く、詐欺の天才がいるんですね。
 後から冷静に考えると、「あれはおかしい」と思う事、気付く
事も多いようです。
 騙されるのは、善良な人、いい人が多いようです。
心の隙間がどこかにあるのでしょうか・・・
 自分の事として、自戒しております。

 ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2005

暑い時期の草刈・植木の手入れの仕事

  「運築(うんちく)川柳・狂歌」

   ”夏仕事 お金もらえて ダイエット”


 旧盆のお休み前・お休み中には、仕事が集中します。人が
訪ねてくるので、庭の草刈・植木の手入れの依頼。
 出かける人は、ペットの散歩・餌やり・植木の水遣り、
などのご依頼です。
 でもこれが大変。日中の暑さが外で35度を越えます。
汗をだらだらかいて、いいダイエットになります。

 そんな訳で、体力的にきつく、”便利屋奮闘記”しばらく
お休みさせていただきました。申し訳ありませんでした。
 今回は、そんな暑さの中での仕事のお話です。


  「暑い時期の草刈・植木の手入れの仕事」


 旧盆のお休み前のある時、会社の電話が鳴りました・・・

 電話に出ると年配の男性の声で
「以前にいただいたチラシを見たのだけど、植木の枝きり
をして欲しいのだけど、お盆休み前にできますか?」
 との、仕事の問い合わせの電話でした。
昨年12月にポスティングしたチラシから、いまだに仕事の
ご依頼があるんですよ。

 『う~ん。お盆前は仕事がつまっているな・・どうしょう?』
と思いつつ、絶対にその場ではお断りしません。
 とりあえず下見に伺うことにして、ご住所とお名前、お電話を
お聞きする。

 この時期、庭の草・植木などの伸びが早く、このような
仕事の依頼が多いのです。体力勝負の時期です。
 車ですぐ近くのお客様宅に伺い、お庭を拝見すると・・・
 『わあ、凄い!植木で埋もれている・・』

 若い頃は元気で、庭の手入れも頻繁に行っていたのでしょうが、
年を取るとそれがだんだんきつくなります。
 それに反比例するように、植木は年数とともにどんどん大きく
成長します。
 しまいには、ジャングル状態になってしまうのです。
そうなると、狭い住宅街。隣近所がくっついていますので、
大きくなった植木が隣家に大きくはみ出てしまいます。
 それがトラブルの原因ともなるのです。

 今回のお客様も、そんなご近所様からの苦情があっての
仕事のご依頼だったようです。
 お客様にご了解をいただき、お盆前の仕事の空いている
時間を活用して、何日かかけて仕事をさせていただく事になりました。
 これで、雨にでもふられたら、仕事の調整が大変!

 お客様宅は、4軒の家と庭を接しています。そのどのお宅の
庭にも植木がはみ出ていました。
 まず仕事を始める前に、その4軒のお宅に粗品を持って
ご挨拶に伺う。この事前のご挨拶が大切なのです。
 ご挨拶に伺うことが、自社の宣伝にもなります。
そして、お庭に入って、脚立を使い作業する許しを
いただく。

 その日から、空いてる時間を使って3日間かけて
作業をさせていただきました。通算10時間ほどです。
 植木の手入れを本格的にすると、もっと時間がかかります。
今回は、はみ出た部分だけのカットでいい、との事でしたので
素早くさせていただきました。
 植木のカットより、その後の処理・処分の方が大変なのです。

 お客様には「奇麗になった」と感謝され、お隣さんからも
「すっきりした」と感謝され、それでお金をいただいて、
自分でもダイエットできる・・・
 こんないい仕事はない!と思ってやっています。
(え、心からそう思っているのか?って・・それは、???です)


  「追伸」


 真夏の屋外での仕事は、さすがにきついです。
休憩を取りながら、水分補給しながらの作業です。
 その水分は、以前はスポーツドリンクをがぶ飲み
していたのですが(4リットルぐらい)、糖分が多すぎる
との事を聞きましたので、今は市売の水で半分に薄めて
飲んでいます。

 個人様宅の作業では、以前は10時と3時にはお茶菓子
が出て休憩したのですが、最近はそんなお宅は少なくなりました。
 お茶の時間を期待していて、それがないとがっかりするのですが、
期待しないでいて、お茶を出していただくと、とても嬉しいのです。
 人間の気持ちって不思議ですね。どんな時にでも、感謝の
心がもてるのが、一番いいのですが・・・

 お客様へのサービスでも同じ事が言えるような気がします。
お客様の期待を超えるサービスを続けるのは大変ですね。
 期待を超えるサービスも続けると、それがいつしか
当たり前になってしまう。お客様の気持ちとの兼ね合い。
それを常に考えています。
 ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 06, 2005

虫退治の仕事

  「運築(うんちく)川柳・狂歌」


    ”生き物で  いちばん怖い 人間が”


 虫の大嫌いな人は、私の周り・お客様でも
いらっしゃいます。
 ほんとに見ているこちらは、可笑しくなってしまうほど
怖がるのですが、本人にしてみれば真剣です。
 今日は、そんな虫の大嫌いなお客様のお話です。


  「虫退治の仕事」


 夕方の7時近く、昼間の暑さの中での仕事を終え、ゆっくりと自宅兼事務所で
くつろいでいますと、会社の電話が鳴りました・・・

 受話器を取ると、とてもうわずった慌てた女性の声で、
「柏崎さん。今すぐ来られる!?もう怖くて・・・」
 電話の主は、歩いてすぐのところに住む、一人暮らしのKさんでした。

 『どうしたのですか?』と事情をお聞きすると、
「お風呂に入るのでお風呂場に行ったら、とかげみたいな、
たぶんヤモリだと思うけど、電気のかさにくっついていたの~」
 「もう怖くて、そのままドアを閉めちゃったのだけど、
このままだとお風呂に入れないから、すぐ来て捕まえてくれる?」
 との事でした。

 虫や動物の処分の依頼は、たまにあります。
ヘビ・トカゲ・ハチ・鳥の巣、などなど・・・
 最近は、タヌキとかハクビシンなどの動物も
住宅街に住み着いて、家の中まで入ってくる場合もあるようです。
 ヤモリ退治は初めて。一見トカゲみたいですが、手足が吸盤のように
吸い付くやつで、家の天井とか電気に良く張り付いて、ガなどの
虫を食べます。

 私が子供の頃(40年以上前?)には、よく家の中で見かけたのですが、
最近は見かけなくなっていました。
 でも、今年はヤモリ発見の情報が多いのですよ。友人も見たと言ってました。
私も、先日お客様宅の物置解体の仕事をしている時に、見ました。
 なんか、天候異変の前兆か???な・・・

 すぐにKさんのお宅に駆けつけると、Kさんは震える顔で
お風呂場を指差します。
 「怖い!どうしたらいいか解らなくて、電話したの・・」と・・
風呂場のドアを開け、中に入る。そして電球・天井を見てみると・・

 そこには、何にもいなかったのです。念のためお風呂場の中全てを
点検。それでもいない。
 換気口があり、そこから出て行ったようです。
 それはそうですよね。素早い動きのヤモリ。そんなにじっとしては
おりませんよね・・・
 Kさんの叫び声に驚いて、逃げて行ってしまったのかな・・

 再度しっかりとお風呂場内を点検し、何事もなく、
「Kさん、また何かあったら、いつでも電話くださいね!」と
言って、帰らせていただきました。
 今年は、どんな虫さん達が出てくるのだろうかな。
でも一番怖いのは、人間のような気がしますが・・・


  「追伸」

 ほんの些細な事で、困ってしまう事があります。そんな時は
誰に頼んだらいいのだろうか?
 そんな時に、我社があります。「困った時にすぐ電話!」
我社を思い出していただければ、それは嬉しい事です。

 でも、そんなに遠い昔ではないのに、遠い昔の事のような
気がするが・・・
 こんな近所のちょっと困った事は、近所の人たちが助け合って
いたような気がする。
 みんな、お互いに助け合って生きていた・・・

 私の究極の目標は、我社”便利屋”ワン・ツウ・ワンが
いらなくなる世の中なんです・・・
 え、おかしいですか?会社が潰れてしまう?
大丈夫!次の仕事は考えてあります。

 でも、そんな我社”便利屋”がいらなくなるのは
いつの事だろうか?・・・
 はやく、そんな世の中がくるといいな・・・
ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 04, 2005

パチスロの席取りの仕事・その2

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」

    ”ギャンブルも 頭使って やる仕事”

 どんな仕事も工夫なしには、効率よく稼げません。
ギャンブルを仕事としている人たちも同じです。
 今日はそんな人たちのお話です。

  「パチスロの席取りの仕事・その2」

 月のある決まった日の前日に、いつも電話をいただくお客様が
おります。
 今日も、会社の電話が鳴りました・・・

 「こんにちは。Wだけど今度の土曜日は時間が空いてますか?」
「またいつもの店で、席取りをお願いしたいのですが・・・」
 Wさんは、パチスロを仕事としている方です。いつも行く店の、
特別なイベントがある前日には必ず仕事のご依頼をいただきます。
 私も、いつもいつも時間が空いているわけではありませんが、
できるだけいつもお仕事のご依頼をいただいているWさんの
依頼は、優先的に仕事に入れます。
 2人で席を取って、私はWさんの言われる通りに打ちます。
時には、席に座っているだけの事もあります。
 2台のうちの1台でも出れば、それで手数料は充分に
稼げるのです。

 でも、いつもいつも儲かると言う訳にはいきません。2台とも
出ない時もあります。
 そんな時にも、仕事の料金はきちっといただきますが、やはり
何か申し訳ない気持ちになります。
 Wさんは、とてもやさしい性格の方で、「仕事なんだから、気にしないで
下さい。」と言っていただきます。

 それにしても、このパチンコ業界。私も20年近く遠ざかって
おりましたが、その様変わりには驚きます。
 パチンコ・パチスロは遊びではなく、ギャンブル・仕事場に
なっております。
 この業界も、情報化の波には逆らえず、どれだけの情報を自分が
持っているかによって、大きく稼ぎが違います。
 インターネットで、パチンコ業界の情報を得る事は当たり前です。
携帯・パソコンでの情報収集は必ずしています。
 ですから、「明日はこの店でイベントがあって、出玉がいい!」なんて
情報が出たら、次の日の朝は6時頃から人が並びます。
 開店時刻には、300人以上が並ぶ!なんて事も、多くあります。
 パチンコ屋さん自体も、ホームページを持っていて、そこで会員組織
を作り、情報も発信しております。

 パチンコを仕事としているプロの方たちは、いつも勉強です。
パチンコ雑誌はもちろん読んで研究しています。
 取り組んだ台の前日のデータを研究し、当日の状況を記録して
次の日に備える。
 パチンコは、肉体労働というより、頭脳労働かもしれません。

 最近は3人から5人の「グループ打ち」も多いようです。
「グループ打ち」とは、例えば5人で打って、そのうちの2台
でも当たれば、その金額を5人で別けるのです。
 その方が、効率よく稼げるようです。
また「打ち子」という、ある会社が指定した台を、その会社と
契約した「打ち子」が打って、その稼ぎの何割かをもらう、と言う
ような仕事もあるようです。

 まあまあ、私にはよく解らない事が多く、パチンコ業界の
様変わりに驚いています。
 とにかくパチンコは”遊び”、の時代は遠い昔の話。今は情報網を
駆使した仕事場になっているような気がしています。
 だから、頭のいい人がこの業界でも儲かるのです。

 ちなみに、一時マスコミ・パチンコ業界を騒がせたある
団体があります。
 その団体は、当初はパチンコの独自の攻略法を開発し、
荒稼ぎをしてパチンコ屋さんから、目の敵にされておりました。
 その名前を最近聞かないので、どうしたのかな?なんて思って
おりましたら、現在ではパチンコ業界のコンサルタントをしたり、
パチンコの攻略セミナーを開いたり、本を出版したりしている
そうです。
 さすがに、先覚者。先を見る人は違う・・・・
さあて、今回は出る台に当たるといいな。


  「追伸」

 遠い昔の子供の頃・・・


 父がお土産をいっぱい持って帰って来る事がありました。
袋の中は、チョコレート・キャラメル・ビスケットなどの
お菓子でいっぱい・・・
 子供達は、よろこんで別けて食べました。

 母が言いました。「パチンコ?」
父はただニッコリ笑うだけでした。
 そんな昔を思い出します。今では、出玉を景品に換える
人は、ほとんどおりません。
 そんな昔風のパチンコ屋さんも、あってもいいような
気がしています・・・
 ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2005

家具移動でちょっとミスした仕事

  「運築(うんちく)川柳・狂歌」


    ”階段の 狭い住宅 誰のため”


 「便利屋奮闘記」長いことご無沙汰しておりまして、
申し訳ございません。
 実は、連日の30度を越す暑さにグロッキーして
しまいました。
 この時期、外の仕事が多くなります。特に
庭の草刈・植木の剪定、家具移動、粗大ゴミの処理、などなど・・・
 朝8時から夕方6時まで仕事をしますと、もう汗だく。
体中の水分が全て出てしまうのでは?と思うくらいです。
 シャツを2回着替えます。水分は4リットルは飲みます。

 家に帰るとぐったり・・・
今日はそんな暑い中での、家具移動の仕事のミスのお話です。

  「家具移動でちょっとミスした仕事」


 連日の30度の暑さが続くある日の事。会社の電話のベルが
鳴りました・・・


 「あの~、タウンページを見たのですが、タンス一つを移動して
いただきたいのですが、料金はいくらぐらいかかりますか?」
 と言う、仕事の問い合わせのお電話でした。
我社では、お客様宅まで伺う時間も料金に入りますので、
その由を告げご住所を伺う。

 タウンページから来る仕事のご依頼は、当社からはちょっと遠い場所が
多くあります。
 お聞きしたご住所は、あまり聞いたこともない場所。市の場所は
知ってはいますが、細かい住所までは知りません。
 『う~ん。時間的にはこんなものだろう?』
と思って、往復1時間の料金と、タンス一つの移動時間を30分以内と計算して
見積もりを言わせていただきました。
 この見積もりが、後で後悔する事に・・・


 お客様は
「わかりました。それでは、検討してまた後ほど連絡させて
いただきます。」
 とお電話を切りました。

 それから10分後。お客様から電話がありました。
「先程、家具移動のお願いの電話をした者ですが、仕事を
お願いします。」
 他の便利屋さんと比較して、ご依頼をいただくのはよくある事
です。
 お客様の都合の良い日時をお伺いして、次の日の午後に伺うことに
なりました。

 そして次の日。パソコンで住所を検索して場所を確認する。最近の
住所検索はとても便利。個人宅でも検索できます。
 『おや?もしかして、30分では行かないぞ!』とは思ったのですが、
料金は見積もり通り頂く事にしてしまいました。
 知らない場所の、現場を見ない見積もりは不安があります。
電話でのお話だけで、大体の料金を出さなければならないことも
あります。
 遠い場所まで、見積もりに行く時間と手間を考えると、
ある程度の見積もり違いは仕方ありません。
 だから、できるだけ近隣の仕事に重点を置いております。

 案の定。お客様宅まで45分。往復1時間半かかりました。
家具移動も、タンス一つだったら30分以内で簡単にできる、と
考えたのが間違え・・・
 お客様宅は、ある駅前のまだ開発中の住宅街にありました。
隣では、どんどん新しい家を作っています。
 お客様宅も、まだ完成して間もない感じで、引越しして来て
まだ3日との事。

 中に入り、移動する家具を見てビックリ・・・
2階にある大きなタンスを1階まで移動するのですが、
階段が狭い!おまけに、若い世帯で誰のためか、形ばかりのバリアフリーの
手すりが階段についている。なお狭い・・・
 『タンスは大きいし、階段は狭い。どうしょうか?お断りして
帰ろうか?』とも考えたのですが、
 『せっかく来たのだから、何とかしよう・・・』との思いが
強く、移動する準備をする。

 タンスを毛布でくるみ、縄で結わえ、階段の照明を外す・・
そして縄を持ち、二人かかりで徐々に一段づつ下ろして行く。
 もう階段ぎりぎり。ちょっと間違えると壁紙を傷つける。
『ああ、何とか無事に下ろせた。』と思ったのだが、
お客様が天井の壁紙をちょっとこすったのを見つける。
 『ええ、しまった!そんなはずでは・・』と思って確認すると、
確かにちょっとこすった後がある。
 壁紙を破くほどの傷ではないが、ほんのちょっとのすり傷が
ある。

 新築間もない、リホーム間もないお宅の壁紙は、まだしっかりと
乾いていない場合が多くあります。
 その場合、ちょっとこすっただけですぐ破れたり、傷になります。
こちらのミスです。
 破れてはおりませんでしたので、刷毛でわからないように補修して、
お客様には多少の作業料の値引きをして、納得していただきました。
 とてもとても暑い中。汗をだくだく流しながら、冷や汗も流した
仕事でした。
 おまけに、短い時間の仕事だと思って、着替えも持っていかないで
車のエアコンをかけて帰ってきたもので、風邪を引いてしまいました。

 こんな失敗する仕事も、たまにあるんですよ。でもそれも全てが
ノウハウになります。怪我をしないで、赤字にならないだけでも
良かったかな・・・


   「追伸」


 タウンページからの仕事のご依頼は、そこそこあります。
一番安い小さな月8千円の広告ですが、充分に元は取れています。
 もっと大きな広告・派手な広告もあるのに、タウンページの
広告は効果がないと言われているのに、なぜ反応がいいのか?
 その訳は、同業の”便利屋”さんの広告を見て、そこにない
メッセージを入れているからです。

 それは・・・


 ぜひ千葉県の東葛飾地域にお住まいの方は、我社の
タウンページ広告をご覧下さい。
 ご覧になれない方は、個人メールで私までお問い合わせ
下さい。
 ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »