« September 2005 | Main | November 2005 »

October 25, 2005

カーペット取替えの仕事

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」

     ”家具移動 体力測る バロメーター”


 今までは自分でできた事も、年齢とともにできなく
なってしまう事があります。
 今日はそんなお話です。


    「カーペット取替えの仕事」


 秋の長雨も一段落したある午後の事。
会社の電話が鳴りました・・・・・
 「あ、便利屋さんですか?」
     「以前、仕事のお願いをした、Yのお店の裏に
            住んでいるKだけど、わかるかな?」
  「そちらの家までいった事もあるKだけど・・・・」

 (ん???Yの店の裏に住んでいるKさん・・・
   Yの店の近くには、お客様が何名かいらっしゃるけど、
    Kさんって・・・・)
 よく考え、思い出してみようとするがわからない。
誰だっけ、誰だっけ、誰だっけ・・・あせって考える。
思い出せない・・
それで、どのような仕事をさせていただいたのかを
お聞きすると・・・

 5年ほど前に、Kさんが自治会長をやっていた頃に、ワープロが
できないKさんが、会員名簿の作成の仕事を、自転車に乗って我社まで
依頼に来た。そのKさんでした。
 仕事の内容をお聞きして、ようやくわかりました。名前や住所では
あまり覚えていなくとも、仕事の内容を言っていただくとすぐにわかる
事も多くあるのです。
 Kさんが自治会長を辞められてからは、すっかりご無沙汰して
おりましたので、また5年も前の事でしたので、思い出す
事ができませんでした。

  『ああ、Kさんでしたか。ご無沙汰しております。お元気でしたか?』
 「仕事のお願いをしたいと思って、久しぶりに電話したんだけど、
     よかった!までやっていて・・・」
 何年かぶりに仕事のご依頼をいただくお客様には、よく言われる
言葉です。
   「まだやってて良かった!」・・・
 便利屋とコンビニ、似ているところがあるかもしれませんね。

   (あ、チラシの新しいキャッチコピーを思いついた!)
      ”やってて良かった!困った時の便利屋ワン・ツウ・ワン”
 すいません。余分な話で・・・

 今回の仕事のご依頼は、カーペットを敷き替えるので、
家具の移動をして欲しい、というものでした。
 早速、次の日に伺わせていただく事に・・・

 Kさんのお宅は、この地区でも一番古く40年ほどお住みに
なっている。
 現在は奥様と二人暮らし。ご夫婦とももう70歳前後です。
   「まだ身体は元気なのだけど、やっぱり重いものはもう
            持ち運べないね。」
      「5年ぐらい前までは、平気だったんだけど、もう歳だね」
 などと、会話しながら30分ほどで作業終了しました。
   「ああ、早いわね!もうできたの」
          「やっぱり頼んで良かった。」
 と大変に喜んでいただきました。
 ”便利屋”の仕事を続けていて、良かったと思う時です。
 ありがとうございました。


    「追伸」


 ここの所、ご年配のお客様から、家具などの移動の
仕事のご依頼が増えております。
 布団からベットへ変えるから・・
     古い家具を捨てるから・・
       連れ合いが亡くなったので・・
 様々な理由があります。

 会社を始めた8年前と仕事の内容も変わってきております。
介護保険の普及で、お客様の生死に関わる仕事の依頼は少なく
なってまいりました。
 ご年配のご夫婦のみ、あるいは一人暮らしの方が
確実に増えております。
 まだまだ我社の役割はある。どんな事があってもこの仕事を
続けたい・・・
 厳しい現実もありますが、そのように思わせていただいて
おります。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2005

食事にお付き合いの仕事

  「運築(うんちく)川柳・狂歌」

    ”食事して お話し相手も 仕事なり”

 一人で食べる食事より、何人かでワイワイいいながら
食べる食事の方が、気分的に食が進み美味しくいただけます。
 今日はそんな事も仕事のうちのお話です。


   「お食事にお付き合いの仕事」


 毎月決まった曜日に、病院への付き添い送り迎えをさせて
いただいているお客様がいらっしゃいます。
 時々そのお客様から、嬉しいお誘いがあるのです。
そのお誘いとは・・・・

 その日はBさんの病院に行く日。今回はいつもよりちょっと
時間が早い。午前10時にお迎えに行く。
 診察が終わったのは午後も1時半近くであった。
  Bさん
  「もう、いつも待ち時間が長くてやんなっちゃう。」
    「昨日の夜から食欲がなくて食べてないのよ。でもお腹が
         すいたから、どこかへ食べ行かない?付き合って」
   「どこかいいお店ないかしら?」
 とのお誘い。

Bさんからは、たまにこんなお誘いがあります。
 通常なら、とても嬉しいお誘いなのですが、
今日は待っている間に食事を済ませてしまった。
それに次の仕事の予定も入っている・・・
 しかし返事は躊躇なく
    『はい、お付き合いします!』です。
 なぜ?・・・

 病院の帰りの車中でのBさんとのお話。
  「病院の先生に、
      『ご飯もろくに食べないで、病気を治す気があるのか!』
         って怒られてしまった。」
   「でも、食欲がないのだから仕方ないよね。」
 「一人で食事の用意をするのも面倒だし、美味しくないの」
との事でした。


 Bさんに少しでもご飯を食べてもらって、元気になって
いただきたい。そんな思いからのお返事です。
  さあて、そうなるとどこに行こうか?・・・
 Bさんには、よく「どこか美味しいお店ない?」と
聞かれますので、日頃から心がけてお店を探して
おります。
 でもBさんは好き嫌いが激しく、お店探しも大変なの
です。

 それでもBさんの好みに合いそうな一店に入る。
入り口に山水を配したしゃれた和食のお店です。
 『Bさんの好みに合うかな?食べられるかな?・・』と
思いつつ、メニューを見て頼む。
 お陰さまでBさんに
   「ああ、美味しかった!全部食べちゃった!」
 と、大変に喜んでいただけました。一時間近く、Bさんの若い頃の
お話を伺いつつ、元気な笑顔を見せてくれたBさんを自宅まで送らせて
いただきました。
 よかった。よかった・・・ありがとうございました。
それにしてもお昼に2食もよく食べるよ。お腹が出てきそう・・

   「追伸」

 そのお昼を食べたお店。入ったのが2時近く。ランチタイムの
最後のほう。
 お昼のランチタイムは、おまかせセットのみで単品はなし。そのセットの
価格は1,600円、2、600円、3,600円の3種類のみ。
 毎日食べるにはちょっと高い・・・

 でもでも、その時間でもお店は満席なんです!・・・
そしてなんとなんとお客様は私以外は全て女性!!!
 二人以上のグループです。みなさん、本当に楽しそうに
ゆったりと食事しております。
 まあ、評判のいいお店ではあるのですが、そんなに宣伝も
していないのですよ。
 どこに繁盛店の秘訣があるのでしょうか?なんとなく
わかったような気がします。
 それにしても、楽しく会話しながらの食事って大切
ですね。食が進むようです。
 そして聞き上手である事も大切です。
ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2005

インターネットからの仕事の依頼

  「運築(うんちく)川柳・狂歌」

   ”ネットから 仕事が来たぞ ほんとかな?”

 インターネット全盛です。インターネットから仕事の注文がくるなんて、
ちょっと前まで思ってもいませんでした。
 でも、自社のホームページもないのに、インターネット
から仕事の依頼があったのです。
 今日はそんなお話です。


  「インターネットからの仕事の依頼」


 午前中の仕事が一段落して、お昼休みでくつろいで
いる時に、会社の電話がなりました。中年の女性の
声でした・・・・・


 「インターネットを見て、仕事のお願いをしたいの
ですが、大丈夫ですか?」
 『え、インターネット?どこを見て我社の
事を知ったのだろう?ほんとかな?』
 と思ってしまった、私でした。

 プログは書いているものの、今までにインターネット
からの仕事の依頼は1件あったのみ。(鯉のお引越し)
 インターネットからの仕事の依頼など、ほとんど
考えておりませんでしたので・・・

 お客様のお話を伺うと・・

 「インターネットで我孫子の便利屋さんを検索したら、
お宅がでてきたので、問い合わせしてみました。」
    「不用品の廃棄なんですが、できますか?」
 「料金はいくらくらいかかりますか?」

 との仕事のお問い合わせです。
 もちろん、そのような仕事はいつも行って
おりますので、
 『はい、大丈夫です。お引き受けします。!料金はこのぐらいです。』
とお答えしますと、お客様は
「え、ほんとにそのぐらいの料金ですか?いいんですか?」
 とのご返事。
 我社から車で10分程の場所でしたので、交通費がそれほど
かかりません。それですぐ仕事が決まりました。
 お客様の都合の良い日時を確認して、お約束の日に
伺わせていただきました。

 お客様宅に伺わせていただくと、以前ここにお住まい
だったお母様が残していった品物の整理でした。
 それほどの量もなく、作業は10分程で終了。
規定の料金を申し上げると、お客様は予想していた
より安くすんだようで
「これ、お茶菓子代にして下さい。」
 と余分にいただきました。
 この”便利屋”の仕事をやっていると、このような
「お茶菓子代」をいただいたり、旅行の「お土産」を
いただいたりする事があります。
 ほんとに、こういう時は『嬉しい~』です。

 しかし、しかし・・・・・

 このお客様宅の近くには、車を止めておく場所が
ありませんでした。
 それで、コイン駐車場に車を停める事に。
   でも、その駐車料金までは請求できません。
 今回は時間が短かったので、駐車料金はそれほど
かかりませんでしたが、これが作業時間が長くなると
大変・・・
 でも・・・ある時、仕事中に駐車違反で15,000円の反則金を
取られた事があるので、それ以来必ず有料駐車場に停める事にしております。

 え、それは当たり前ですか?・・・
 今度はいつ、インターネットからの仕事の依頼が
あるのだろうか・・・・
 ありがとうございました。


   「追伸」


 今では「我孫子市・便利屋」で検索しても「ワン・ツウ・ワン」
は、出てきません。
 でも、8月頃までは1ページに2つも、私のプログが出てきた
のですよ。
 検索方法が変わったのかな?それとも、プログを1ヶ月以上
休んでいたからかな?
 ホームページがないから、検索で出てこないのかな?
 なんでだろう?なんでだろう?難しいな、わからないな・・・

 まあ、インターネットから仕事をもらおう、なんて
あまり期待していなかったし、ホームページもないのに
甘いかな・・・
 しかし、いくら地域密着と言っても、これからはインターネットも
活用しないといけないかな、とは思っています。
 でも苦手意識が・・・
 期待しないで、仕事が来ると嬉しいですものね。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2005

信用挽回・草刈の仕事

  「運築(うんちく)川柳・狂歌」

   ”雑草と 名草の別 どこにある”

 間違いはだれにでもある。”便利屋”の仕事をしていて、
失敗することもあります。
 でも、誠意を尽くして解決すれば、取り返しのつかない失敗
というのは、少ないような気がしております。
 今回はそんなお話です。

  「信用挽回・草刈の仕事」

 朝晩はめっきり秋めいてきたある日、会社の電話が鳴りました。
聞き覚えのある声でした・・・・・
 「D町のYですが、また今年も庭の草刈をお願いしたいのですが、
いつ来られますか?」
 との仕事の御依頼の電話でした。

 一瞬『え~。Yさん・・・』と、びっくりしました。
 と申しますのは、毎年定期的に庭の草刈の仕事のご依頼を
いただいておりましたYさんでしたが、昨年は大きな失敗を
してしまったのです。
 毎年の事で、「今年も昨年と同じでいいだろう」と自己判断し、
Yさんに確認する事無く草刈をさせていただきました。
 ところが作業もだいぶ進んだ頃、Yさんが来て

「え!あそこにあったススキも刈ってしまったの!?」
          「あれは雑草ではないでしょう!・・・」

 と、強く注意されてしまったのです。
Yさんはとてもがっかりした様子で、「あのススキは、わざわざ
買ってきて植えたのよ。しょうがないわね・・・」

 もう刈ってしまった物。どうする事もできません。ただひたすら
お詫びするだけしかできません。
 とても気まずい雰囲気で、昨年の草刈の仕事をさせていただい
たのです。

 次の日、ちょっと遠いところにある原っぱに行き、
生えているススキの穂を根元から抜いてYさんの所に
もって行ったのですが
「あのススキはちょっと種類の違うススキで、あまりない物。
お気遣いいただかなくてもいいです。」
 と言われてしまいました。

 その時には『ああ、もうこれでYさんとのご縁も終わりかな。
来年はきっともう仕事がいただけないな・・・』
 と覚悟していたのです。
それが今年も仕事のご依頼のお電話をいただきましたので、
びっくりするやら、嬉しいやら・・・
 すぐにYさんのお宅に伺わせていただきました。

 もちろん、今年は念入りにYさん立会いの元、残すべき
草花をしっかりと確認させていただきました。
 昨年、間違って刈ってしまったススキは、今年も生えて
おりましたので、しっかりと目に焼き付けて・・・
 いつもより念入りに、心を込めて、一日がかりで
仕事を無事終えることができました。
 いつも10時と3時には、美味しいお茶菓子を
出していただけるYさん。

 「ありがとうございます。とても奇麗になりました。」
      「来年は植木の手入れもお願いするかもしれないので、
        宜しくお願いします。」

 と、ありがたいお言葉もいただき、感謝の気持ちと嬉しさで
帰らせていただきました。
 最近は体調の悪い事も多いと言うYさん。来年も元気に
お会いできて、仕事ができますようにと願っております。
 Yさん、再度のチャンスをいただき、ありがとうございました。


   「追伸」

 都内の浅草で、やくざ屋さん相手に紳士服の販売をしていた頃、
何度かのトラブルもありました。
 便利屋の仕事を始めて今までに、仕事の失敗も何度か?も?あります。
でも、まだこうやって仕事が続けられている、と言う事は、
何とかなってしまう・・・
 という事かもしれません。

 「取り返しの付かない失敗」と言うのは、そんなにないような
気がしております。
 問題から逃げないで、誠意を尽くし、一生懸命考え、
問題に対処すれば何とかなる・・・
 「貴方は楽天的すぎる。」なんて事を言われる事もありますが、
まあ、それでいいと思っております。
 ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2005

訳ありのリホーム・ゴミ処理の仕事・続き

  「運築(うんちく)川柳・狂歌」

    ”困りごと 何とかなるさ まかせとき”

 前回の続きです・・・・・

 まず部屋に残っている家具の処分を考える。
取り敢えずは、テレビ・冷蔵庫・洗濯機などの電化製品と
タンスなどの大型家具・・・
 産業廃棄物として処理すると、かなりの金額がかかるので、
それ以外の方法を考えなければいけなせん。
 一番簡単で手っ取り早いのは、車で廻ってくる廃品回収業者さんに
依頼する事です。

 そうです!
「ご不要になったテレビ・冷蔵庫・洗濯機など、
ございましたらお声をおかけ下さい。すぐに伺います・・・」
 って、車で廻って来るあれです。
通常のリサイクル回収ルートで処分すると、これもかなり高い
リサイクル処分料が取られます。
 廃品回収業者さんですと、5年以内の物はまず無料で
回収してくれます。5年から10年以内の物は、商品にもよりますが、
無料か安く回収してくれます。
 10年以上経っていると、無料は難しいですが、
安い料金で回収してくれます。

 その廃品回収業者さんとの交渉で、電化製品以外の家具なども、
使える物は無料か安い料金で回収してくれます。
 これは業者さんにもより違います。交渉次第です。
まあ、
 「家具は持っていかない!」なんて言われたら、『違う業者に頼む!』
と言えば、交渉成立です。

 後は、衣類・布団・食器などの雑貨の処分・・・
これは分別して、市の資源ごみの日に出せば無料。
大型の資源ごみは、チケットを買って回収日に出せば
安く済む。
 これで、家具一式の処分は、ほとんど無料で完了です。

 さあて、次はリホーム・・・

 これは無料、という訳にはいきませんが、3社ほどのリホーム
業者さんに見積もりを出してもらう。
 通常ですと30万前後の案件です。
地元のこの公営住宅のリホームを手がけている
業者さんは約30万円。
 私の知り合いの業者さんは約25万円。
もう一社のチラシが入っていた業者さんは約27万円。
 この事を3社の業者さんに伝えると、公営住宅のリホーム
を行っている業者さんが約20万円ほどに下げる・・・
 リホームは、使う素材などによってだいぶ料金が違う
事があります。私としては私の知り合いの信頼できる
業者さんをお薦めしたかったのですが・・・

 Nさんの「できるだけ安く!」と言う意向で、この地元の
業者さんに決まる。
 でも、見積もりを競合させる事で、料金を10万ほど下げる
事ができた。
 これで終了です。Nさんにも、とても喜んでいただきました。
良かった、良かった・・・

 え、貴方の会社の仕事は?って・・・
我社の仕事は、知り合いのリホーム会社さんと行う
予定でしたので、今回はなんにもありません。
 ただ相談を受けて、一番いい方法を教えただけです。
う~ん。本音としては残念ですが、またいつか仕事の
ご依頼もいただけますので、今回はこれでいいのです。
一度だけの仕事のお付き合いというのが、ほとんどない
地元だからです。

 ただそれからしばらくして、Nさんから電話がありました。
「柏崎さん。どうしても処分できなかった家具があるので、
その処分と、庭の植木も全て処分してくれと言われたので、
その処分もおねがいします。」
 とのお電話でした。

 早速伺ってみますと、残っていた家具は、大きな仏壇とそれが
置いてあって半畳の畳2枚。茶箱、物干し竿など数点・・・
 それにバスタブと風呂釜。なんでバスタブと風呂釜が・・・
それでお風呂場が外付けになっていた訳がわかりました。
お風呂場は最初から付いていた訳ではなく、住民の要望で
後から付け足したそうです。
 その際に、風呂釜・バスタブは自己負担だったようです。
それで管理者の方で「個人財産なので、取り外して下さい!」
と・・・
 『え~。後から入居した人はどうするのだろう?また
取り付けるから、無駄になるのに・・』
 と思いましたが、相手は公共の団体。規則でしばられて
います。「だからお役所仕事は!」と言われるのかな・・
 この作業も当社に頼んだ方が高くなるのですが、Nさん
が気遣ってくれたものと思います。ありがとうございます。

 これで全て無事に終了して、部屋を明け渡す事が
できました。
 それにしても、後見人をされていたNさんの大変さを
思うと、何とかお手伝いさせていただこう、といつも
思ってしまいます。
 Nさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

  「追伸」

 今回の仕事は、いつでもどこでも同じ事が
通用する訳ではありません。
 まあ、緊急の特殊な例です。
くれぐれも皆さん、業者いじめの参考にしないで
下さいね。(笑い)
 それにしても、これからはこんな身寄りも
なく、亡くなる人も多くなるのだろうな、と
思います。
 何とか、そのような方たちのお役に立てる
組織を作りたい・・・
 それが私の天命です。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2005

訳ありのリホーム・ごみ処理の仕事

  「運築(うんちく)川柳・狂歌」

    ”銭なけりゃ 三途の河も 渡れない?”


 先日65歳以上の高齢者が人口の4人に1人と言う
発表がありました。
 そして100歳以上の高齢者が1万人以上。確実に
高齢化社会になっております。
 我社のお客様も、ご高齢のお客様が多くいらっしゃい
ますが、身寄りもなく、亡くなった場合はどうするのだろう?
 心配になりますが、今回はそんなお話です。


  「訳ありのリホーム・ごみ処理の仕事」


 朝の9時過ぎ、その日の仕事の準備をしていると、
会社の電話が鳴った。
 この時間、営業の売り込みの電話も多いので、またそうかな?
と思い、受話器を取ると・・・・・


 「おはようございます。柏崎さん!Nです。」
「朝早くから、お忙しいところ申し訳ありません。ちょっと
お願いしたい事がありまして、電話させていただきました。」
 との、いつも訳ありのお仕事のご依頼をいただいている、
後見人をしているNさんからの電話でした。
 また何かあったのかな?と思い、お話を詳しく聞いてみると・・


 「実は、私が後見人をしている方が亡くなったのです。」
「その方には全く身寄りがなく、公営住宅暮らしをしていて、
3年ほど特別養護老人ホームに入所していました。」
 「今度亡くなったので、その住んでいた公営住宅を整理
して返さなくてはいけないのです。」
 「残っている家具を全て整理して、内装をリホームして
返して下さいと言われました。」
 「財産もほとんどなくて亡くなったので、できるだけ安く
整理しなくてはいけないのですが、どのくらいかかるのか、
相談に乗ってくれますか?」
 とのお電話でした。
現場を見なくては、何とも言えないので、とりあえず
現地にて落ち合い、見積もりをする事に・・・


 その日のうちに、車で15分程の現場に伺い、
Nさん立合いのもとだいたいの見積もりをさせていただく。
 その公営住宅は、築40年は経つだろうかと言う
古い建物でした。
 Nさんとご一緒に部屋の中に入ると、二部屋の和室と台所・
トイレ、それに外付けのお風呂場の造り。
 なぜお風呂場が外付けになっているのかな?と思ったが、
その理由が後でわかる。
 生活していたそのままの状態で家具などが置いてある。
全ての家具廃棄とリホームで、大体の見積もりとして
(専門的ではない経験から)60万円前後と伝えると・・・
 Nさん「え~!!そんなにかかるんですか~。そんなに払えない・・」
と・・・
 それからが相談です。どうしたら一番安く済むのか、Nさんと
話し合う。


 通常に家具全てを、産業廃棄物として処理すると約25万から
30万円。
 それをできるだけ安くするには・・・
 リホームも通常はこの部屋の広さだと30万から35万円。
 それをできるだけ安くするには・・・

 ※詳しく書くと長くなりますので、詳細を知りたい方は
個別にお問い合わせ下さい。

 え、皆さんそれを知りたい?
すみません。長くなりますので、それでは次回できるだけ
早く続きを書かせていただきます。
 今日はこの辺で・・・
ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2005

蛍光灯の修理の仕事

  「運築(うんちく)川柳・狂歌」

    ”蛍光灯 壊れてわかる ありがたさ”

 蛇口をひねると水が出る。スイッチを入れると
電気が点く。プラグを押せば火が点く。
 日常当たり前の事が、それが故障すると
とたんに、そのありがたさが解ります。
 今日はそんなお話です。

  「蛍光灯の修理の仕事」

 夜の8時過ぎ。会社の電話が鳴った・・・・・
『お、何か緊急の仕事かな?』と思い、すぐに
電話を取ると・・・
 「すいません。あの、蛍光灯が壊れてしまって
電気が点かないんですが、そんな修理の仕事も
してくれるのですか?」
 との若い女性の声。

 電器修理関係の仕事は、電器屋さんじゃないと
できないんじゃないかな?と思いましたが、
詳しく故障の内容をお聞きしました。
 すると
「蛍光灯のひもを引っ張ったら、それが
切れてしまって、点かなくなってしまったのです。
どうしたらいいのか解らなくて・・・」
 とのお話でした。
ああ、そのぐらいの修理だったら俺でもできる。
と思い
 『わかりました。そのくらいの故障でしたら修理できると思います。』
『とりあえず、すぐに伺わせていただきますので、お名前・ご住所・
電話番号を教えて下さい。』
 と、夜の8時を過ぎておりましたが、すぐに仕度をして
車で15分ほどのお客様宅に伺わせていただきました。

 お客さま宅は、駅前の繁華街にあるアパート
の一室。30歳前後の一人暮らしの女性でした。
 玄関を入ると、キッチンが真っ暗。壊れたのは
キッチンの蛍光灯のようです。
 早速持ってきた携帯の蛍光灯を点け、修理に取り掛かる。
脚立に登り、蛍光灯のカバーを外し、蛍光灯のひもが
付いている元を点検。
 元の金具がゆるんで、ひもが外れたようだ。
ひもを元の金具につけ、金具を締め直してカバーを
再び付け直して、修理終了。
 その間約10分ほど。簡単な修理でした。

料金も、お客様が思っていたより安く済み
 「ありがとうございました。このままずっと電気が点かなかったら
どうしょう?と思っていたので、助かりました」
 「どこへ頼んだらいいのか解らなくて、タウンページを見て
電話したんです。すぐ来ていただけて良かったです。」
 「また何かありましたらお願いしますので、宜しくお願い
します。」
 と、お代と感謝の言葉をいただいて、帰ってまいりました。
そんな時が一番嬉しいときです。

  「追伸」

 お客様にお聞きしました。
『なんでタウンページから我社を選んだのですか?』
 一人暮らしの女性。しかも夜の8時過ぎ。どんな会社の
どんな人が来るのかも解らない。不安はなかったのか?
 「タウンページを見て、料金と安心して頼めそう
な気がしたから・・・」
 との事でした。
広告の文章って、大切ですね。

 それから、お客様宅の蛍光灯。もうすでに長く使っている
ようで、両端が黒ずんでいました。そしてグローランプも真っ黒。
 通常、目先の効いた商売人だったら、蛍光灯もグローランプ
も用意して行って、併せてその料金もいただけば、お客様単価
はアップします。
 今は蛍光灯もグローランプも、コンビニで売っている所が
あります。お客様宅のすぐ近くもありました。
 我社に頼めば、余分な料金がかかります。そんな気遣いを
してしまったのですが、それは余計な気遣いだったのだろうか?
 商売人としての意識が欠けているのか・・・・
長い文章になり、申し訳ありません。
ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail HQM11462@nifty.ne.jp
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »