« July 2007 | Main | September 2007 »

August 27, 2007

こうもりが家の中に!

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」


      ”動物の 住宅情報 あるといい”


 春から秋にかけて、自然界でも動物達の活動が
活発になります。最近では、住宅街にも動物達が
多く出没するようです。

 そこで、こんな仕事の依頼もたまにあるのです。
その仕事とは・・・


    「こうもりが家の中に!」


 暑い日が続いているある日の午後、ちょっと慌てた声で
電話が入りました。

   「あのあの、こうもりの退治なんてしてくれるんですか?!」

 との問い合わせのお電話。

   (うう・・・こうもりの退治。今までした事ないな。どうしよう・・・)

 と思いつつ、お客様から詳しいお話をお聞きする。

 お客様宅は、郊外の畑と林に囲まれた地区にあるという。
昨日から、こうもりが家の中に巣を作ってしまったようで、
困っている、と言う。

  「二階の換気扇の隙間から入って、屋根裏に入り込んだようなの。」

     「出入りできないように、換気扇の隙間は塞いでしまったのだけど・・・」

          「そうしたら、家の中に出てきて飛び回っているんです。」

  (ええ・・・出入り口を塞いだ!それでは出て行けないよ!)

   「すぐ来て、退治してくれますか?」

 とのお客様のご依頼。

 お客様のご住所を聞くと、かなり遠くの場所。車で30分以上
かかる。それに作業費用を入れると、2万円以上かかりそう。
しかも、確実に逃げて行ってくれるか、やってみないと解らない。

 それに、こうもりは保護鳥になっており、殺したり捕まえたりは
できません。あくまで出て行ってもらうようにするだけ。

 その事をお客様に伝えると、やはり費用の面で折り合わない。
でも困った様子のお客様。何とかしてあげたい。

 インターネットで調べて、すみやかにできるだけ出て行って
もらう方法を教えてあげる事にする。しばらくお待ちいただき、
調べてみると・・・


 まあまあ、今は様々な薬剤が発売されているのですね!
こうもりを撃退するスプレー剤までありました。それだけ、
需要があるという事かな。

 てっとり早い方法は、屋根裏にラジオを大きな音を
出して置いておく。そして蚊取り線香でいぶす、などが
ありました。何点かの対処方法を教えてあげると

  「はい。それでは試してみます。」

 とのお返事で、電話を切らせていただきました。

 もちろん、塞いだ換気扇の穴は直ちに開けるように
言いました。

 もしそれでも、逃げていかないようだったら、また
ご連絡下さい、と言ってはおいたのですが・・・

 その後、電話がない事を考えると、どうやらうまく出て
行ってもらったようです。

 良かった良かった・・・


   「追伸」

 ヘビや蜂の退治の依頼は、今の時期たまにあります。
当社で処理できない、難しいと思ったら、専門の業者さん
を紹介します。

 今回のこうもりは初めてでした・・・

 蜂やヘビなどは、こちらが手出しをしなければ、
攻撃される事はない、と言われていますが・・・

 なかなか人間との共存共栄は難しいようです。
動物達が安心して暮らせる、住宅情報誌があると
いいな。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          有限会社 ワン・ツウ・ワン
                 代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
        ”いい人ネット”全国展開構築中
              参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2007

チョコレートにご用心!

    「運築(うんちく)川柳・狂歌」


      ”チョコレート とろける楽しさ お土産に”


 8月になり、夏休みをとって旅行に出かけるお客様も
多くいらっしゃいます。

 この時期に増える仕事は、留守中のワンちゃん・ネコちゃんの
お世話や、庭の草花へのお水遣りの仕事です。

 毎年夏休み中のお仕事のご依頼をいただく、
長年のお付き合いのお客様も多くいらっしゃり、
旅行先でのお土産を買って来てくれます。


 旅先での思い出が詰まったお土産。わざわざ私のために買ってきて
いただくのは、ほんとに感謝して嬉しい限りです。

 でも、そんな感謝の気持ちがこもったお土産も、開けて
みたらビックリ、ってな事も・・・

      「チョコレートにご用心!」


 毎年8月に海外や国内旅行に行かれるBさん。もう7年程の
お付き合いになります。いつも旅行中の飼い犬の散歩と
食事のお世話をさせていただいております。

 今年も4日間程の予定で、国内旅行にお出かけになります。
お出かけになる前日にご自宅に伺い、毎年の事で慣れている
事とは言え、ワンちゃんの状態の確認や細かい注意事項を
伺いました。

 今回は北海道への旅行だそうです。


 無事にワンちゃんのお世話を済ませ、旅行からお帰りになった翌日に
集金とワンちゃんの留守中のご報告に伺わせていただきました。

 とても気遣いのある素敵な女性のBさん。今回も私のために
お土産を買ってきていただきました。

 旅行先の名物のお菓子を買ってきていただく事が多く、
いつもありがたく、美味しくいただきます。

 今回はどんな御菓子かな?・・・と楽しみに家に帰ってから
包装を開けてみると・・・


 また別の日。庭の草花をとても大切に育てているDさん。
毎年8月に2、3日の国内旅行に行かれます。

 旅行中の庭の草花への水遣りの仕事を、今年も
依頼されました。

 Dさんとも6年程のお付き合い。この時期の草花への水遣り
はとても気を使います。ただ単にホースで水を撒けばいい、と
言う仕事ではありません。

 旅行に行かれる前日にご自宅に伺い、草花それぞれの
注意事項をお聞きする。今回は東北方面への旅行に行かれる
との事でした。

 無事に仕事を済ませ、お帰りになった次の日に、
集金とご報告に伺わせていただきました。

 このDさんも、いつもお気遣いいただき、私に必ずお土産を
買ってきてくれます。お客様から、旅のお土産をいただける
と言うことは、仕事の評価にもつながり、とてもにありがたく
嬉しい事です。

 この時にもお土産は、旅行先の名品のお菓子でした。
嬉しく楽しみに帰って、包装を開けてみると・・・

 BさんもDさんも、お土産に買ってきていただいたのは、
地元名品のチョコレート菓子。

 8月に入ってからの暑さは半端じゃない。連日35度前後
の日が続いている。

 楽しみに開けたお菓子の箱の中は・・・

 あああああ~・・・・無残にもチョコレートが溶けて、
本来の元の形を留めておりません。

 むむむ・・・。そのまま冷蔵庫に直行。

 もちろん、捨てるなんて申し訳ない、もったいない
事はいたしません。

 形は変わっても味は変わらない。とても美味しく
いただきました。

 Bさん、Dさんにはもちろん、チョコレートが溶けて
いたなんて事は申しません。とても美味しかったと言う
お礼状を書かせていただきました。

 中身より、お客様の心使いに感謝です。
ありがとうございました。


  「追伸」


 夏休みで、旅行に行かれる方も多い事と思います。
お土産選びで頭を悩ましますね。

 観光地のお土産屋さん。お客様は様々な地域から
来ています。

 販売する時に、ちょっとした心使いがあると
こんな事にはならなかったかも・・・

 皆様も、お土産選びにご用心!

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          有限会社 ワン・ツウ・ワン
                 代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
        ”いい人ネット”全国展開構築中
              参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2007

怪我・緊急出動!

  「運築(うんちく)川柳・狂歌」

     ”爪切りの 足先遠く 老いを知る”


 時々、緊急でお客様の所に駆けつける事があります。
命にかかわる事は、119番・救急車となるのですが、
そこまで切羽詰った事でもなくて、緊急で行く事が
あるのです。
 今回はそんな緊急のお仕事の話です。


   「怪我・緊急出動!」


 週末の土曜日の午後6時頃、調度仕事を終えて
帰って来たときに、会社の電話が鳴りました。
 電話に出てみると、いつも病院の付き添いだとか、
買い物の同行のお仕事をさせていただき、身内同様の
お付き合いをさせていただいているお客様のKさん。

   「柏崎さん、ちょっと時間空いてますか?
         時間があったら、来て貰いたいのだけど・・・」

 どうしたのだろう?とお聞きしてみると

     「足の指を怪我しちゃって、お医者に行こうと思うの」

  との事です。

   (怪我?それは大変。どんな状態なんだろう?
            Kさんは糖尿病。怪我が化膿すると怖い・・・)

  『Kさん、大丈夫?痛みや出血はないのですか?』

 と尋ねると

       「うん、たいした事ないと思うけど、明日は日曜日なので
                 ちょっと心配になって・・・忙しかったらいいのよ」

 この「たいした事がない」が怖い!少しぐらいは我慢してしまうKさん。
3年ほど前も、風邪をこじらせて入院騒ぎをした事がある。

 ここで

     『そうですか。それじゃ様子を見て、痛みがひどい
                     ようだったら、また電話下さい』

 なんて返事をして電話を切ったら、「いい人ネット」を主催する
資格はない。普通の便利屋になってしまう。

  『すぐ行きますから、待っていてください!』

 とお答えして、外の仕事で汚れた洋服を着替えて、
Kさんのお宅に駆けつけました。

 Kさんに怪我の状況をお聞きると

    「一昨日、足の指の爪を切っていたら、誤って皮膚まで切っちゃったの。
         そのままにしていたら、ちょっと痛みと腫れが出てきたので・・・」

 Kさんの左足の親指を見てみると、ちょっと切り傷ができていて、
多少の腫れがある。触ると痛い、と言う。
 Kさんは糖尿病。病原菌が入って傷が化膿・悪化すると、最悪の
場合は指・足の切断、なんて事もありえる。
 これは病院に行って診て貰ったほうがいい、と判断。
でも土曜日の午後6時を過ぎている。通常の診療は
終わっている。

 Kさんに、『救急病院に行きましょう。』と言って
何箇所かの病院名をあげる。

 Kさんは、あそこはいやだ、ここもだめだ、と注文を
つける。しまいには、「大丈夫、もう少し様子をみるから・・・」
と・・・
 そんなKさんを説得し叱り付けるようにして、何とか行きつけの
病院の救急で診てもらう事ができました。


 救急で診て貰った結果は

   「急激に傷が悪化する事はないでしょうから、とりあえず
      化膿止めの薬を飲んで、月曜日に再度皮膚科で診て貰って下さい」

 と言う診断でした。

 うんまあ、大した事がなくて良かった。でも高齢者は、いつ何があるか、
どうなるか解りません。充分に注意するにこした事はない、と
思っています。

 それにしても、Kさんに

  『なぜもっと早く連絡をくれなかったの?』

 とお聞きしたら

    「だって、貴方の仕事が忙しいと悪いと思って・・・」

 お客様に、そんな気を使わせてしまった自分の至らなさに
反省です。


    「追伸」

 Kさんの爪は巻き爪です。最近は足腰も弱くなり、
足の先まで手が思うように伸びません。
 爪を切るのも怖くて大変だ、と言っていました。

 「あまり馴れない人に頼むのも怖い。誰に頼んだら
いいのだろう・・・」との悩み。

 親父が元気な頃、自分で切れなくなったとても硬い爪を、
大きな爪切りで切ってあげた事を思い出しました。
 爪切りだけで、ネールサロンに行くわけにも行かないし、
どなたかいい解決策をご存知の方は、ぜひ教えて下さい。
宜しくお願いいたします。
 ありがとうございました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          有限会社 ワン・ツウ・ワン
                 代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
        ”いい人ネット”全国展開構築中
              参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »