« July 2008 | Main | September 2008 »

August 29, 2008

理不尽な・・・


  「運築(うんちく)川柳」


    ”理不尽な 要求受けて 成長し”


 様々な仕事の依頼があります。時には

   「え?そんな事できる訳ない・・・」

 と言うような要求もあります。そんな時には
どのように対処したらいいのでしょう・・・

 今回はそんなお話です。


    『理不尽な・・・』


 雨続きで、外での仕事が延期延期で困っていた
ある日、会社に電話が入りました。

   「以前仕事をお願いした事のあるMだけど、
           お願いしたい事があるのだけど・・・」

   (Mさん?・・・思い出せません。)

 とりあえず、ご依頼の仕事の内容をお聞きする。

     「簡単な仕事なんだけど、
           庭の草刈をしてもらいたいんだ。」

 草刈はいつもしている事です。何の問題もありません。

    『はい。大丈夫ですよ。それでどのようなお庭ですか?』

 とお聞きすると

   「うん。50坪ほどの庭なんだけど、
            草刈をして処分してほしいんだ。」

 50坪と言うとかなりの広さです。通常の草刈ですと
二人でまる一日はかかります。だいたいの見積もりは、
雑草の処分料も含めて5万円前後。

 その事を伝えると

   「え?予算は一万円なんだけど・・・」

     (・・・50坪で一万円?そんなむちゃな・・・)

 さすがに次の言葉が出てきません。それでも
何とかできないかと考える。

 『その予算でしたら、草刈機で
        ただ刈るだけだったらできます』

 と提案する。またMさんのご家族が手伝う事
なども提案したのだが・・・

 Mさん

   「それならいいです。ちゃんと草刈をして欲しい。」

 そんな訳で、この仕事は成立しませんでした。後でお客様の記録を
探してみると、3年ほど前に一度ゴミの処分をさせていただいた
Mさんでした。この時にも、値切られた覚えがある・・・

 理不尽なお客様の要求は、浅草の紳士服店時代にはよく
有った事です。

 シーズンの初めに買った商品を、さんざん着たシーズンの
終わりごろに、様々な難癖をつけて返品に来る。

 縫製が悪くて、ポケットが破れて財布を落としので、その
財布に入っていたお金を弁償しろ。

 そんな理不尽な要求は、よくありました。相手は
一癖二癖ある稼業の人たちです。

 その時には、どう対処したのか?・・・
話が長くなりますので、またの機会に。

 お客様の理不尽と思われる要求にも、できるだけ
誠実に対処する事で、自分も学び成長する。

 そんな事を思って、仕事をさせていただいて
おります。

 ありがとうございました。


   「追記」


 アフガニスタンで殉職した「ペシャワール会」
の伊藤和也さん。

 なんて理不尽な事・・・

 お父様が涙をこらえ

    「息子を誇りに思います・・・」

 と語っていた。素晴らしい家族なんだなと思う。

 平和活動などと言う事を何もしていない、できない私ですが、
せめて身近なお客様・友人・知人・兄弟・家族を愛し、
大切にしていきたい。

 それが結局は、人類愛和・世界平和に繋がると信じて・・・

 伊藤和也さんのご冥福を心からお祈りいたします。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2008

聞く・聴く・訊く仕事

 
  「運築(うんちく)川柳」


    ”聞く仕事 聴く事よりも 訊く事で”


 ”便利屋”の様々な仕事の中で、お客様のお話相手
として、お話を聞く仕事もあります。

 お金をいただいてお話を聞く仕事です。ただお話を
聞くだけのボランティアではありません。そこには
”きき方”の技が必要です。

 お金をいただいて、人様のお話を”きく”基本の
技を身に付けさせていただいたのは、浅草時代の
経験が大きいように思っております。

 それは・・・


    『聞く・聴く・訊く仕事』


 浅草の洋服店で勤務していた頃、場所柄お客様の
ほとんどが自営・自由業の方。特殊稼業の方も
多くおりました。

 勤め始めた最初の頃は、やはりお客様が怖いと
思うことが多く、お客様とまともに話す事が
できませんでした。

 なかなかお客様の顔をまともに見て話ができない
んですね。どうしても視線をそらしてしまう。

 そんな話の仕方をしていると、さすが自由業の
お客様たち。まともに買わない。


   「おい。これだけ買うんだから、ちょっと値段を引けよ!」

          「まけないんだったら、他で買うからいいんだぞ!」

 そんな事が多くありました。

 でも慣れってすごいですね。しばらくすると、そんな特殊稼業の
お客様とのお付き合いにも慣れてきました。

 きちっとお客様の顔を見て、だんだんと会話できるように
なってきたのです。

 そうすると、値引きの要求も少なくなってきました。

 私のお得意様も付き始めたある時。そのお一人のある大きな組の
親分さん(表面上は会社組織の会長Kさん)に、不手際をしてしまった
事がありました。

 別注の特別仕立てで、カシミア100%のセーターを
5枚作りました。それが、注文通り出来上がって来なかったの
です。

 それはもう大変!20年近く前の価格で、約100万円。
キャンセルされたら、大きな損害を受けます。

 何とか修正できるように、メーカーさん・問屋さんと
連日交渉。でもお客様の希望通りになかなかできません。

 Kさんはさすが大きな組織の親分さん。大きな声で怒鳴ったり、
怒ったりする事はありませんでした。

 でもKさんの前に出ると、何かあった時の何とも言えない迫力に
圧倒される。

 そしてどうしてそのような事になったのか、
私の話を詳しく聴きます。

 私の話を聴きながら、肝心なところで訊いて
きます。

   「メーカーとはしっかりと交渉したのか?」

      「何とか修正できないのか?」

 しっかりと私の目を真っ直ぐに見て話します。
私も真剣に一生懸命にKさんの目を見て説明します。

 引取りを拒否されても仕方ない事です。
でもKさん

   「解った。お店の損になってもいいけど、
            お前の損にならないようにしろよ」

 と言って、修正した商品を引き取ってくれたのです。
もちろん最初の値段ではありませんが・・・

 Kさんが「お前の損にならないように」と言ったのは、
私が自己負担して、その値引き分を負担しないように、との
配慮からでした。

 う~ん。まいった・・・

 この特殊稼業の世界。人を観る目が大切なようです。
それを観過ったら、自分の命も危なくなる。

 話を聞き・聴き・訊きながら、その人を判断
するのでしょうね。

 様々な事を学ばせていただきました。


   「追記」


 便利屋の「きく」仕事は、コンサルタントや
カウンセラーとは違います。

 結論を出す必要はありません。

 ただお客様のお話を「訊く」だけ。でもお金を戴く
以上、その「訊きかた」があります。

 「聞く・聴く・訊く」の違いが解りますか?

 どんな「訊きかた」をしたらいいのか?
それはまたいずれ・・・

 ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話

             株式会社便利屋おしょうネット

             便利屋コンビ 有限会社 ワン・ツウ・ワン

                         代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp

     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

  この感動をあなたと共に     
      ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                 参加者・協力者・仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2008

借りを作らない


  「運築(うんちく)川柳」

    ”借りたもの 忘れていても 貸し記憶”


 様々な貸し借りがあるのが人生です。でもできるだけ、
商売上は借りを作らない。

 11年程前まで、おばあちゃんの原宿の巣鴨・
特殊稼業の人たちが多い浅草で、ファッション関係
のお店に勤務しておりました。

 退職して11年。もう時効になっているお話だと思います。
今後はたまにはその当時の話も含めて、便利屋の仕事にも関連して
「便利屋日誌」を書かせていただきたいと思っております。


   『借りを作らない』


 この便利屋の仕事を始めて11年になります。様々な
お客様との出会いがありました。

 開業当初からの、長いお付き合いのお客様も多くおります。

 その当時から、そして今も気をつけている事があります。
それは、「お客様に借りを作らない」と言う事。

 一度受けた仕事は、結果がどうであれ必ず実行する。
お約束した日時は、必ず守る。見積もり違いで利益が
出ない場合も、その見積もり金額を守る、などなど・・・

 多少は融通を利かせていただけるお客様も
多いのですが、これだけはできるだけ守って
おります。

 それには、浅草時代の苦い経験が・・・


 年間何度かのご来店いただいていたMさん。
一度のお買い物で、だいたい30万円ほどのお買い物
をしていただきます。

 6月の末にご来店いただき、この時も30万近く
のお買い物をしていただきました。

 いつもはシーズンに一度の買い物だったのですが、
そのシーズンに限って7月の半ばに再度来店しました。

 そして、お店の商品を見るなり、凄まじい勢いで
怒り出す。

 それは・・・


 お店では、7月の初めから夏物のバーゲンセール
に入っていたのです。Mさんがお買い物してから、
一週間後です。

 Mさんが6月の末に買ったのと同じ商品が、
バーゲンセールで30%OFFになって
いました。

 Mさんは特殊稼業の方。怒り出すと、迫力が
あります。要するに恐い!

   「ばかやろう!バーゲンになるのを知っていて
               高い価格で売りやがって!」

      「全く同じ商品じゃねえか!」

 物販業の方でしたら経験がある事と思いますが、
バーゲンセールの場合は、一週間後の価格の違い
は良くある事なのです。

 でも、そのような言い訳は通じません。
通じない人達です。

 それでどうしたか・・・・

 さんざん怒鳴りまくったあげく

   「まあ、今回は仕方ねぇな。
          次からは気をつけろよ!」

 と、納得して帰ってくれたのだ、と思ったの
ですが、ところがどっこい。そんな生易しい
相手ではありませんでした。

 次回の買い物から、値引き要求です。値引きできない
場合は、その他の様々な要求をします。

 一度借りを作ると、それが後々まで続く・・・

 そのお客様とはその後どうなったか?

 不安定な稼業です。いつ頃からか、いらっしゃらなく
なりました。

 それ以来、バーゲン時期前の仕入れ・販売には、細心の
注意をするようになりました。


  「追記」


 今の便利屋の仕事では、当方に手落ちがあった場合以外は、
一切値引きをしないようにしております。

 一度値引きをすると、それが正価となってしまう。

 価格の決定って、難しいものですね。

 ありがとうございました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2008

感謝料?に感謝・・・


  「運築(うんちく)川柳」


    ”役人で なくて良かった 感謝料”


 お客様から「ありがとうございます」との
感謝の言葉をいただけるのは、とても嬉しい事
です。

 それに加えてさらにこんな感謝があったら、
喜びは格別になります。

 その感謝とは・・・

 今日はそんなお話です。


   『感謝料?に感謝・・・』


 年間、何度かのお仕事のご依頼を
いただいているKさん。

 Kさんは一人暮らしの70歳前後の女性。
体調が思わしくなく事も多く、病院通いをして
おります。

 Kさんから仕事のご依頼がある時には、
どこか心の中に楽しみの気持ちがあります。

 その楽しみとは・・・


 先日も仕事のご依頼をいただきました。

  「柏崎さん。また庭の草が伸びてしまったの。
      時間が空いている時に来て、草刈してくれますか?」

 その日の内にKさん宅に伺い、庭の状況と草刈の日時を
確認して、Kさんの都合の良い日に伺わせていただく事に
なりました。

 見積もりでは、4時間ほどの仕事。午前中で終わります。
でもKさん宅の仕事はそれでは終わりません。

 なぜ?それはまた後で・・・


 当日の朝8時。Kさんのお宅に伺い、いつものように
勝手に門扉を開けて車庫に車を入れさせていただき、
作業を開始しました。

  (え?Kさんにご挨拶はしないの?・・・)

 Kさんは体調が思わしくなく、低血圧で朝起きるのが
遅いのです。

 たぶん起きるのは9時から10時頃。起こさないように、
物音を立てないように、静かに作業を開始します。

 どうやら起こすこともなく作業を進めていると、
10時頃に雨戸が開き、Kさんが顔を出します。

   「おはようございます。暑いのに
        ご苦労様です。休みながら仕事をして下さい」

 と言って、お茶とお菓子を出していただきます。
暑い時に、冷たいお茶と冷えたお茶菓子。とても
ありがたいです。

 休憩をとってまた作業にかかり、予定通り
午前中で草刈は終了しました。

 終了してKさんにご報告。庭を見ていただく。

   「わあ、綺麗になりましたね。
         いつもありがとうございます。」

  「体調が良ければ、植木や花を植えるのだけど、
                     それもできなくて・・・」

 「そうね。庭に砂利でも敷いたら、あまり草も生えて
                 来なくて、綺麗になるかしら?」

    「柏崎さん。砂利を買ってきて敷いていただけますか?」

 いつも草刈の後に、追加の仕事のご依頼をいただくKさんです。
それを予想して、その後の時間を空けてあります。

  『はい!大丈夫です。午後から時間が空いてますから
                 ホームセンターに買いに行って来ます』

 とお答えして、午後からも仕事をさせていただく事に
なりました。


 午後から、ちょっと遠いですが品揃えの充実している
ホームセンターに行って砂利を買う。

 狭いと言っても、10坪ほどある庭。一袋20kgの砂利で
30袋は必要になります。

 600kg!・・・トラックがない!仕方ないので
2回に別けて買いに行く。

 ようやく作業を終えたのは、午後6時ごろ。ホームセンター
まで2回往復したので、それだけでも時間がかかってしまった。

 綺麗に砂利が敷き詰められた庭を見てKさん

   「とても綺麗だわ!カラーの砂利が
           入っているからいいですね。」

 と言って、とても喜んでいただきました。

 そして当初の草刈だけの予算の、倍以上になって
しまった請求金額にも、何も言わずに快くお支払い
いただきました。

 そして最後に

    「いつもありがとうございます。
            これ持って行って下さい。」

 と袋包みを2人分いただきました。

 いつも作業終了後の帰りにいただきます。
その中身は・・・


 Kさんが友人などから戴いた、美味しいお菓子と
丁寧な感謝の言葉と共に、ポチ袋に寸志が入っております。

 ポチ袋の中身はいつも千円。通常の料金もちゃんと
いただいているのに、その心使いにいつも感謝して
おります。

 させていただいた作業を評価していただいた
ようで、嬉しいものです。

 そんなKさんに甘える事無く、どんな時にでも
緊張感を持って、仕事をさせていただきます。

 ありがとうございました。


   「追記」


 我社では、通常の作業をしていただく料金を「気兼ね料」
と言っています。

 気兼ねなく仕事のご依頼をいただいて、いただく料金
だからです。

 そしてそれ以外に、「寸志」「志」「チップ」として
いただくお金を「感謝料」と言っております。

 お客様の、より感謝の心をいただくからです。

 この仕事をしておりますと、様々な形で感謝の
気持ちを受け取ります。

 旅行に行けばお土産を買ってきていただいたり、
珍しい物をおすそ分けしていただいたり、庭でできた
野菜をいただいたり、寸志をいただいたり・・・

 何か戴いたから、戴けるから、仕事をより
丁寧にする訳ではありません。

 どのような仕事でも、一生懸命、丁寧に仕事をさせて
いただております。

 それに、戴くのは仕事が終わった後の事が
ほとんどです。

 だから、させていただいた仕事に対する評価だと思い、
より嬉しくなります。

 「感謝料」が戴ける、戴けないに関わらず、お客様
から「ありがとう。貴方に仕事をしてもらって良かった!」
と言っていただけるような仕事を常に心がけてます。

   (ところで、その感謝料の扱いは?)

 売上として計上しております。(ほんと?です。笑い)

 ありがとうございました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   困った時にはいつでも電話

             株式会社便利屋おしょうネット

             便利屋コンビ 有限会社 ワン・ツウ・ワン

                         代表取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   E-mail info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp

     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

  この感動をあなたと共に     
      ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                 参加者・協力者・仲間募集中です!!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »