« March 2007 | Main | May 2007 »

April 30, 2007

片付けに困ったら、こんな方法もあるぞ!

    「運築(うんちく)川柳・狂歌」


      ”片づけが できぬ人いて 仕事あり”


 我社の仕事で、片付け・ゴミ処分などの仕事も
多くあります。
 片付けた後は、とてもすっきりしてお客様からは
大変に感謝されるのですが、仕事ではできても、いざ
自分の事となると、なかなかできません。(冷や汗・・)

 先日あるお客様から、片付けの仕事のご依頼をいただき、
『あ、そうだ!最終的にはこれが一番片付いていいのかな?』
なんて事を思いました。

 さて、その片付け方法とは?・・・


    「片付けに困ったら、こんな方法もあるぞ!」


 ゴールデンウイークに入る前のある日、お客様から
仕事のご依頼の電話が入りました。

   「すみません。ゴミの処分をしていただきたいのですが、
               そんな仕事もしていただけるのですか?」

 とのお問い合わせ。もちろん、いつもしている事ですので

     『はい。大丈夫です。それで、どのくらいの量ですか?』

 とお聞きすると

        「ダンボールが60ケースです。」

 と言う。使い古しのダンボール箱が60枚か、と思い

   『あ、そうですか。そのぐらいでしたら、
            あまり費用もかからずに処分できます』

 とお答えすると、お客様

     「え?そんなに安いのですか?」

 と・・・

 よくよくお話を伺うと、そのダンボールには不用品が全て
詰め込まれている、との事でした。
 (うううう・・・これは内容を見てみないと判断できない。)
それで、お客様のご住所をお聞きして伺う事に。

 提携先の処分業者さんと一緒に、お客様宅に伺ってみると、
そこにあったものは・・・
 5LDKの広い一戸建てにダンボール箱がいっぱい!
ほんとうに60箱以上はありそう。
 お客様はまだ30歳代と思われる奥様。
4月の始めに、この家に引越しして来たと言う。
 小学生の子供も2人おり、引越しして荷物を片付けて
いたら、荷物が片付かない!それで、いらない物・使わない
物を処分する事にしたそうです。

 ダンボールの中身を見てみると、おもちゃ・衣類・書籍・
食器などの台所用品・・・
 ざっと計算して約1,500kgほどある。
おおよその費用を計算して、お客様にお伝えする。
お客様は「・・・・・」

 ちょっと予算より高かったようだ。それでお客様の予算を
お伺いする。
 そこで処理業者さんと相談して、それでお受けする事に
なりました。
 その後に、「ついでにこれも、あれも」と言う事になり、
結局は2,000kg近くに・・・

 お客様からは、とても家の中がすっきりして大変に
喜ばれ、帰りに後姿を見送っていただくほど感謝して
いただけました。
 う~ん。いらない荷物を片付けて、すっきりさせるのは、
引越しをするって言う方法もあったのか、と思わせて
いただいた次第です。
 それにしてもこのお客様、なぜ引越し先にまでいらない
荷物を持ってきたのだろう?前の家で処分すれば、引越し
費用も安く済み、スムーズに片付いただろうに・・・

 そこが今でも謎なのです。


   「追伸」


 引越し上手は片付け上手、とも言われております。
引越しを頻繁にしている方は、やっぱり荷物は少ない
ようです。
 片付けられない荷物が増えたら、貴方も引越しして
みましょう!

 え、「引越しなんてできない!」なんておっしゃっている方は、
「かたづけ士」と言う職業もあるようです。この方にお願いするのも
手かもしれません。

 お部屋も身の回りも、いつもすっきりしていたいものです。
   (自分の願望です)
 ありがとうございました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          有限会社 ワン・ツウ・ワン
                 代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
        ”いい人ネット”全国展開構築中
              参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2007

何でこれが不足しているの!?

  
  「運築(うんちく)川柳・狂歌」


      ”気がつけば 隙間ビジネス 隙間あり”


 今、非常に不足していて、お客様がとても困っている
事があります。それは何でしょう?・・・
 「狭くても、空いてる土地があったら駐車場に!」交通法規が
変わり、駐車場が不足してそんな事も言われていました。
はたして今もそうなのでしょうか?
 今回は、お客様のお仕事のご依頼から、今不足している
ビジネスに気付いたお話です。


    「何でこれが不足しているの!?」


 ある日の事、お客様から仕事のご依頼の電話が
ありました。
 70歳代であろうと思われる女性からのお電話
です。

   「ちょっと遠い所に荷物を預けていて、一人では
         取りに行けないので、一緒に行って頂けますか?」

 とのお電話でした。もちろん、そのようなお手伝いでしたら
簡単な事ですので、お客様のご住所・お名前をお聞きして、
ご都合の良い日時をお伺いして、伺わせていただきました。
 お約束の当日、お客様宅まで伺わせていただくと・・・

 『お客様。荷物はどちらに預けてあるのですか?』

                        とお聞きする。

    「実は私もあまり場所が解らないのよ。
              この会社に聞いてみて」

 (え?預けてある場所が解らない。どういう事だろう・・・)

 と思い、渡された用紙を見ると、なんとその会社は
「トランクルーム」の会社でした。
 「トランクルーム」とは、よく見かけるのは空き地に
コンテナを置いて、その中を仕切って荷物を置けるように
して貸し出す、あれです。その「トランクルーム」に
荷物を預けていたのです。

 お客様の預けている「トランクルーム」の場所を、
会社の人に聞くと、お客様の自宅からかなり遠い。
30分以上かかりそう・・・(これじゃ、場所が解らなく
なるはずだ。)

  『お客様、かなり遠い所ですね。
         なんでまたそんな遠い所を・・・』

                      とお聞きすると、

    「だって、近くを探してもなかったのよ。
           近い所はどこもいっぱいで、仕方なかったの」

 とのお話。

 往復1時間半ほどかかって、荷物を4ケースほど
ご自宅まで運ばせていただきました。

 また別の日にも同じような仕事のご依頼が
あったのです。
 このお客様も家具を「トランクルーム」に預けていて、
それを家まで運んで欲しい、とのご依頼でした。

 またまたある時は、こんな仕事のお問い合わせの
電話がありました。

   「海外赴任で海外に行っている間に、自宅の荷物を預けたい
         のだけど、どんな所に預けたらいいのか解らなくて、
                       貴方の所で預かってくれますか?」

 荷物預かりの仕事は、我社では承っておりませんので、丁寧にお断りして、
預かってくれる所をご紹介させていただきました。

 お客様

    「え、そんなところもあるのでか?トランクルーム
           って言うのですね。ありがとうございました。」

 と言って、電話は切れましたが、きっとこのお客様は「トランクルーム」
で検索して違うところを探すかもしれません。

 恐るべし!「トランクルーム」・・・


    「追伸」


 この「トランクルーム」いま密かにニュービジネスで増えて
おります。でもでもまだまだ足りないのです。
 我が町我孫子にも、何箇所かのトランクルームがあります。
でもどこもいっぱい!空きがないのです。

 「トランクルーム」。以前は多くは空き地にコンテナを置いて、
それをある程度の大きさに仕切って、鍵をつけて貸しておりました。
 コンテナ式の「トランクルーム」が一番安くてまだまだ多いのですが、
最近は変わってきております。空調つきの室内の「トランクルーム」
が増えているのです。
 当然料金はコンテナ式の2倍から3倍するのですが、この
「トランクルーム」もお客様がいっぱい!不足しているのです。

 コイン駐車場は、様々なトラブルがあるようです。料金の
回収・保守点検も大変なようです。
 この「トランクルーム」は、そんな心配もいらない。
高価な物を預け入れる人はセキュリティーも
しっかりした室内式へ。

 さてさてこの「トランクルーム」今後どうなる
ことやら・・・一過性で終わるのか、新しいビジネス
として拡がるのか。皆様のご近所に、「トランクルーム」は
ありますか?あったら使いますか?

 ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          有限会社 ワン・ツウ・ワン
                 代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
        ”いい人ネット”全国展開構築中
              参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2007

え、何で4月にこの仕事が大いの?

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」


     ”間取り変え 心の中も 配置換え”


 便利屋の仕事は時期によって仕事の内容が
変わる事があります。
 年末はお掃除、3月は引越し、5月からは植木の
手入れ・草刈など。
 意外なのが4月に多い仕事。なぜか4月になると、
この仕事の依頼が多くなるのです。

 はてはて、その仕事とはどんな仕事でしょう???

   「え、何で4月にこの仕事が多いの?」


 4月になると、ご依頼が多くなる仕事があります。
それは部屋の家具移動のご依頼なのです。
 それはなぜなのでしょうか?その理由は後で
お話するとして、家具の移動といっても、様々な
場合があるのです。現場に行って見ないと解らない
事も多いのですよ。
 それではどんな家具移動の仕事が・・・


 ある4月の半ばのお客様からのお電話。

   「すみません。ピアノの移動をしていただきたい
      のですが、そんな仕事もしていただけるのですか?」

 とのお仕事のご依頼。
ピアノはグランドピアノでかなり大きいそうです。
通常は専門の業者さんが行います。

    「隣の部屋への移動だけですから」

 とのお客様の言葉に、どんな仕事もできるだけお断り
しない事を信条としている我社。取り敢えずは伺わせて
いただく事に。
 お伺いして見てみると、やはりピアノはかなり大きくて
重い。通常では2人では運べない。

 せっかく来たので(う~ん。何とかならないかな?)

 と思い巡らし、調度その時家にいた大学生の息子さんと
お母さんにお手伝いいただいて、動かしてみる事に。
 ピアノの置いてある部屋のドアを取り外し、ピアノの
足の下に毛布やダンボールなどのすべる物を敷き、4人
がかりで、少しずつ床を滑らせながら、何とか隣の
部屋まで運ぶ事ができました。
 この場合、たまたま元気な息子さんがいてくれて、
ドアも外せて、隣の部屋だったからできたこと。一つでも
条件が欠けていたらできませんでした。


 また別の日に

    「隣の部屋までタンスの移動をお願いしたいのですが?」

 との仕事のご依頼。
これも早速伺わせていただき、拝見させていただくと・・・
 タンスが置いてある部屋の入り口が狭い!ドアを外そうと、
どんな事をしても出ない。
 このタンスはお客様が結婚する時に、お母様が用意して
くれた婚礼家具だそうです。もう30年以上たっているのに
とてもしっかりしております。運び込む時には、庭からベランダ
を使って運び入れたそうです。

 この場合は

   『申し訳ございません。この仕事はできません』

 と言って、御代をいただかないで帰って来るのですが、
このお客様の決断は早かった!

   「それでは、家具を解体して処分して下さい!」

 思い出のある家具。何とか残しておきたい気持ちは
充分に解ったのですが、泣く泣く解体処分させていただき
ました。
 それにしても昔の家具はしっかり作られている。今の
外国製・組み立て家具とは違う。とても残念でしたが、
お客様の素早い決断に感服でした。


 またある日の朝、電話が入りました。

    「ホームページで見たのですが、オルガンの移動などの
                仕事もしていただけるのですか?」

 と言う仕事のご依頼。
これもお客様のご都合のいい時間をお聞きして、伺わせて
いただきました。

 そして拝見すると・・・

 オルガンの一階から二階への移動のご依頼でしたが、
オルガンと運び上げる階段を見ると、どうも難しそう。
 オルガンはかなり大きいオルガン。階段を見ると、狭くて
おまけにU字型に曲がった階段。
 寸法を測るまでもなく、この階段で運び上げるのは
とても無理。この場合は、専門の業者さんが、庭から
ベランダを使って運び上げるしかない。かなり大掛かり
になる。

 この時には、お客様に

   『せっかくご依頼いただいたのに、誠に申し訳ございません。
                      この仕事は我社ではできません。』

 とお詫びを言って、帰らせていただきました。


 4月は、このような家具の移動の仕事が多くあるのです。
それはなぜ?
 それは、3月は転勤・就職・入学・進級などで、子供達が
移動するのです。
 その移動に伴い、部屋が空いたり、間取りの変更の必要が
出てきます。
 旅立った後の、少し時間的に余裕ができた時期に、
部屋の模様替えを思いつくようです。それが4月なのです。
 まだこれからもご依頼があるかな・・・


   「追伸」

 便利屋の仕事は、どんな仕事があるかわかりません。
またお伺いしても、その仕事が我社でできる仕事か
どうか、見てみないと解らない事も多くあります。
 困って電話してくるお客様です。できるだけ、お断り
しないようにと思っているのですが、どうしても無理な時には、
ハッキリとお断りする事にしております。
 家具移動での判断ミスで、無理な移動をしたため
家具と階段を傷つけ、弁償をしたような事もあった
からです。

 現場での一瞬の判断力。それを磨くのは
やはり経験を積む以外にないようです。
 長く続ける事。その大切さを感じております。
ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          有限会社 ワン・ツウ・ワン
                 代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
        ”いい人ネット”全国展開構築中
              参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 19, 2007

私って幸せ!

    「運築(うんちく)川柳・狂歌」


      ”病気して 幸せ感じる 人もいる”


 「貴方はどんな時が幸せだと思いますか?」と問われて、
貴方ならどのように答えますか?
 現在の多くの方は、「お金がある時」「健康である事」など、
健康とお金に関する事が多いのではないでしょうか。
 でも、幸せの基準はそれだけではないようです。今日は
そんなお話です。


     「私って幸せ!」


 もう長いお付き合いのNさん。今年85歳になる
一人暮らしの女性です。
 今は天涯孤独の一人暮らし。親戚縁者や身寄りもありません。
そんなNさん、伺っていつもお話しするたびに出る言葉があります。

   「私って幸せ!とても恵まれている」

 さあてこのNさん、とてもお金持ちで健康に過ごして
いるのでしょうか?・・・・

 実はこのNさん、今は粗末な借家に住み、病院通いもしており、
財産と言える財産もありません。

 それでもいつも

   「私は幸せ。恵まれている」と言います。


 Nさんは東京生まれの東京育ち。戦前では珍しく
ある有名大学を卒業しております。
 戦火にも会い、軍需工場にも奉仕で行かされ、大変な
思いをしているのですが、そんな中でもいい人との出会い
に恵まれ、食べ物などに困る事はなかった、と言います。

 戦後、復員してきたご主人と結婚したのですが、
ご主人は一文無し。実家のお母さんの援助もあり、
商売を始めて、Nさんの才覚もありしばらくは事業も
順調に行きました。かなり大きな家に住んでいたようです。
 ところがあのバブルの崩壊で、会社はあえなく
倒産。そして一文無しになり逃げるように現在の借家へ。

 ご主人は会社が順調な頃の習慣が抜けず、
Nさんが知らない間にサラ金から借金を・・・
 Nさんは多くの借金をある事も知らずにいた時に、
ご主人は認知症を発病。

 認知症のご主人のお世話に、大変な思いをしている
時に、ご主人がある伝染病にかかり強制入院させられる。
 ご主人が入院している時に、Nさんは転倒して
骨折し救急車で運ばれ入院。
 そのNさんが入院している最中に、ご主人は
あえなく他界。ご主人の葬儀・埋葬もご自分で
できませんでした。

 また退院してから、ご主人の借金の事を知り、
できるだけ返済を続けた、との事です。
 現在はご主人の借金の始末もつき、遺骨も
お墓に入れる事もできました。
 そんな波乱万丈の人生を過ごしながら、

   「私は幸せだった。とてもいい人たちに
          出会えて助けてもらった。幸せ・・・」

 と言います。

 負け惜しみとか、見得とかではなく、心から
そう思っているのです。


  う~ん。幸せの基準ってなんなんでしょう・・・・・

 現在Nさんは、頭がボケないようにと、写経をしたり、100マス計算
をしたり、漢字の勉強をしたり、テレビもクイズ番組を多く見ております。
 健康の不安を感じながら、あまり愚痴っぽい事は申しません。

 ただ

    「誰に迷惑をかけることなく、ぽっくり逝きたい・・・」

 とは申しております。

 こんなNさんと敬愛の気持ちを込めて、お付き合いさせて
いただく幸せを感じております。
 ありがとうございました。


   「追伸」


 85歳で一人暮らし。病気も持っていて病院通い。財産もない。
もし私がそんな状況にあったら・・・

   「私は幸せ!」って言えるだろうか?自信はない。

 幸せの基準ってどこにあるのだろう?・・・

 きっといつも、何事にも感謝の心を忘れなければ、
それで幸せになれるのかな・・・
 そんな自分でありたい。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail info@benriya1-2-1.com
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

  この感動をあなたと共に     
      ”いい人ネット”全国展開構築中
          参加者・協力者・仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2007

あ、いい人・愛の人

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」

       ”いい人の 上を行くよな あいの人”

 私には大きな夢があります。全国・全世界に、”困ったときに
すぐ電話”して助けてくれる、便利屋の特別組織”いい人ネット”
を創り上げる事です。
 どんな人が”いい人”なのか?と問われると、具体的には
「このような人!」とお答えしにくいのですが、先日その”いい人”の
上を行くような素晴らしい人に出会いました。

 「え、その人はどんな人?」それは・・・


      「あ、いい人・愛の人」


 ある日の午後、会社に電話が入りました。受話器を取り、
お話を伺いますと、仕事の問い合わせのお電話でした。

   「電話帳を見て電話したんだけど、
            お掃除の仕事もしているのですか?」

 との問い合わせ。

     『はい。大丈夫です。させていただいております!』

 とお答えしますと

       「台所の掃除だけでいいのだけど、
                 どのくらいの費用がかかるの?」

 との事で、ご住所とお電話、お名前をお聞きして、見積もりに伺わせて
いただくことに。

 その時に
      (あれ?)と思うような事が・・・

  「掃除してもらう人の名前はKさん。
        私はNで近所に住んでいます。」

          (え?本人じゃなくて、近所の人がなぜ?)

 と思いつつ、お約束の時間に作業の下見に行かせていただきました。


 狭い路地を入ってKさんの自宅まで行くと、家の前で何人かの
近所の主婦らしい人たちが立ち話をしていました。
 車を降りて行くと、その中の50代後半の女性が近づいて来ました。

   「便利屋さん?お待ちしてました。
               ここの家です。」

 と、Kさん宅にづかづかと入っていきます。
 古い家で、もう50年以上は経っていそうです。
家の中に入ると、一人の老人がコタツで横たわって
おりました。

     「Kさん、台所の掃除をこの人に頼むからね。」

 と声をかけて、台所まで案内してくれました。まあまあ、かなり
汚れている台所。もう長いこと掃除をしていないのがわかります。
埃が1センチ近くも油汚れで固まっている!
 大体の時間と予算をNさんに申し上げて、

    「それでやってください」

 との事で仕事をさせていただく事になりました。そして、Kさんの
自宅の掃除をなぜNさんが頼むのかの訳を聞かせていただきました。

 NさんはKさんの家の近所に住んでいる方で、もう長いお付き合い。
Kさんは、身寄りがなくてご夫婦でこの家に住んでおります。
 ご夫婦とも今年94歳のご高齢。お爺ちゃんは先日まで入院して
いて、病院から帰って来たばかり。入れ違いに、今度はお婆ちゃんが
今入院している、との事でした。
 身寄りがないので、近所に住むNさんがなにくれとなく、気にかけて
お世話をしている、とのお話です。

  「掃除代金は私が払うから、心配しないでいいですよ。」

 と言っていただきました。

   (え、なぜ?)という思いもありましたが・・・

 お約束の当日に、掃除に伺わせていただきました。狭い路地の
入り組んだ所にある家。駐車場もありません。

 (駐車場をどうしようか?)と考えていると、

    「うちの駐車場を使っていいよ。」

 と、仕事で使っている自分の家の駐車場を貸してくれました。
 台所の掃除は、もう20年近く掃除をしてないのでは?
と思うほどでしたので、予定よりだいぶ時間がかかってしまいました。
 終わってからNさんに連絡をして、掃除の後を見て
もらい、領収書を書かせていただくと・・

 その時にNさん、予定以上に時間がかかったのを知っていて、

   「じゃ、これで」とお支払いをいただいたのですが、

 料金が多いのです。

     『え?多いですよ』と言うと、

   「いいんですよ。お茶代にでもしてください。」

  ・・・言葉もありませんでした。このお金、きっとNさんの
負担ではないかと思います。なぜそこまで・・・と思ってしまったのは
まだまだ”いい人”になっていない私だからでしょうか。
 ありがたくお礼を申し上げて、帰らせていただきました。
何か、爽やかなそして自分自身が恥ずかしいような、そんな
思いをさせていただいたお仕事でした。

 ありがとうございました。


    「追伸」

 このNさん。ほんとにどこにでもいる、人の良さそうなおばさんです。
自分では、Kさんのために何かをしてあげている、なんて気持ちはさらさら
見て取れません。
 もう、それをするのが当たり前のようにしています。お孫さんを
おんぶしてKさん宅に来ていました。

 「自分で掃除もしてあげたいのだけど、自分の家の事もあるので
便利屋さんに頼んだ」とのお話でした。

 (う~ん。俺の考えている”いい人”ってなんだろう?)

 って思い、またこういう人が世間に多くいれば、”いい人ネット”
なんて必要ないのかな・・・なんて事も考えました。そんな世の中が
早く来るといいな。(え?貴方は失業してしまう?(笑い))

 ”いい人”の上を行く”あいの人”(あ、いい人・愛の人・合いの人)
Nさんに敬服。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          有限会社 ワン・ツウ・ワン
                 代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
        ”いい人ネット”全国展開構築中
              参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail info@benriya1-2-1.com
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

  この感動をあなたと共に     
      ”いい人ネット”全国展開構築中
          参加者・協力者・仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2007

それぞれの桜

    「運築(うんちく)川柳・狂歌」


       ”いま桜 今年のさくら このサクラ”


 桜の花には、様々な思いがある方が多いようです。
この季節になると、日本に生まれて良かった、と
思います。
 そんな桜の花を見る方の、様々な思いのお話です。


    「それぞれの桜」


 お客様の所へ様々な用事で伺い、時間の余裕があると
お客様に誘われたり、誘ったりして、今の時期はお花見
に行きます。
 先日も、ある介護付きマンションにお住まいのお客様
から室内整理のご依頼があり、伺って仕事をさせて
いただきました。
 終わってからNさん

    「柏崎さん。もし時間があったら、お花見に連れてって!」

 とのご依頼がありました。
 Nさんは今年83歳になる一人暮らしの女性。様々な理由から
今年になって、このマンションに引っ越してきました。
 この後の仕事は入っておりませんでしたので、快く
お引き受けさせていただきました。
 外はとてもいい日和。春らしい爽やかな風が吹いて、桜も
8分咲きくらいの調度見頃です。
 車を玄関に用意して、部屋までお迎えに行くと

     「柏崎さん。私の友人二人も一緒に行っていい?」

 との事。

          『もちろん、いいですよ!』

 とお答えして、友人をお待ちして三人を車に乗せて
お花見に行きました。


 お三方とも80歳代の女性。どうしても平均寿命からすると、
この年代は女性が多くなります。
 一人の方は、戦後間もない頃アメリカに移り住んで50年間
滞在しておりました。昨年の7月に、日本が恋しくなり帰国して
来た、との事です。
 もちろん英語は読み書きはもちろん、話すのもペラペラです。
でも、このマンションでは英語を話す機会はまるで無いので、

  「英語を忘れてしまいそうなので、英会話学校に行きたい!」

     と言っている、ユニークなお婆ちゃんです。

 その方は、

   「やっぱり桜の花を見ると、日本に帰って来た気になるわ。」

     「日本に帰って来たのは、
          この桜と日本の料理が食べたかったの」

 とのお話でした。直接のお客様ではありませんでしたので、
なぜアメリカに移住したのかなどの、詳しいお話は伺いません
でしたが、機会があったらお話をお聞きしていと思っております。


 もう一人の方は、どうやら息子さんのお嫁さんとうまくいかなくて、
息子さんがここに住まいを求めたようでした。

   「一人の方が、気楽でいい・・・」

 なんておっしゃっていらっしゃいましたが・・・


 お客様のNさんにも様々な事情がありそう。でも深くは立ち入りません。
お客様の方から、お話していただくまでは、詳しくお話を聞く事はありません。

 近くの桜並木を車でゆっくり走り、そして桜のいっぱい咲いている
公園まで行きました。
 一人の方は、足があまり良くないので車外には出ませんでした。
Nさんともう一人の方は、外に出てしばらく桜見物。
 まだ植えて10年足らずの若い桜もあり、思わず

   『あと10年もすると、
         この桜もきっと立派になりますね』

 と口まで出かかった言葉を飲み込みました。
 この三人の方にとって、来年の事は解らないのです。
まして10年後なんて・・・
 今を楽しむ。ただそれだけなのです。
 家族みんなでマットを敷いて、お花見を楽しんでいる
様子を見ると、ちょっと寂しそうな様子も・・・

 しばらく散策した後にマンションまで送って、帰らせて
いただきました。
 また来年も、この三人のお婆ちゃん達とお花見が
できる事を願っております。そして今度はお弁当
も用意して来よう!
 ありがとうございました。


   「追伸」

 ついつい自分を中心にして、物事を考えてしまいがちです。
ご高齢のお客様にとっては、来年の事はわかりません。
 「自分がお客様と同じ年齢になったら?」そんな事を常に思って
仕事をさせていただかなくては、と自戒しました。
 自分自身も、明日の事はわからないのだから・・・
毎日毎日を、感謝を込めて、真剣に一生懸命に生きて行きたい。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話
       生活代行サービス”便利屋”
          有限会社 ワン・ツウ・ワン

             代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail info@benriya1-2-1.com
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

  この感動をあなたと共に     
      ”いい人ネット”全国展開構築中
          参加者・協力者・仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 01, 2007

主人の代わりになって・・・

    「運築(うんちく)川柳・狂歌」


       ”身代わりに なりたい時と できぬ時”


 ”困った時にはすぐ電話”これは、我社のキャッチフレーズ
です。その言葉通り、様々な仕事のご依頼があります。
 でも、「この仕事だけは引き受けない!」と言う、仕事が
三つあります。今回のご依頼は、そんなお引き受けできない
仕事のご依頼でした。


      「主人の代わりになって・・・」


 もう夕ご飯も済ませて、事務処理をしていた夜の
8時頃、会社の電話が鳴りました。

   (どこからだろう?)

     と、受話器を取ると・・・


 多分30歳前後の女性だろうと思う声で

     「あの~、タウンページを見たのですが、
          どのような仕事でも引き受けてくれるのですか?」

 との、仕事の問い合わせの電話でした。

   『はい、ほとんどの事はさせていただきます。
           それで、どのようなお仕事ですか?』

 とお答えさせていただくと、ちょっと言いにくそうに

     「主人の代わりになって、電話会社に電話して、
            携帯電話の暗証番号を聞いて欲しいのです。」

 との事でした。

 さらに詳しくお話をお聞きすると

   「主人の携帯電話の通信履歴を見たいのだけど、
          暗証番号でロックされていて見られない。」

     「それで、主人の名前を言って本人になりすまして、会社に電話して
             暗証番号を忘れた、と言う事にして暗証番号を聞いて欲しい。」

 とのご依頼でした。

 本人の代わりになって欲しい、との仕事のご依頼はよくあります。結婚式の
代理出席・法事の代理出席。変わった依頼だと、親の代わりなんて事も・・・

 今回のご依頼は、私がお引き受けしない仕事の一つであります、
「男女関係のトラブル」になりますので、残念ながら丁寧に
お断りさせていただきました。

 どうやら、ご主人に浮気の疑いがあるようでした。

 また、本人になりすまして暗証番号を聞きだすのも、たとえ奥様
からのご依頼とはいえ、法律違反になります。「法律違反の仕事」
もお引き受けできない仕事です。

 通常ですと、お断りしなくてはならない仕事でも極力お話をお聞きして、
何とか解決の方法も探すのですが、今回の場合はそれもしませんでした。

 お客様、何のお力になれなくて申し訳ございませんでした。


   「追伸」

 貴方は携帯電話にロックをかけていますか?私はロックをかけて
いません。なぜ?・・・

 別に見られて困る内容はないから・・・と思っているのですが、
でも携帯のアドレス帳には多くの友人の番号とアドレスが・・・

 恋人・ご主人・自分の子供などの携帯がそばに無造作においてあり、
誰もいない。そんな時に貴方は携帯の中を見たくなりますか?・・・

 携帯の内容を見られて、浮気がばれた!なんて事も多くある
ようです。

 俺も携帯にロックをかけようかな・・・え、見られて困る
内容はありませんよ!誤解なきように。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          有限会社 ワン・ツウ・ワン
                 代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
        ”いい人ネット”全国展開構築中
              参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »