« February 2009 | Main | April 2009 »

March 22, 2009

20年目の再発!


  「運築(うんちく)川柳」

    ”再発し ジタバタしてる 俺が居る”

 突然に、自分の命が長くない事を知ったら、
どうするだろう?

 ”もし”の仮定の中や、物語だったら立派な事も
言えるだろう。

 実際にそうなった時の俺には、自信がない・・・

 今日は、そんな突然の出来事のお話です。

     『20年目の再発!』

 数年前から、植木の手入れなどのお手伝いをさせて
いただいているFさん。

 ある日、お電話をいただきました。


  「柏崎さん。ちょっとお聞きしたいんですが・・・」


 いつもと違い、何か歯切れの悪い話し方です。

    「隣町に住む父が今病院に入院している
            のですが、一時帰宅しますので、
                  お手伝いしていただけますか?」

 そのような、仕事のご依頼のお電話でした。

 お父様のBさんがお住まいの家を、以前お掃除させていただいた
事もあり、お父様の事は存じ上げております。

 80歳を過ぎているとは思えないほど、かくしゃくとした
穏やかで立派な方でした。数年前まで、会社の社長さんだった、
との事です。

 お父様の状況をお聞きすると、多少は一人で歩ける
ものの、右半身はほとんど麻痺していて動かない
ご様子。

 病院から車に乗って帰ってくるので、門の前から車椅子に載せて、
ベットのある二階まで移動する手伝いをして欲しい、
とのご依頼です。

 一時退院の日時をお聞きして、伺わせて
いただく事になりました。


 当日、車で自宅まで帰って来たお父様を
門の前でお迎えする。

 前回お会いした時より、明らかに違う。全くの
病人になっている。

 自由に動かない身体を支えて、車から車椅子に
移動。そこから石階段を車椅子ごと持ち上げて
玄関先まで移動しました。

 そこから寝室のある二階まで、急な階段を
移動するのが大変です。

 お父様の意識は、まだ自由に身体が動かせる
時のまま。二人で抱えて階段を上がろうとしたの
ですが、自分で動こうとする。

 ちょっとでも無理な動きをすると

    「痛い!痛いじゃないか!
          そんなやり方をするな!」

 と、あまり自由に動かない口で、怒鳴りつける
ように言います。

 余計な力が入ると、移動するのがより大変に
なります。

 それでも何とか、多少は自由の効く左半身
の力を利用して、何とかベットまで移動する
事ができました。

 無事に仕事を終えて、Bさんの奥様から今までの
状況をお聞きすると・・・

 Bさんは20年ほど前に、リンパガンになった
そうです。そしてその時には手術も成功して、無事に
元の生活に戻る事ができました。

 今年に入り、何か食物の飲み込みが悪くなったので、
病院に行って検査してもらうと、ガン細胞が発見された
そうです。

 もうガンの事など忘れていた20年後に、まさかの
再発。

 詳しく検査してもらうと、すでに脳細胞に転移
している、と言う。

 それからの進行は早く、徐々に身体の自由が
効かなくなってきました。

 病院に入院して治療を受けていたのですが、
「どうしても自宅に帰りたい!」と言い張って、
看護師さんと喧嘩して、今回の一時帰宅となった
そうです。

 Bさんの奥様

  「今まで人と喧嘩したり、怒鳴る事などなかった人が、
           いつも苛立って怒りぽくなってしまった・・・」

 「あの穏やかだった人がどうして・・・
             信じられない・・・・」


 Bさんは、以前にガンの手術をしておりますので、
ガンの再発は知っております。

 急な自分の身体の変化に、そして自分の限りある
命を知り、気持ちがついていけないのかもしれない。

 その心の葛藤は知る由もありません。

 一時帰宅ですので、また病院に帰って治療を
受けるのですが、できるだけ安らかな一日一日
を過ごしていただける事を願うしかありません。

      『追記』

 十数年前、亡くなる前日に

   「もうこれ以上がんばりたくない・・・」

 と言って、お世話になった人達に

      「ありがとうございました。」

 と言って、亡くなって逝った母。

 そして8年程前、末期がんでホスピスに入院していた
お客様が、亡くなる数日前に

   「いろいろと親切にしてくれてありがとうございました。
         とても嬉しかったです。ありがとうございました。」

 と、看護師さんに手伝ってもらい、お礼の電話を
かけてきてくれた。

 そんな事を思い出しております。


 人それぞれに、様々な生き方があると同じように、
様々な死に方もある。

 いつでも「死に方」を考えた「生き方」を
心に置いていけるだろうか・・・

 「武士道」の精神にはまだまだ程遠い
私です。


  『明日あると 思う間もなく 桜花』


 ありがとうございました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2009

ばかやろう、余計な事を!

  「運築(うんちく)川柳」


    ”働いて 動きづめでも はたらかず”


 「働く」と「はたらく」の違いがあります。

 同じハタラクでも、どこが違うのでしょうか?
え、漢字とひらがなの違いだけ?

 今日はそんな「働く」と「はたらく」の
違いを実感したお話です。

      『ばかやろう、余計な事を!』

 ある一言が、大変な騒ぎになる事があります。

 浅草の紳士服店に勤務していた時の事です。
いつも私を指名してくれるお客様のHさん。

 Hさんは大変にもてます。ご来店する時には
ベンツに乗り、一緒に連れてくる女性は美人。

 そしてお支払いはいつも現金。

 その筋の偉い方のパターンです。

 100万前後の現金をいつも持ち歩き、
高級車のベンツに乗り、そして連れている
女性はいつも美人。

 一緒に連れてくる女性も含めて、いつも
丁寧に接客させていただいておりました。


 たまたま私がお休みしていた時に、
ご来店したKさん。

 私がいなかったために、別の店員が応対したのですが、
それが大変な事に・・・

 大切なお得意様である事を知っている店員のMさん。
私と同じくらいのお店での経験があります。

 私がいつもやるように、二階の応接ソファにご案内し、
そしてコーヒーを運び接客。

 商品をご覧いただいての接客中に、お連れの女性に

  「先日はありがとうございました」

 と言ったのです。それを聞いた女性、むっと
した顔でHさんを見て

     『え、誰と来たの?』

 実はこの女性はHさんの本妻さん。何度か来て
おりますが、先日の女性は別の彼女でした。

 しばらくは、険悪なムードに・・・


 Hさん、慌てて何とか言い訳をして
どうにかその場は納めたのですが、後日
来店した時に怒る事怒る事。

   「ばかやろう!ちゃんと人を見て挨拶しろ。
              余計な事を言いやがって!」

 ただひたすら頭を下げて、お詫びするだけでした。


 その時その場の状況を判断して接客する。
なかなか難しい事です。

 「働く」は、身体を動かして、汗を流して
一生懸命に働く。そんな意味に思えます。

 「はたらく」は、それに心のはたらきも含みます。
思いやりだったり心使いだったりでしょうか。

 知らなかったとは言え、Mさんには心の「はたらき」
が足りなかったようです。

 女性同伴のお客様へのご挨拶は、男性客に向かって

  『いつもありがとうございます』

 です。


 現在の”便利屋”の仕事は、ただ一生懸命に「働く」
草刈・ゴミの処分などの仕事も多いのですが、「はたらく」
事が必要な事も多く有ります。

 どんな時にも「はたらく」心構えを
持って仕事をしたい、と思っております。

 ありがとうございました。

     『追記』


 この「はたらく」とても難しいです。自分はお客様の事を
考えてさせていただいた事が、お客様には「余計なお世話」
になってしまう事があります。

 今通っている病院の悪口を言うJさん。あまりにも
頻繁に言うので、他の病院に変えたほうがいいと思い、
他の病院を探してお連れしたのですが・・・

 てっきりそれ以来ご紹介した病院に行って
いると思っていたら、いつの間にかまた以前の
悪口を言っていた病院に通っておりました。

 う~ん。Jさんの本心は病院を変える事では
なかったのですね・・・

 まだまだ未熟。いつまでも勉強です。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2009

身体が動かない!


 「運築(うんちく)川柳」

    ”明日知れぬ 他人事は 自分事”

 もし私自身に困った事があったらどうしょう・・・

 そんな時に、自分で自分の会社に仕事を依頼
できるだろうか?

 まあ、これは例えです。

 いつも、自分に困った事があった時、自分の会社に
仕事を依頼できる、そのような意識で仕事をさせて
いただいております。

 急に困った事があった場合は特にです。

 今日はそんな、急に困った事があった
お客様のお話です。

      『身体が動かない!』

 朝9時になるのを待っていたかのように
電話が鳴りました。


  「すいません。病院に行きたいのですが、身体が自由に
            動かないので、介助をしていただけますか?」


 中年の女性の声です。通院介助の仕事は
いつもしておりますので

    『はい、大丈夫です。それで
            日時はいつですか?』

 そうお聞きすると

        「できるだけ早いほうがいいのですが・・・」

 どうやら急いでいるらしい。その日は仕事が入っている
ものの、急ぐ仕事ではない。

   『いつでも伺えます』

 と、お答えすると

    「それじゃ、病院に連絡して時間を確認して、
                またお電話させていただきます。」

 そしていったん電話は切れました。

 10分後再度電話が入る。病院に10時半の予約ができたので、
10時に来て欲しい、との事。

 その時に詳しいお話をお聞きすると

    「主人が今朝になって、急に身体が
            動かなくなってしまったのです。」


       「一週間ぐらい前から身体の具合が悪く、
               病院には通っていたのですが、原因が解らなくて・・・」

 通常こういう場合は二人で伺い、車に乗り込むまで
介助させていただくのですが

    「私もおりますし、多少は一人で動けますので、
                 一人来て頂ければ大丈夫です。」


 そのような奥様のお話でしたので、時間に合わせて
私一人で伺わせていただきました。

 そしてご自宅に伺わせていただき、いざ移動
する段になると・・・


 お客様のBさんは、70歳前後のご夫妻。一人娘さんは
遠い所に住んでおります。今は二人暮しです。

 ベットに座っていたご主人の肩を抱えて、玄関まで移動しようと
したのですが、これがなかなか動かせない。

   (ええ~・・・多少は一人で動けるはずなのに・・・)

 奥様も狼狽して

      「昨日までは、一人で動けていたのです・・・」

 奥様にも手伝っていただき
玄関先まで移動する。

 それから先は階段です。この状態だと、階段は歩行介助を
しても移動できない。危険です。

 そうなったら、ご主人を背負って降りるしかない。
幸いにご主人は体重が60k未満の様子。

 何とか背負って、車まで移動する事が
できました。

   (まだまだ体力は30代!?
        そう思うのは自分だけ(笑い))

 奥様もご主人も、あまりにも急な体調の変化に
現実が信じられないようです。

   「なんで・・・どうして・・・」

 そのまま急いで、病院に行かせていただきました。

  「病院からの帰りも、
      電話しますのでお願いします。」

 と言われたのですが、この状態で家に
帰れるかどうか・・・


 そんな心配をした通り、Bさんからお電話を
いただいたのは、夜の10時を過ぎておりました。


  「実は、詳しい検査をしてすぐに緊急手術が決まり、
            6時間の手術をして、今病室に入った所です。」


    「脊髄の病気のようで、遅くなっていたら
                身体が動かなくなっていたそうです。」

         「お世話になりまして、本当にありがとうございました。
               助かりました。料金のお支払いができなくてすみません。」

 そのようなお電話をいただきました。

   (お役に立てて良かった)

 その後の状況はお聞きしておりませんが、
つい先日までは元気に動いていたご主人。

 きっとまだ何がなんだか解らない状況だと思います。
一日も早い回復をお祈りしております。

 ありがとうございました。

     『追記』


 何で一週間前の診察で、病気が解らなかったのか?・・・
最初にかかったのは外科だったそうです。

 以前にもお医者さんから

     「原因不明です」

 と、言われた方の事を書きましたが、そう言われたら
患者さんはどうしたらいいのか・・・

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2009

え!そんな意味だったの・・・


 「運築(うんちく)川柳」


     ”時々の 初心忘れず ひと筋に”


 同じ漢字で読み方を違えると全く違う
意味になる事がある。

 またおなじ言葉でも、微妙なニュアンスで全く違う
意味になる言葉もあります。

 正反対の意味に取り違えたら大変です。

 今日はそんな言葉で失敗したお話です。

     『え!そんな意味だったの・・・』

 浅草の紳士服店で責任者をしていた頃の
事です。

 いつも来店すると私を指名して、一度に100万円以上の
買い物をしていただくお客様がおりました。

 特別のお客様でしたので、シーズン前の展示会でそのお客様
のためにだけ商品を注文する事もあります。

  (あ、この商品はMさんに似合うな。これに合わせて、
                 これをコーディネートして・・・)

 などと注文します。

 そしてシーズン近くになり、Mさんのために注文した商品が
入荷すると、Mさんに電話します。

    『Mさん、新しい商品が入荷しました。
          Mさんに合わせて揃えましたので、お待ちしております。』

 そしてMさんが来店すると、2階の応接セットにご案内し、
お取置きの商品をダンボールで運び、目の前で選んでいた
だきます。

 次から次に出す商品に、Kさんは

    「いいよ。いいよ。」

 と言って買ってくださいます。Kさんとお話しながら、試着しながら
選んでいただくのです。

 そしてお買いいただいた商品を、ダンボールに詰めて
送らせていただきます。

 そんな事があった後の数日後、Kさんから電話が
ありました。

   「この前送ってもらった商品。
            注文しないのが入っていたぞ。」


 (ええ~・・・みんないいよって言ってくれたのに・・・)


 その”いいよ”が問題だったのです。何点か買うかやめるか
迷った商品があったのですが、”いいよ”の言葉に、私は
「入れていいよ」の意味だと思ったのです。

 Kさんにとっては「入れなくていいよ」の意味
だったのですね。

 Kさん

   「まあ、誰かにあげるからいいけどな」

 Kさんはある組織の会長さんです。静かな声ですが、
重圧感があります。

    (わ~・・・しまった・・・・)

 身も心も縮む思いです。

 Kさんとは、それまでの信頼関係がありましたので、
この事ですぐに縁が切れる、と言う事はなかったのですが、
ちょっと慣れすぎてしまっていたようです。

 そんな心と態度を見透かしたKさんの
警告だったのかもしれません。

 もちろんそれ以降いつでも、初めてKさんにお会いした時の
緊張感を持ち、接客させていただくようになりました。

 様々な事を教えていただいたKさん、今は
どうしているのだろう・・・


        『追記』


 運築川柳の「時々」の言葉、皆様はどの
ようにお読みになりましたか?

 「ときどき」と読むか「ときとき」と読むか・・・

 その読み方で大きく意味が違ってきます。

 Kさんに教えていただいたのは、もちろん
「ときとき」の初心です。

 初心を忘れないように「ときどき」初心を思い出す
のではなく、その「ときとき」をいつも初心の
気持ちで事に当たる。

 今の便利屋の仕事にも「ときとき」の初心で
取り組ませていただきます。

 ありがとうございました。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com

    ウエルカムオフィス ビジネスサロン ヘイズ銀座 
         東京都中央区銀座3丁目4番6号 正隆銀座ビル4階
         Tel 03-3561-2250  Fax 03-3567-5007
          http://www.heiz.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »