« August 2007 | Main | October 2007 »

September 22, 2007

腹芸を使う仕事

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」


     ”腹芸を 使ってうまく 重荷移動”


 よく、「腹芸を使って世の中を渡る」とか、
「あの人は腹芸のできる人だ」なんて事が
言われます。

 この場合は、人間的の内面的な「腹芸」
なのですが、便利屋の仕事にもまた違う意味で、
この「腹芸」を使う仕事があります。

 え!?それはどんな仕事・・・


     「腹芸を使う仕事」


 今月の始め頃、ある問い合わせの電話が
ありました。

    「あの、お宅では荷物運びの仕事も
                やってくれるのですか?」

 とのお電話。

 もちろん、荷物運びはいつもやっている仕事なので、
快くお引き受けしたのですが、その内容を聞いてみると・・・

 それは、ある大きな施設での仕事で、このお客様は
その施設に各種の商品を納入しております。
 今回はコピー用紙の納入。その数が半端じゃない。
何と500枚入りのコピー用紙を300束。それを
一階から三階まで、階段を使って上げる。

 もちろん、仕事が大変なので頼んでくるのですから、
エレベータや台車なんてのはありません。すべて
人力で運びます。
 何とか二人で一時間以内に終わる見積もりで、
交通費も合わせていただく事で、指定された日時に
仕事をさせていただくことに。


 さてさて、当日現地に行って作業させていただくと、
それはそれは思った以上に大変な量と仕事でした。
 トラックで届いたコピー用紙を入り口に積むと
山のよう・・・
 それを、階段を使って三階へ。

 コピー用紙って、まとまると重いでのですね。
6束ぐらいで約15kぐらいでしょうか。
 それを二人で50回の往復。。。。

 よく重いものを運ぶ時には、腰を入れて・・
なんて事を言いますが、それは一回か二回の事。
 50回も運ぶとなると、一回一回腰を入れて運んで
いたら、それこそ腰が持ちません。

 そんな時こそ”腹芸”を使うのです。荷物を腹の
上に載せて、腹に重心を置いて運びます。そうすると
腰への負担が軽くなります。

 まあ、暑い中で疲れて足もガタガタになり、大変
なのですが、腰への負担が軽い分回復も早くなります。
 困難な仕事も、こんな”腹芸”で乗り切る事が
できました。
 でもまだまだ本来の”腹芸”は使えない私です。(笑い)
ありがとうございました。


   「追伸」

 ”便利屋”の仕事に限らず、荷物運びで腰を痛める
方が多くいらっしゃいます。

 ぎっくり腰もちょっとした拍子でなります。
気をつけてはいるのですが、何か腰痛予防の
いい方法がありますでしょうか?

 今、実践している、あるいはご存知の方がいらしゃいましたら、
ぜひ教えて下さい。宜しくお願い致します。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          有限会社 ワン・ツウ・ワン
                 代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
        ”いい人ネット”全国展開構築中
              参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2007

開かずの間の怪

   「運築(うんちく)川柳・狂歌」


     ”使わない 部屋に住むのは 怪?住人”


 核家族化が進み、一軒家にお年寄りが二人とか
一人で暮らす場合が多くなっております。
 そんな状況では、こんな問題も起きるのです。
さて、その問題とは・・・


    「開かずの間の怪」


 暑い日が続くある日の午後、会社に電話がかかって
まいりました。
 電話に出ると、何度か仕事の依頼をいただいた
Mさん。Mさんは、一人暮らしの今年75歳になる
女性です。

  『Mさん、どうしたのですか?』

 とお聞きすると

     「二階の雨戸が開かないの。何とかして。」

 との事。

 ちょうど仕事が入っておりませんでしたので、すぐ
伺い、二階に上がり雨戸を見てみました。

   (うん。開かない。何かがつっかえている。)

 何とか力を入れて、思いっきり動かし、少し雨戸が
開きました。
 雨戸の戸袋の中を覗くと、何かがいっぱい入っている。
懐中電灯で中を照らすと・・・

    (ああ、やっぱり・・・)

 雨戸の戸袋の中は、ワラやビニール紐などでいっぱい。
そうなんです、鳥が雨戸の戸袋の中に巣を作っていたのです。
 慎重に、鳥やヒナがいない事を確認して、巣の取り出し
にかかる。
 細い棒や針金で、少しずつ掻き出していきましたが、
まあまあ、その量といったら、大きなゴミ袋いっぱい
になりました。
 ワラに混じって、ビニール紐なども多いのは、地域性
なのでしょうか。
 一時間ほどかけて全て綺麗に片付け、雨戸もしっかりと開け閉め
できるようになりました。

 Mさんにお話を聞いて見ると

    「この部屋はいつも使わないので、一年ぐらい
                雨戸も開けていなかったの。」

      「久しぶりに二階に上がって、
          開けようとしたら、開かなかった。」

 との事でした。

 なかなか安心して巣をつくる場所のない野鳥にとって、
雨戸は安全な住処だったのかもしれませんね。
 幸いな事に、もう真夏になっていましたので、野鳥も
巣立った後。これが春先で、子育ての頃だったら・・・

 無事に仕事も終了して良かった・・・


   「追伸」

 よく一軒家で、住んでいる人がいるのに、二階の雨戸が
いつも閉まっている家があります。
 このような家は、鳥の巣だけではなく、防犯の面からも
要注意です。悪いやつは見ています。

 核家族化が進み、高齢者だけの家も増えています。
足腰が悪くなると、なかなか二階にも上がれません。
 そうなると、「開かずの間」が増えます。現代版、
怖い家になってしまいます。
 そんな方たちの、何とかお役に立つ仕事をして行きたい。
いつもそう思っております。

 ありがとうございました。

 あ、そうだ。若い一人暮らしの人で、朝早くから
夜遅くまで出ていて、家に帰るのは寝るだけと言う
貴方。貴方も「開かずの間の怪」になりますよ。
たまには雨戸を開け放ちましょうね。(笑い)


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          有限会社 ワン・ツウ・ワン
                 代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
        ”いい人ネット”全国展開構築中
              参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2007

蝉が美味い!?

    「運築(うんちく)川柳・狂歌」


       ”ワンちゃんも B級グルメ 蝉の味”


 9月になっても、外ではまだ蝉の鳴き声が聞こえています。
ミンミン蝉からツクツクボーシ夕方になるとヒグラシ蝉が鳴いています。

 今年は例年に比べて暑さが厳しいですが、蝉も多いようです。散歩をすると、
公園のあちこちに蝉が抜け出た穴が開いています。

 そんな今年を喜んでいるやつがいるんです・・・
今回はそんなお話です。


    「蝉が美味い!?」


 いつも犬の散歩のご依頼をいただくKさん。
ここのワンちゃんのミーは7歳のメス。私との散歩も
もう慣れていて散歩も喜んで行きます。

 散歩のコースには林も多く、様々な虫たちもおります。
ある時、散歩の途中で、急に歩き止まります。

  (おいおい、急に止まってどうしたんだ?)

 と、ミーの足元を見ると蝉が転がっています。
その蝉を鼻で臭いをかいだかとおもうと、パクリ
と食べてしまいました。

    (ええ~・・・蝉なんか食べて大丈夫か?
          吐いたりして、具合が悪くなったらどうしょう・・・)

 などど、当初は心配したものです。

 でもその後、腹を下す事もなく元気ですので、大丈夫
のようでした。


 またある別の日。何度か犬の散歩のご依頼をいただいている
Sさん宅の8歳のオスの犬ジョン。

 いつものコースを散歩させていると、これまた急に止まります。
足元にはまだ多少動いている蝉が横たわっています。

 ジョンは、そのまだ動いている蝉をパクリと口に・・・

   (おいおい、お前も蝉を食べるのか?
        それにしても、お前は新鮮な蝉しか食べないの?)

 そうなんです、このジョン君。もう動かない蝉は食べないのです。
まだ動いている蝉だけです。かなりのグルメかな?????

 そう言えば、昨年の10月に亡くなった我が家の愛犬武蔵も、
林の中に転がっている蝉を食べていました。

 ワンちゃんにとっては、蝉はB級グルメなのかもしれませんね。
こんな光景から、亡くなった愛犬武蔵の事を思い出してしまいます。

 ありがとうございました。


   「追伸」


 動物の食べ物で、好き嫌いってあるようですね。
ご飯を喜んで食べるワンちゃんもいました。

 肉も生肉は食べないワンちゃんもおります。
最近は、動物用のサプリメントも多く出ている
ようです。

 健康に気を使うのは、ワンちゃんも人間も一緒
ですね。

 昔は、残り飯に味噌汁をかけたご飯を食べさせて
いたのは、遠い話・・・


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          有限会社 ワン・ツウ・ワン
                 代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
        ”いい人ネット”全国展開構築中
              参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »