« October 2005 | Main | December 2005 »

November 29, 2005

バッテリー充電の仕事

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」

     ”面倒な 近所付き合い するよりも
               困った時は 便利屋さんに”

 何か急に困った事があった時、皆さんならどうしますか?
特に近くに知り合いがいない時など・・・
 今日はそんなお話です。


    「バッテリー充電の仕事」


 朝早くの仕事を終え、午後からの仕事に備えて
いる時、会社の電話のベルが鳴りました・・・

  『はい!ワン・ツウ・ワンです』
 と電話に出ると、
 「あの~。灯油を買ってきて欲しいのですけど、
         そんな仕事もやっていただけるのですか?」
 とのお電話。
まだ若い女性の声。
    『はい。大丈夫ですよ。』
 とお答えする。
しかし、年配のお客様からの灯油の買い求めはたまにあるが、
若い人からのこの仕事は珍しい。
 そんな気配を察したのか、お客様の方から
  「実は車のバッテリーが上がってしまって、車が動かせないのです。」
   「それに私が風邪を引いてしまって、外に出られなく
                 主人も仕事でいないので・・・・」
 との事。
早速、ご住所・お名前・お電話をお聞きして、伺わせて
いただく。

 伺わせていただいたお客様宅は、駅に近いまだ完成間もない
分譲マンションでした。
 オートロックの呼び出しで中に入り、お客様宅に伺わせて
いただくと、まだ20代後半かと思われる女性が出ていらっしゃった。
  「すいません。具合が悪くて外に出られなくて・・・」
                「それじゃ、お願いします」
と、灯油のポリタンクを渡される。
 地元の事は良く知っている。一番安いガソリンスタンドで灯油を購入。
それにしても今年は灯油が高い!
 一番安いところで18リットル1080円(税込み)・・・
買って帰り、料金と手数料をいただく。その時に、
   「すみません。明日主人がいる時に、車のバッテリーの
              充電もお願いしたいのですが・・・」
 とのご依頼もいただく。

 お客様のお話をお聞きすると、
   「スモールランプを点けっ放しにしてしまい、
             バッテリーが上がってしまった。」
 「車の救急車に電話して聞いたら、1万円以上かかると言われたんです」
    「主人に言ったら、そんなのバッテリーケーブル
              をつなげばすぐ直る。高い!といわれたの」
 「近くに知り合いもいないし、どうしょうか?と思っていたら、
      以前誰かが、親切で安い便利屋さんがいる、
        って言っていたのを思い出し、タウンページで探したのです」
 との事でした。
  (ん?誰だろう?悪い事はできない。でもありがたい・・)

 翌日の休日に再度伺わせていただき、バッテリーケーブルをつなぎ、
無事に作業は終了しました。
 まだ30歳そこそこのご主人に
  「ありがとうございました!助かりました。」
      「また何かありましたら、お願いします。」
 とお礼を言われ、帰ってまいりました。
まだ近所付き合いのない、近所付き合いが苦手な若い人。
そんな人たちにとっても”便利屋”は必要な存在なのかもしれない。
 いくら地域密着とは言え、やっぱりインターネットのホームページと、
タウンページの広告は必要なようです。
 ありがとうございました。

   「追伸」

 まだ新築の高級そうな50戸ほどの立派なマンション。
ちょっと垣間見たお客様のお宅は、リビングの広い3LDKほどの広さ。
 すれ違い、行き違う住人はなんと皆若い!ご夫婦・小さな
お子様連れが多かったが、ほんとにみな若い・・・
 駐車場を見ると、皆全てうまっている。と言う事は
完売・・・

 (ええ~凄い!30歳前後の年齢で、こんな立派な
マンションに住めるんだ・・俺達の年代には信じられない!)
 でも広告に入ってくる分譲マンションの価格からすると、
賃貸マンションに入っているより、30年ローンで
買った方が安いそうです。
 マンションだらけになってしまった我が町。
時代は変わったのですね。
 それに従って、商売の方法も変えなくては
いけないのかな・・・


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail info@benriya1-2-1.com
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2005

銀行・役所への付き添いの仕事

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」

    ”公僕の 言葉復活 それ新語?”

 ちょっと前まで「お役所仕事」などど言って、
そのサービス・対応の悪さに腹を立てた方も多い
事と思います。
 でも時代は変わって来ている・・・
今日はそんなお話です。


    「銀行・役所への付き添いの仕事」


 いつも何かとお仕事のご依頼をいただくBさんから、
ある日電話がありました。
   「またお願いがあるのですが・・・」
      「時間が空いてる時でいいのだけど、来てくれますか?」
 とのお電話。今回はどんな用事かな?と思ってお聞きすると・・・


  「亡くなった主人の手続きがあるので、
          役所まで連れて行って欲しい。」
     「ついでに銀行にも用事があるのでお願いします。」
 との事でした。
早速空いてる日にち・時間を確認して、Bさんのご都合も確認し、
伺わせていただく。

 まずは、役所に行く。私も久しぶりに行く役所・・・
調度12時過ぎのお昼の時間で、中はそんなに混んではいない。
待合室でキョロキョロしていると、すかさず中年の男性が
飛ぶように(ほんとです)にやって来る。
 「どのようなご用件でおいでですか?」
          とすかさずに聞いてくる。
 今日の用件を告げると、丁寧に案内をしてくれた。
 (う~ん。ビックリ!・・・)
受付窓口は、以前の高いカウンターから、椅子に座って
応対してくれる低いカウンターになっていた。
 (高齢者・障害者は座る方が楽だろうな)
お昼休みの時間だったが、職員が丁寧に応対してくれる。

 昔の役所からは信じられない!
よく「お役所仕事」と言われたように、
お昼の時間は窓口もお休み。
 職員と言えば、無愛想でサンダル履きで
タバコをプカプカ・・・
 住民の方が「すみません」なんて言って、萎縮して
用事を頼んでいた。
 今はへたなお店の対応より、よっぽどいい。
”お役所仕事はサービス業”との意識が浸透したのか、
はたまた受付窓口だけなのだろうか・・・
 そんなこんなで、迷う事無く無事に手続きを終了して
次の用事の銀行へ。

 銀行に行くと、調度混む時間帯だったのか、待合室は
人でいっぱい。
 銀行のサービスは、相変わらず。決して対応は
悪いと言うわけではない。
 ご案内も待ち時間も相変わらず・・・

 公的仕事の民営化が進められています。でも、
このまま行くと、ひょっとして民間より役所の
サービスの方が良くなってしまうかも・・・
 「役所のサービスに見習え!」なんて時代が
来るかもしれませんね。

 ありがとうございました。

     「追伸」

 「朝日新聞への掲載の反応はどうだった?」
とご心配をいただいている皆さんも多くいらっしゃる
事と思います。
 ほんとに、沢山の感想メール・激励メールを
いただき、心より感謝・感激しております。
 嬉し涙を流しました。重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございました。
 新聞掲載の顛末は、掲載が終了した時点で、
改めて「便利屋日誌」に書かせていただきます。

 次回の掲載は23日(水)です。
どんな内容になるやら・・・
 どうぞ宜しくお願いいたします。
ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail info@benriya1-2-1.com
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 14, 2005

パソコンの大量処分の仕事

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」

     ”リサイクル 法の向こうに ビジネスが”

 法律の改正によって、今までのビジネスも大きき
変わります。
 商品のリサイクルも大きく変わりました。
今日はそんなお話です。

    「パソコンの大量処分の仕事」

 ある日の午前中の仕事を終え一段落している時、
会社の電話が鳴りました。
 聞いたことのあるような声です・・・
 「和尚、ご無沙汰してます。Iです。」
      (え、Iさん?・・あ、M会のIさん・・)
 とすぐに気がつきました。

   「ちょっとお願いと、ご相談があって電話したのですが・・」
(なんの相談だろう?まあ、お金のない俺に借金の相談はないだろう(^_^.)
と思っていると・・
 「実は今度引越しする事になりまして、パソコンと家具の処分をしないと
      いけないのですが、どこに頼んだらいいのかわからなくて・・・」
 との事でした。
そのようなご相談はよくありますので、詳しくその内容を
お聞きしました。
 Iさんのお話によると、仕事で使っていたパソコンが10台前後
と、3坪ほどの倉庫にある家具の処分をしたい、とのお話。

 リサイクル法によって、パソコン・エアコン・冷蔵庫・洗濯機・テレビ
の5品目は、粗大ゴミとして出せない事になりました。
 販売店かリサイクル免許のある業者さん以外は処分できません。
販売店に取りにきてもらうと、かなりの高い料金を取られます。
 ちなみに、大きさによっても違いますが、テレビ7千円から9千円。
冷蔵庫9千円から1万1千円。洗濯機7千円から1万円。
エアコン9千円から1万円。パソコン3千円から4千円。です。
 かなり高いですね!でも、よく車で廻って来るリサイクル業者さん
ですと、これが無料になる時もあるのですよ。
 ただし「全て無料で回収します」って言って廻って来る業者さんには
気をつけて下さい。安心して出すと、回収料金を取られる事があります。
これは、回収業者さんによって、人によって大きく違うのです。

 Iさんのパソコンの状況を見てみないとわかりませんが、多分
当社の提携業者さんは、とても安心できる良心的な方ですので、
かなり安く回収できると思います。
 ただし、家具の場合はこの提携業者さんでも高い料金を
取られます。
 なぜって・・・
 家具はほとんどリサイクルで売れないのです。どんな立派な家具
でも、捨てればただの廃材となってしまいます。運搬費だけでも
高くつきます。だから、通常の回収業者さんは引き取らない人も
多いのです。
 その事をIさんに申し上げて、パソコンの回収は問題ないが、
家具は地元の自治体の粗大ゴミ回収に出したほうがいい、と
アドバイスする。

 しかし、その電話を切った後にふっと思う。
   (これではお客様の要望全てに答えている事にならない。
     Iさんの住んでいる自治体に粗大ゴミの回収の確認をして、
                それを教えてあげないと・・・・・)
 早速Iさんの住む自治体の清掃局に確認の電話をすると・・
 粗大ゴミの回収日は決まっていて、Iさんの地区の回収日は
2週間後、との事。

 その事をIさんに電話でご連絡。
するとIさん
    「その日だと引越しに間に合いません。
           何とかなりませんかね。和尚」
 と困った様子・・・
 (う~ん。どうしよう?何とかしなければ・・・)
 早速パソコンを回収してくれる提携業者さんに電話して、
何とか家具も一緒に持っていってもらえるように、お願いすると
  「ああ、何とかしましょう。柏崎さんの事だから」
 と、受けて下さいました。でも一言注意が

    「家具と使い物にならないパソコンは
          ゴミとなって、処分料金を取れられるのです」
   「すこしだけ処分料金をいただきます」
 との事。
 パソコンだけだったら、きっともっと安く済んだ。

 さすがにパソコンを仕事に使っているIさん。
その処分量は半端ではない。
 本体・キーボード・モニター・プリンター
その他もろもろ・・・
 お陰さまで、リサイクル業者さんのご協力もあり、
格安の料金で全てを処分する事ができました。
 もちろん、リサイクル業者さんも私も、そして
Iさんも、みんなが損をしない、喜んでもらえる
仕事となりました。
 普段からの人付き合いの大切さを感じる、
そんな仕事でした。
 Iさん、ありがとうございました。

    「追伸」

 いま映画「ALWAYS 三丁目の夕日」がヒットしています。
昭和30年代を描いた西沢良平さんのビックコミックに連載
されていた漫画の映画化です。
 漫画大好きな私。ちょっと地味な感じのこの漫画は
あまり好きではなかったのですが・・・

 昭和30年代。この時代は「リサイクル業」なんてしゃれた
職業ではありませんでした。
 べつに蔑視で呼んでいたわけでありませんが「くずやさん」
でした。
 まだ小さい頃、わがままを言っていると「くずやさんにもって
いってもらうよ!」なんて脅かされたものでした。
 小学生の頃、鉄くず・真鋳(しんちゅう)・銅線などを
拾い集めて、「くずやさん」に売って小遣い稼ぎをした
事を思い出します。

 ”家族”ではあっても、”家庭”を感じられない現代
だから、間違いなく”家庭”があった昭和30年代を
懐かしく思ってのヒットなのだろうか・・・
 今回のリサイクルの仕事で、そんな「くずや」さんの
時代を思い出しました。
 長文になり、申し訳ございません。
ありがとうございました。

    「追伸の追伸」

 この度、ひょんな事から私の事が、朝日新聞に掲載される
事になりました。
 11月16日、23日、30日の水曜日。朝刊の生活面
に三週間連続で掲載される予定です。
 タイトルは「それぞれの岐路」です。もし宜しかったら
読んでいただけましたら嬉しい限りです。
 どうぞ宜しくお願いいたします。ありがとうございます。
もしかして、掲載日が変更になるときもありますので、その時は
すみません。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail info@benriya1-2-1.com
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2005

緊急の病院の付き添い

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」

     ”一寸の 段差につまずき 齢(よわい)知る”

 いつ頃から、ちょっとした段差にもつまずくように
なったのだろう?
 部屋内のわずかな段差にもつまずき、怪我をする
高齢者も多くおります。
 私の亡くなった母もそうでした。
今日はそんなつまずきのお話です。


    「緊急の病院の付き添い」


 朝早くからの草刈・植木の手入れの仕事をして
いる時、携帯電話のベルが鳴りました・・・
 会社の電話からの転送電話です。お客様からかな?
と思い、出てみると・・


   「柏崎さん、今、時間空いていますか?」
           「来られたらすぐ来てほしいのですけど・・・」
 電話の主は、古くからのお客様のDさんでした。
    『どうしたのですか?』
 と詳しく内容をお聞きすると・・
Dさんのご主人が昨日、居間の段差につまずいて転び、
かばって右手をついて怪我をした、との事でした。
 当初は痛みもなく、たいした事はない、とそのままにしていたら、
今日になって手が腫れて内出血も出てきたので、医者に行った方がいい
と思ったそうです。

 何かあるといつもお電話をいただくDさん。車の運転もできないので、
タクシーを呼ぶより、私にご連絡して下さいます。
 近隣を仕事範囲にしている強み。その日の仕事も、Dさん宅から車で
5分程の現場。
 おまけに時間仕事ではなく、請負仕事でしたので、弟・職人さんに
後を頼み、Dさん宅に伺わせていただいました。

 Dさん宅に伺い、ご主人の右手を見ると、腫れと内出血で
黒ずんでいる。
 早速近くの外科に行く。
待合室で、ご主人に
   『足でなくて良かったですね。』
      『かばい手が出るうちはまだ、運動神経がいいのですよ。』
 と、慰めともつかない事を話してしまった。
レントゲンその他の診断の結果は・・・

 幸い、骨折はなく、中指にひびが入っているものの、
心配ないとの事。
 湿布薬のみをもらって、帰ってくる。
良かった、良かった・・・
    『何かあったら、いつでも電話下さいね。』
 と言って、再び仕事現場に戻らせていただきました。
 ありがとうございました。

   「追伸」

 高齢者の骨折は、時として命取りになります。
骨折して、動けなくなり、そのまま寝たきりになり、
それから認知症になり・・・
 日本の家屋には敷居があります。そして階段・廊下が狭い。
徐々に改善されてきたとはいえ、まだまだのようです。
 人が入りやすいように、「敷居を低くする」とは
この事かな・・・


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail info@benriya1-2-1.com
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2005

電話でチケット獲得の仕事

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」

     ”韓流の 流れに乗って 還流し”

 韓国スターの人気は凄いですね。その韓流の流れに
乗って、ビジネスを還流させている人も多くいるの
でしょうね。
 今日はそんなお話です。


    「電話でチケット獲得の仕事」


 まだ暑さが厳しかった7月末のある夜、会社ではなく
自宅の電話が鳴りました。
 誰かな?と思って電話に出てみると・・・

 「房男叔父さん、ご無沙汰しています。B子です。」
 電話の主は姪っ子のB子だった。
珍しい、B子から電話があるなんて、何の用だろう?
と思っていると・・・
 私が”便利屋”の仕事をしているのを知っているB子は

   「叔父さんに頼みがあるんだ。
        仕事として頼みたいのだけど・・」
 と、思いかけずに仕事の依頼。
  (何、仕事?こいつ何を頼むんだろう?結婚の相談かな?)
などと考えていると・・・
    「電話でコンサートのチケットの予約を
               してもらいたいのです。」
 との事でした。
 (なあんだ、そんな事か)と一安心して
   『いいよ。そのくらいの事。お安い御用だ。』
                  と詳しい内容を聞くと・・

 8月に埼玉スーパーアリーナで行われる、
韓国のスター”ペ・ヨンジュン”主演の映画
「四月の雪」の、プロモーションイベントの
指定席入場券の購入を電話で申し込んで欲しいと言う。
 一枚はもうすでに購入して持っているのだけど、座席が
あまり良い席ではないので、もっと前の席が取れたら
購入して欲しいとの事。

 コンサート・イベント・映画などの入場券は、
電話で”チケットぴあ”などに申込した事は
何度かある。
 まあ、そんな事は簡単な事なのだが、話を良く聞くと、
そのチケットがなかなか取れないと言う。
 だから予約開始の時間が午前10時からだから、それにちょうど
タイミング良く合わないと電話もつながらないし、チケットも
買えない、そうです。

 まあ、とりあえず了解して予約開始当日の10時きっかりに
弟と二人二台の電話で予約センターに電話すると・・・・・
 電話番号をあらかじめ登録し、ワンタッチですぐに発信できる
ようにしておき、10時になるかどうかに電話したのに、まるで
つながらない!
 何度も何度もリダイヤルで電話をかけ続ける・・・
約10分、電話をかけ続けるがまるでつながらない。
そこで私は断念。
 弟がかけていた電話が、3分ぐらいかけ続けていたら、
ようやくつながった!!
 音声案内に従って、チケットの申込をするが、残念ながら
姪っ子が持っている座席より後ろの席。
 仕方なく、これも申込を断念する。

 一時間後の11時頃に再び電話すると、今度は全て
完売の音声案内。
 凄い!”ぺ・ヨンジュン”って、そんなに人気が
あるんだ・・・
   『ああ、良い席でなくとも、
      予約して買えばよかったかな・・』
 なんて、思ってしまいました。

 その日の夜、電話してきた姪っ子にその顛末を言って
   『チケットも取れなかった事だし、
         仕事の代金はいらないよ。』
 と言うと、姪っ子は
    「叔父さん、そんな事言わないで。」
      「仕事として頼んだんだから、
           ちゃんと料金を払います。」
         「振り込むから、口座番号教えて」
 だって・・・

    (うん、さすが俺の姪っ子。偉い!)
        なんて思ってしまいました。
 (ミルクを飲ませたあげたあの娘が)
      すいません。叔父ばかで・・・
 ありがとうございました。


     「追伸」


 人気チケットの効果的購入方法、どなたか
ご存知でしたら、ぜひ教えてください。
 この韓流ブーム。いつまで続くものやら。
  もう終わり終わりと言われながら、まだ続いている・・・
   それもファンはほとんど女性。
 それにしてもNHK「冬のソナタ」で人気に火をつけた人
は凄い!
 こういう人に受信料を払ってもらう方策を考えて
もらえばいいのに


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail info@benriya1-2-1.com
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com

プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
   ”いい人ネット”全国展開構築中
         参加者(手出し・口出し・顔出す)仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »