« September 2008 | Main | November 2008 »

October 24, 2008

今年も宜しくお願いします


  「運築(うんちく)川柳」


    ”ただ単に 続ける事の 難しさ”


 まだ新年でもないのに「今年も宜しくお願いします」?・・・

 でも一年に一度しかお会いできないお客様にとっては、
このご挨拶になるのです。

 今日はそんな一年に一度のお客様の
お話です。


    『今年も宜しくお願いします』


 また今年も、10月の半ばにお電話をいただいた
お客様がおりました。

    「柏崎さん。こんにちは!J市のMです。
                今年も宜しくお願いします。」

 2年ほど前に、朝日新聞の全国版に私の事が3週間連載
された時、連絡先は掲載されていなかったのに、すぐに
お電話をいただいたMさん。

 一人暮らしの70歳前後の女性です。


    「感動しました!ぜひ貴方のような人に仕事を
                してもらいたいの。お願いできますか?」


 我社からちょっと遠いところにお住まいのMさんです。

 新聞掲載後、全国各地の方から同じようなお電話を
いただきました。

 それが「便利屋おしょうネット」の確信へと
なったのですが、まだネットができておりません。

 Mさんのお宅までは車で2時間半ほど。交通費・派遣料も
かかります。

 ご連絡・お問い合わせをいただいた遠方の
お客様には、そのように申し上げて、泣く泣く
お断りしたのです。ほんとに申し訳ない事でした。

 でもMさん。そんな事では諦めません。

     「どうしても貴方にしてもらいたいの。
                   何とかなりませんか?」

 そうまで言われて、断る訳にはいきません。
また距離も、無理すれば伺えない距離ではない
のです。

 仕事のご依頼は、網戸とガラスの掃除。
何枚もあるようで、年齢と共に一人でやる
のは大変になってきたようです。

  (この仕事だったら、そんなに用具もいらない・・・)

 交通費・派遣料があまりかからにように、電車で伺う
事にしました。


 Mさんとお約束の当日。電車で約1時間半。
バックに長靴と着替えにタオルを詰めて
伺いました。

  「時間は2時間以内で」

 とのMさんのご要望。予算を決めております。
網戸・ガラス戸が約20枚ほど。

 きっちりと時間内に終わらせていただき

   「ありがとうございます。
           綺麗になって助かりました。」

      「やっぱり新聞に掲載されていた
               通りの人ね。良かった!」

 と、喜んでいただきました。お客様の
感謝の言葉が何よりの励みです。

 そして

    「また来年もお願いしますね。」

 とのご予約をいただき、帰ってきました。

 昨年はお隣の友人もご紹介いただき、同じ
ようにガラスと網戸の掃除をさせていただき
ました。

 同じ場所で同じような仕事ができると、経費が
かからずに売上が上がり、ほんとに助かるのです。
ありがたい事です。

 そして今年です。今年も元気なMさんに
お会いできる事を楽しみにしています。

 ありがとうございます。


    『追記』


 浅草の洋品店で勤務している時、こんな
事がありました。

 一年に何度かシーズン毎に来店いただき、
お買い物をしていただいていたKさん。

 数年前から姿を見なくなりました。ところが
数年ぶりにご来店したのです。

   「おお、お前まだいたのか!
          知っているやつがいて良かった
                    また宜しく頼むな。」

 それとなくお話を聞くと

   「ああ、ちょっと遠方の別荘に行っていたんだよ。」

 との事。

 もちろん、この稼業の人達にとって別荘とは・・・


 「便利屋コンビ」の「コンビ」は、一緒に行う意味の
コンビと、24時間営業のコンビニエンスストアーの
意味とがあります。

 一年に一度のお客様、久しぶりにお仕事のご依頼をいただいた
お客様が、困らないよう・がっかりしないよう、この便利屋の
仕事を続けて行きたいと思っております。

 ありがとうございました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私も認知症?


  「運築(うんちく)川柳」


    ”認知症 金木犀と おまま事”


 最近では、女優の南田洋子さん、そして英国のサッチャー
元首相、米国のレーガン元大統領などが認知症である事が
知られております。

 以前は痴呆症と言われていた認知症。だいぶその内容が
解明されてきたようですが、まだまだ治る病ではありません。

 いつ何時、自分も認知症になるかもしれない。そんな
恐れを高齢者の方は強く持っているようです。

 今回はそんな認知症のお話です。

    『私も、認知症?』


 朝晩は寒さも感じるようになった先日、
お客様のBさんから電話がありました。

 何か慌てた様子です。

   「柏崎さん。コタツのコードが合わないの!
             どうしてか解らないのよ。」

     「時間がある時に、来て見てくれる?」

 ここの所の朝晩の寒さで、どうやらコタツを
出したようです。


   ”いつでもいいはすぐに行く”


 これは「便利屋コンビ」の鉄則です。
やりかけの仕事を片付け、すぐに伺いました。


 早速出してあったコタツとコードを見てみると・・・

 この電気コードで合う筈がない!コタツの電源は
穴二つ。置いてあったコードは穴三つ!

   『Bさん、このコードは
        コタツのコードじゃないですよ!』

 そう言って、コタツの電源とコードを見せると

     「あれ、おかしいわね?しまう時に失くさない
           ように、外した時に一緒に入れたのに・・・」


   ・・・・・・・・・・・・

 そんな事を言ったって、確かに合わない。違うのだから・・・

 Bさん

    「おかしい、おかしい、確かに仕舞ったのに・・・
            どうしちゃったのかしら?おかしいわ?」

 電源コードを見てみると、どうやら電気毛布のコード
などに似ている。

   『Bさん、これは電気毛布のコードと
            間違って仕舞ったのでは?』

 そう言っても

     「そんなはずはない。コタツと一緒に
               確かに仕舞ったのだから!」

 もうこれ以上思考が進みません。

 高齢になると、一度思い込むと、なかなか思考を変える事が
できなくなるようです。

   (え?人事ではない。俺も?・・・)

 朝晩は寒いので、至急使えるようにしないと
なりません。

 考えていても仕方ないので、コタツを買った電気店
に電話して、電気コードがある事を確認して買って来ました。

 早速コタツを設置。

   「ああ、良かったわ。足が寒くて
             どうしょうかと思っていたの。ありがとう」

 寒さには弱いBさん。喜んでもらって良かった。

     『追記』


   「最近、なかなか思い出せない事も多くて
              私、認知症になったのかしら?」

 そう言う86歳のBさん。Bさんの3年前に亡くなったご主人は、
認知症でした。それで、そんな心配もしているようです。

   (俺も物忘れが・・・まだ60歳・・・)

 認知症になっても、昔の事・子供の頃の事は
よく覚えているようです。

 だから高齢者の方とお話する時には、
よく子供の頃の事を訊きます。

 金木犀の香りは、子供の頃におまま事で遊んだ
事を思い出しませんか。

  (え?あなただけ?・・・)

 金木犀のオレンジ色の花をご馳走にして、
遊んでいた女の子達を思い出します。

  (私はお医者さんごっこ(~o~))

 香りを認知症の治療に使えるような
気がします。いかがでしょうか・・・

 ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2008

禁煙マンション誕生!?

 
  「運築(うんちく)川柳」


    ”くゆらせる 紫煙の向こうに 何がある


 レストランで、禁煙席のほうが広くなったのは
いつ頃からのことでしょうか・・・

 公共の場に行くと、煙草を吸う場所さえ
見つけるのに苦労します。

 タバコを吸う人たちにとって、住みづらい世の中に
なりましたが、もしかしてこんな事もあるかもしれない・・・

 今日はそんな煙草のお話です。

    『禁煙マンション誕生!?』


 年に何度か犬の散歩の仕事をさせていただいている
Mさん。先日お電話をいただきました。

   「柏崎さん。手の空いてる時でいいのだけど、
              うちの家のお掃除をしてくれますか?」

 掃除の仕事のご依頼です。

 仕事の空いている日時を確認して、Mさんのお宅に
伺わせていただきました。

 Mさんにお掃除をする場所を確認して、お掃除
の準備にかかる。

 掃除場所は、窓ガラスと網戸。それにダイニングキッチンに
お風呂場とトイレ。

 ざっと汚れ具合を点検すると、ダイニングの壁がうす黄色く変色
している。この汚れは、埃の汚れとは違う。

   『Mさん。どなたか煙草を吸われますか?』

 そのようにお尋ねすると

     「主人が煙草をすうのよ」

 かなりのヘビースモーカーらしい。

 煙草の汚れは落ちない事はありません。かえって、汚れが
よく落ちたのが解るので、その点ではいいかもしれません。

 洗剤をつけて、壁を一拭きしただけで雑巾は茶色に・・・
Mさんびっくりして

    「え~・・・こんなに煙草で汚れているの!」

 煙草のヤニで、けっこう汚れるものなのです。

 壁紙の汚れ落としは、壁紙の種類によって違えなく
てはなりません。

 幸い、Mさん宅の壁紙は洗剤・水拭きできる壁紙
でしたので、比較的簡単に煙草の汚れを落とす事が
できました。


 ところがガラス窓が・・・

 Mさん宅のリビングのガラス窓は、曇りガラスで
凹凸のあるデザインガラス。

 このガラス。ガラスの凹凸に入った汚れは
なかなか落ちません。

 ガラス洗剤で拭いても、ゴシゴシ水洗いしても、
落ちません。

 お湯(スチーム)を使い、目の細かいスチールタワシ
で、ゴシゴシ洗ってようやく落ちました。

 Mさん

     「煙草のヤニって、凄いのね!」

 また別の日に、大家さんから掃除の依頼があった
マンションの一室。

 掃除をしてみると、一見してはそんなに汚れが
目立たないのですが、洗剤をつけて壁を拭いて見たら、
雑巾が茶色に・・・

 ここに住んでいた人は、トイレでも煙草を吸って
いたらしく、換気扇・壁紙にも煙草の汚れがありました。

 賃貸住宅・マンション、中古で販売する住宅。
煙草を吸う人は、もしかしてこれから「煙草汚れ料金」
なんて取られるかもしれませんね。

 そして「禁煙マンション」なんてのが、販売・賃貸
されるかもしれませんね。

 この話は冗談に聞こえない・・・

   「追記」


 私自身は煙草を吸わないのですが、私は別に煙草が大嫌い、
って訳ではありません。

 友人にも家族にも、煙草を吸う人がおります。吸っている
中にいても平気です。

 亡くなった私の母は、本人が言うところによると、
父親(おじいちゃん)が美味しそうに吸っていた煙草を
見て、盗み見て真似して吸ったのが10歳の頃!(不良娘!)
大らかな時代だったのですね。

 それ以来、煙草を吸い始めたそうです。それから60年余り。
喘息を患い、医者に止められながら、肺気腫と心臓病でこれ以上
吸えない、と言う時まで医者の目を盗んで吸い続けました。

 キセルを使い、いこい・わかば・しんせいなどと言う
煙草を、美味しそうにかっこ良く吸っていた母を思い出します。

 キセルの掃除なんて、やってあげた記憶が
あります。

 77歳で亡くなった時に、棺の中に好きだった
煙草を入れてあげました。

 ちなみに、亡くなった父は煙草を吸いませんでした。
私は父の血統かな・・・

 ありがとうございました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2008

え!ここでも世襲?!


  「運築(うんちく)川柳」


    ”継踵(けいしょう)は 創業魂 夢・理想”


 最近は政治家の世襲問題がだいぶ言われております。
小泉前首相が引退を表明して、次男さんに地盤を継がせる
事を発表して物議をかもしております。

 大方は批判的な意見が多いのですが、はたして世襲は
批判されるような事なのでしょうか?

 私の身近には、こんな世襲もあるのですよ。

 今日はそんなお話です。

    『え!ここでも世襲?!』


 浅草の紳士服店での店長時代。私をいつも指名して
買い物をしてくれるお客様がおりました。

 まだ30歳前後のお客様ですが、ちょっと違った
風格のある、立派な体格をしております。一回の
お買い物で30万~100万円はお買いいただく
でしょうか。

 そのお客様のAさんは、商事会社の社長さんとの事。
でも、一緒に来店する部下の方を見ると、やはりその筋の方。

 一人でいらっしゃる時には、まったく普通の人です。
親しく馴染みになると、奥様やお子さんも連れてきて、
ごく普通のお客様としてお付き合いさせていただいて
おりました。

 長いお付き合いになりますと、Aさんや部下の方から
様々なお話を伺います。

 そのお話から、Aさんはある名の知れた大学を卒業し、
その大学の運動部で鍛えた後、とある有名な親分さんが
会長をしている会社の、会長の鞄持ちとして就職。

 そこで3年間ほど修行をして、独立して会社を作った、
との事でした。

 そしてそのAさんの父親は、その大親分と義兄弟。
お父さんもその筋の方です。

 Aさんは父親の後を継ぐべく、その大親分の許で
特殊な稼業のビジネスの修行をしたのでした。

 いやいやと親の後を継ぐ、と言うのではなく、何か
当たり前のように、親と同じ道を歩んでいるAさんです。

 親の教育がいい?(笑い)

 もっとも、実力も人格もなくては生きてはいけない
世界です。ただ単に親の後を継げるほど甘くは
ありません。

 会社が大きくなる度に、事務所も大きく移転して
いったAさんでした。きっと才覚も人望もあったの
でしょうね。


 その他にも、父親がその筋の人で、息子は
暴走族の元リーダー。暴走族の仲間たちを部下にして
事業を始めたお客様もおりました。まだ20代前半
です。この方も親の後を継ぐようでした。

 この特殊な業界でも、そのような世襲が多くなっている、
と言うような話も聞いております。

 多くが会社組織になって、高学歴にもなっている
からでしょうか・・・

 世襲とは、ただ単に地盤・看板・鞄を継ぐの
ではなく、創業者の創業魂・理想・夢をも
継ぐのが本来の道だと思います。

 継踵(けいしょう)と言う言葉があります。
先代が苦労して創り上げた、重くてしっかりした
足跡を、また次代に引き続き繋いでいく。そんな意味合い
でしょうか。

 引き継ぐ方は、創業者の心意気を忘れずに、新たな
夢と理想を持って進んで行きたいものです。

 ありがとうございました。


   「追記」


 いつも行く、昔から親しい床屋さん。もう30年程の
付き合いになりますが、男の子二人のお子さんがおります。

 まだ小さな子供の頃から知っています。その二人の
息子さんが、ご両親の後を継ぐべくがんばっています。

 親の姿を見て、その後を継ぐ。ご両親にとっては、
とても嬉しい事でしょうね。


 私の12年前に亡くなった父は国鉄マン(今のJR)でした。
その父(お爺ちゃん)も国鉄マンでした。

 父は自分では一言も言いませんでしたが、亡くなった母から
聞いたことがあります。

 五人も子供がいれば、一人ぐらいは国鉄マンになって欲しい。
そのように思っていたようです。

 きっと国鉄に誇りを持ち、愛していたのでしょうね。

 しかし、誰一人として国鉄マンにはなりませんでした。
父の希望を叶える事ができずに、受け継ぐ事ができずに、
申し訳なかったな、と今になって思っております。

 今の”便利屋”の仕事で、人様のお役に立つ事で、
亡き父にも喜んでもらえればな、と思っております。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »