« February 2011 | Main | April 2011 »

March 31, 2011

負うた子に教えられ!


 「運築(うんちく)川柳」


   ”応援の 言葉もデマと 真実(まこと)あり”


 自分では相手を元気付けでいるつもりでも、かえってこちらが
相手から元気を貰っている、なんて事があります。

 今回の大地震の被害地の皆様を拝見していると、
そんな気もしてきます。

 私の大切なガールフレンドで相馬の新地の旅館の女将、
ラッキーみほりんもそんな一人です。

 みほりんのブログ  http://asahikanok.exblog.jp/15740387/

 そして意外にも、この人からも元気を
貰いました。

 その人とは・・・


     『負うた子に教えられ!』


 地震のあった翌日の夜、ある人から電話を
貰いました。

 その人は北海道の千歳在住の自衛官Kさんです。

 大地震の呼び出しで出動し、いったん帰ってきて
またすぐに被災地に向けて出動する、との事でした。

 その束の間の時間をみて、被害を受けたとの報道があった
千葉に住む私に、安否の確認の電話をくれたのです。

 これから被災地に向かい、いつ帰れるか解らない時に、
わざわざ私の所に安否確認の電話をくれるなんて・・・

 Kさんは共通の知り合いである札幌在住の友人から


   「便利屋をやりたい、と言っている
             人がいるので紹介するよ。」


 と言って、昨年の一月に紹介されました。

 その後何度か、メールや電話でのやりとりを
させていただきました。

 今は現役の自衛官なので、自衛官を退官する2年後に
便利屋を開業したい、との希望です。

 今まで、「何年かしたら開業したい」と言う人で、それを
実現した人はおりません。

 本気でやりたい人は、すぐにでもとりかかります。


 そんな訳で、当初はとても厳しい事を言っておりました。
これだけ厳しい事を言えば諦めるだろう、と思ったのです。

 それでも諦めずに連絡してきます。どうしても私の
ような”便利屋”になりたい、との事。

 それでも私は甘い言葉などかけません。もっともっと
厳しい事を言います。

 それでもまだ連絡して来ます。


   「今から”便利屋”の開業に向かって、
            どんな準備をすればいいですか?」


 厳しい事を言っても、諦める気配がないのです。


  (この人、なかなか諦めないな。しつこいな・・・)


 などと思ったものです。(え?貴方に似ている?(笑い))

 そこへ今回の安否確認の電話です。


 もう負けました。脱帽です。私より偉い・凄い!

 きっとKさんだったら素晴らしい”便利屋”になる
と思います。

 私と一緒に”便利屋”の全国展開に参加したい、との
事です。


  「今回の大地震で、柏崎さんのような便利屋の必要性
              をますます感じます。一緒にやらせて下さい!」


 そんな力強い言葉もいただきました。

 教える何てとんでもない。共に学びながら「世のため・人のため・我のため」
に、はたらいて行けたらと思います。


 自分では大地震前と同じ生活をしていながら、ちっともがんばって
いないのに、相手にがんばって!なんて言っても心に響いて届きません。

 Kさんから学ばせていただいました。自分の夢の実現に向かって、
人に言うより自分自身ががんばります。


 北海道・千歳の皆さん。とても素晴らしい”便利屋”が
二年後に誕生します。楽しみにしていて下さい。

 それまで彼のお手本となれるよう、私も一生懸命に
努力精進いたします。

 Kさん、ありがとうございました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2011

まだまし・・・


  「運築(うんちく)川柳」


     ”幸福の 基準はどこに? 耐えられる!”


 大変な被害を与えた今回の大震災。その被害の画像を
見ると信じられない事ばかりです。

 そんな現実を目の当たりにすると、こんな事ぐらい・・・
と、元気づけられる事もあるようです。

 このお客様の場合も・・・


     『まだまし・・・』


 大地震の後の14日、あるお客様から
お電話をいただきました。

 そのお客様は二年ほど前に二階の雨どいの
掃除をさせていただいたBさんでした。

 まだ60歳代で元気な方でした。

 その後は何の連絡もありませんでしたので、元気に働いて
いる事と思っていたのです。

 電話の内容は


   「地震で物置が倒れて壊れ、隣との境の塀まで
              壊れちゃったんだ!何とかならない?」


 たとえ二年も経っていても、何か困ったことがあったら
電話をいただけるのは、とても嬉しい事です。

 そんなに遠くない場所ですので、空いている時間を
みて伺わせていただきました。


 お会いしてビックリしたのですが、二年前にお会いした
Bさんとちょっと印象が違う。

 その訳は後で解りました。

 とりあえず庭を拝見すると、それはそれは
大変な状態でした。

 4間ほどの大きな物置が大きく傾いて
倒れております。

 中の物はグチャグチャになって
おります。

 そのうえ、物置の重さで隣との境の塀まで
傾いて壊れております。

 今回の地震の凄さが改めて解りました。


 お客様の困りごとを何とかするのが
私の仕事。

 Bさんとお話をして方策を考えたのですが、その
話の中で衝撃の事実が・・・

 実はBさん、昨日の13日まで病院に入院されて
いたそうです。

 そして退院して帰ってきたら、このような状態
になっていた、との事。

 さぞビックリした事と思うのですが、Bさん本人から
そんな悲惨な感じは受けませんでした。

 かえって時折笑顔も見せて、なんか達観した
ような表情です。

 その訳は・・・


 Bさんの入院していたのは普通の病院では
なく癌センターだったのです。

 数ヶ月前に喉頭ガンである事が解り、その放射線治療の
ために入院していたそうです。

 どおりで以前と印象が違ったはずだ。治療のために
頭髪はすべてそり上げ、顔もふっくらとしておりました。

 それは顔がむくんでいたのか・・・


 また数日後に、治療のために入院予定
との事でした。

 その前に何とか方策を講じないと
いけません。


 物置は中の物も含めて解体処分する事に。

 知り合いの産廃業者さんにすぐ来てもらい見積もり
したのですが、金額が高かったので我が社で何とかする
事にしました。

 塀の修理は、これも知り合いの業者さんにすぐに
来てもらい見積もりをして、その業者さんに修理して
貰う事になりました。

 あまり時間に余裕のないBさんでしたので、すぐに
来てくれた協力業者さんに感謝です。


 作業は、Bさんが治療から帰って来た来月の初めに
する事にしました。

 普通だとこんな被害を受けると、不運を嘆いたり愚痴を
言ったりするのですが、Bさんは一言もそんな事は言いませんでした。

 ただ淡々と現実を受け入れている、そんな
感じです。時として笑みさせも・・・


 大地震の現実を目の当たりに見て、何か心の
中に変化があったのでしょうか。

 私ごときには、うかがい知る事もできません。

 Bさんのガン治療が順調にいって、元気に
回復される事を願っております。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2011

地震で夜のお客様が来ない!


  「運築(うんちく)川柳」


    ”自粛して 明日の活力 までなくし”


 私の周りにも、旅行の計画を中止したり、お花見を
中止したり、様々な自粛ムードがただよっております。

 お花見などして楽しんでいる場合ではない!
のでしょうか?

 ただ、桜の花を愛でて日々の苦労・疲れを忘れ、
明日への活力になる事もあります。

 日本人は、桜から明日への希望と
活力をもらうのです。

 でも、そんな自粛ムードが、このお客様の
ところまで・・・


   『地震で夜のお客様が来ない!』


 大地震から数日経ったある日、お客様の
Gさんからお電話をいただきました。


   「仕事をお願いしたいと言う
          人がいるのだけど来られる?」


 Gさんは隣町の駅前でカラオケスナック
を経営しております。

 まだ二年ほどのお付き合いですが、持ち家の
庭の草刈りなどの仕事を何度かさせていただきました。

 お話をお聞きすると、Gさんのお店のお客様らしい。

 その方の都合とこちらの日程を合わせて、
お話を聞きに伺いました。


 Gさんのお店でお会いして、詳しいお話を
伺いました。

 時期的に、地震関係の仕事かと思ったのですが、
仕事は庭木の手入れと処分依頼でした。


 屋根瓦の補修や雨などもあり、実際に仕事をさせて
いただいたのは25日になってしまいました。

 仕事は3人で一日がかり。かなり手間が
かかりました。

 植木が大きく成長し過ぎて、近隣の住民の皆様に
ご迷惑をかけている、との事です。

 最近は、このような理由での植木の手入れの仕事が
多いのです。

 お客様のご要望通り、しっかりと綺麗に仕事をさせて
いただきました。

 そして仕事を終えて、Gさんのお店に行って
代金のお支払い。


 Gさんのお店に行くと、お店の中はお客様が
数人入って、カラオケを楽しんでおります。

 先日の打ち合わせに行った午前10時頃にも、
お客様が入っておりました。

 Gさんに


   『忙しそうですね。すみません。』


 と言うと、Gさん


    「そんな事無いのよ。夜なんか地震の影響で
                全く人出がないんだから・・・」


 Gさんのお店は、午前の9時頃から夜中まで
営業しております。

 それくらい営業しないとやっていけない、
なんて言っておりました。

 それに日中のお客様はお酒を飲まない人が
ほとんどです。

 夜のお客様はお酒を飲みます。昼と夜では
客単価がぜんぜん違うのです。

 近隣の常連のお客様が多いようですが、なかなか競合も
激しくて大変なようでした。


 そんな中、お店のお客様に我が社を紹介していただき、
ほんとにありがたい事です。

 何とかお返しをしたいのですが、私はお酒を飲みません。
飲むと酒乱になる?訳ではありません。(笑い)

 昼間にカラオケをする時間もありません。
どうしょうか?・・・


 やはり、ご紹介いただいたGさんの顔をつぶす事のないよう、
仕事を一生懸命にするしかないのかな。などと思っております。

 ただいつかやっぱりお返しをしたいな。カラオケとお酒が
好きな方、今度ご一緒下さいね。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2011

「たった一言で」コンテスト入賞!


 「運築(うんちく)川柳」


    ”投稿を 忘れた頃に 入賞し”


 「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動と言うのが
あります。

   http://www.giveandgive.com/

 もう半年以上前の事なので、応募したのも忘れていたのですが、
「たった一言で」コンテストに応募しておりました。

 心に響いたたった一言を書いて送ったのですが、その
「こころにビタミン賞」に入賞したお知らせが昨日ありました。

 その一言はどんな一言だったのか・・・

 五年ほど前の日記に書いておりますので、それを
再掲させていただきます。

 それにしても何であれ受賞は嬉しい!
ありがとうございます。


=====================================


     「運築(うんちく)川柳」


     ”ありがとうの 言葉を残し 逝ったひと”


 こんにちは。”便利屋”ワン・ツウ・ワンの
和尚こと柏崎です。

 小さな吹けば飛ぶよな会社ですが、会社を始めて早8年。
9年目を迎えています。

 ここまで来られたのは、お客様初め家族・多くの
友人達のお陰だと思っております。

 多くのお客様との出会いがあり、その中に
一生忘れられない、忘れてはいけないお客様との出会い
がありました。

 「便利屋日誌」100回を記念して、今日は
そんなお話です。


     「忘れられない仕事」


 ようやくお客さまも少しずつ増え始めた、
会社創業3年目の5月の事。

 元気のない声で、一本の電話が入りました。


  「あの~。ちょっとお願いしたい事があるのですが・・」

     「病院に入院するので、手伝っていただきたいのですが・・」

         「そんな仕事もしていただけるのですか?」

 とのお電話でした。

   『はい。もちろん大丈夫です!』と、

 お答えして、日にちと時間と場所をお聞きする。

  でもまてよ。行く病院が癌センター・・・・


 当日お客様宅に伺うと、まだ入院の用意ができていない。
身体がつらくてあまり動けない、と言う。

 入院の用意を手伝いながら、お客様のお話を伺う。

 Kさんは、年齢が私と同じ事。横浜のデパートのブティックで、
トップセールスウーマンだった事。

 突然の肺ガンの発病と、それが骨髄に転移して
余命3ヶ月と言われた事などなど・・・

 とてもショックなお話ではあったのですが、ただただ
お聞きするだけで、仕事としてさせていただきました。

 それから何度かの入退院を繰り返し、その度に
お手伝いさせていただきました。

 時として、5階のマンションの部屋まで、足腰の
弱くなったお客様をおぶってお連れした事もあります。

 役所まで、介護の依頼にも代理で行きました。
でも、あくまで私の気持ちは仕事として
させていただいていたのです。

 ですから、他の仕事が入っている時には、ご依頼を
お断りする事もありました。


 余命3ヶ月と言われながら、気力でがんばってその年も
越した2月の中頃の事。

 地元の病院に入院していたKさんから、電話がありました。


  「また癌センターに転院するので、手伝っていただけますか?」


 と言う、仕事のご依頼の電話でした。

 予定表を見ると、その日のその時間は他の仕事が入っている。
申し訳ないが、仕方ない。


   『すみません!その日のその時間は仕事が入っていて・・』


 とお断りしたのです。

 その転院が癌センターの「ホスピス」である事を知ったのは、
しばらく後の事でした。


 Kさんの事も忘れかけていた3月始めのある日の午後。
事務所でくつろいでいた時、一本の電話が入りました。

 聞きなれない声でした。


   「あの、Kさんにお願いされて電話しているのですが、
          Kさんが貴方とお話したいと言うので代わります。」


 との、Kさんが入院している病院の看護婦さんからの電話でした。

     (え、Kさん?どうしたのだろう?)

 と電話に出ると、Kさんの辛そうな声が・・・


   「柏崎さん。私いま癌センターのホスピスに入院しているの」

        「柏崎さんに一言お礼が言いたくて・・・」

     「いろいろと親切にしてくれて、ありがとう。とても嬉しかったわ」


 と・・・


 一瞬、頭の中が真っ白になり、何を言っていいのか解りませんでした。
「ホスピス」からの電話。それは、もう自分の最後を覚悟した電話です。

 ただ『元気を出してください!』とか、言えませんでした。

 そして電話は切れました。


 慌てて次の日の朝、病院のホスピスまでお見舞いに駆けつけると・・

 付き添いをしていた、遠くに住むお姉さんが出ていらっしゃり


  「Kから柏崎さんのお話は聞いています。
        いろいろとお世話になり、ありがとうございました。」

    「今Kは、薬で眠っています。お会いできなくてすみません。」


 ガンの激しい痛みから、痛み止めの薬で眠っているようでした。

 もし目が醒めたら、「元気になってください」との伝言を頼んで
後ろ髪を引かれる思いで帰宅しました。


 それから三日後、事務所に電話が入りました。


  「Kの娘のMですが、母が昨日亡くなりました。」

    「何かあったら柏崎さんに相談するように、と
                言われておりましたので・・・」

  「母が大変にお世話になりました。ありがとうございます。
         また落ち着いたら、後日電話させていただきます。」


 とのお電話でした。

  その夜、私は眠れませんでした。

 俺は仕事として、Kさんの用事をさせていただいていた。
亡くなる直前に感謝の電話をもらうほどの事はしていない・・・

 なんであの時(ホスピスに転院する時)、仕事を変更してでも
Kさんについていってあげなかったのか・・・

 Kさんは、俺に一緒にホスピスに行って欲しかったのに・・・

 俺は、そんなにKさんに感謝されるような事はしていないのに。
仕事としてしか、していなかったのに・・・

 もう後悔の連続でした。


 あの時の「ありがとう」の言葉は、今も忘れません。

 それ以来、どんな仕事も、どのようなお客様にも、
心を込めて「一期一会・一会百生」の気持ちで接しさせていただいて
おります。

 でも人間、忘れやすいもの。特に私は。
時として、仕事が雑になる事が・・・

 そんな時に、あの時のKさんの「ありがとう」を
思い出します。

 きっと生涯忘れられない言葉です。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2011

いのちの尊さ


 「運築(うんちく)川柳」


    ”生かされて いるこの命 どう生きる”


 誠に申し訳ございません。今日は力仕事で
ちょっと疲れが出ております。

 通常の「便利屋日誌」をお休みして、何度かご紹介させて
いただきましたが、私の好きな言葉を再度ご紹介させていただきます。

 この言葉は、京都の中村菌化学研究所さんから送っていただいて
いた、船井幸雄先生の講演録の巻末に掲載されていた、作者が紹介されて
いない言葉です。

       いのちの尊さ


   「もっとも大切なものは、みんなただ」

      太陽の光 野や山の緑

     雨や川の水 朝夕のあいさつ

     神への祈り そして母の愛


  生きているということよりも、生かされている人生

 この日、この時、この場所が、私達の人生のすべて

     だから現在を大切に踏みしめて、

        感謝の心をもって

     世のため・人のために共に歩もう。


  生きているということは、だれかに借りを作ること。

 生きているということは、だれかに借りを返していくこと。

     だれかに借りたら、だれかに返そう

     だれかに、そうしてもらったら、

       だれかに、そうしてあげよう


    親切は人のためではなく、出会いである。


    人生は生きずりではなく、出会いである。

  たった一度の出会いにも、不思議な宿縁ありがたし。

    めぐりあいの不思議に、手をあわせよう。

         一期一会・一会百生

 ありがとうございます。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2011

必ず来てくれますね!


 「運築(うんちく)川柳」


    ”縁ありて 出会えし人の 有り難さ”


 会社員生活から独立して仕事を始めた
当初。

 買い物代行業として一万枚のチラシをポスティング
したのですが、なかなか仕事の依頼がありませんでした。

 ようやく来た仕事は、ホームセンターへの庭仕事
の道具の買い物でした。

 初めての仕事依頼であり、それはそれは
嬉しかったものです。


 そしてその後紆余曲折。多くの方々・お客様との
出会いがあり今があります。

 きっとご縁があっての出会いであったと
心より感謝しております。

 無数の人達の中から、一人のお客様との出会い。
文字通り、有り難い出会いです。

 このお客様の場合も・・・


    『必ず来てくれますね!』


 あの大地震から二日後の事。会社に
電話が入りました。


   「便利屋さんですか?地震で家具が壊れたので、
            その処分と片付けを手伝ってくれますか?」


 ご高齢の感じの男性で、声があまりはっきりいたしません。ちょっと
ろれつが回らない感じです。

 それでも話す内容は解りましたので、仕事を
お引き受けさせていただきました。

 ただ屋根の補修の緊急の仕事があります。仕事の
余裕ができる2日後の約束にしていただきました。

 ところがその約束が実現できなく
なってしまったのです。

 なぜ?・・・

 そのお客様のお宅は、我が社からちょっと遠い場所に
あります。

 隣の隣の市ですので、車で行くと30分
以上かかります。

 ご存じのようにガソリン不足。ガソリンを入れるのに
2時間・3時間待ちはざらです。

 それでも給油できない時もあります。

 それに道路もいつもより混み合って
おります。

 車のガソリンは半分もない・・・

 そこで誠に申し訳ないのですが、お客様に
お約束の日程を2日ずらしていただきました。

 多分その頃には、ガソリンも給油できる
だろう、と言う期待です。

 お客様


   「必ず来てくれますね。
         待っていますから・・・」


 お陰さまで何とか給油もでき、お約束の
当日にお客様宅に伺う事ができました。

 お伺いしたお客様は、80歳を過ぎているだろう
ご夫妻でした。

 ご夫婦二人暮らしのようです。電話をいただいた
ご主人は脳梗塞で倒れて闘病中との事でした。

 どうりで話す言葉がはっきりしなかった・・・

 地震で倒れて壊れた箪笥と、大型のアナログテレビ。
そしてもろもろの不用品。

 家具の移動作業も含めて、軽トラで半分ほどの品物を
処分させていただきました。


 とても感謝されたのですが、数多くの便利屋があるなかなぜ遠くの
我が社に電話をしていただいたのか、お聞きしますと


   「タウンページを見て、何となく貴方が
              信頼できるように思って・・・」


 う~ん、ありがたい。涙が出るほど
嬉しい。

 「出会いに不思議はない。」そんな言葉を聞いた
事があります。

  「またお願いしますね!」

 そのように言っていただいた
お客様。

 きっとこのお客様とも長いお付き合い
になるかもしれません。

 有り難い出会い・ご縁に感謝です。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2011

え?救援物資もう届いたの!


  「運築(うんちく)川柳」


    ”縁の下 誰かが支えて 生きている”


 今回の大震災で、様々な人達に一生懸命に動いて
いただいております。

 原発関連職員・自衛官・消防官・警察官・行政の
職員。数え上げたらきりがありません。

 皆様自分の身もかえりみず、それこそ命がけで取り組んで
いただいております。

 そのような方々に支えられて今の自分が
あるのだと、感謝の言葉もありません。

 ただこのような前線で動いていただいている
皆様だけでなく、見えない所でもがんばってくれてい
る人達もおります。

 ここにも・・・


    『え?救援物資もう届いたの!』


 11日の大地震の当日、福島・宮城に住む友人の
事が気がかりでした。

 なかなか電話も通じません。携帯は特に・・・

 テレビでは相馬の新地の壊滅状態の映像が
流れます。

 新地には私の唯一のガールフレンドが・・・
仙台もかなりの被害があるようです。


 どこからどのように連絡がとれたのかは解りませんが、
共通の友人達の日記・メールで安否が確認できました。

 仙台の友人は家族も家も無事なのだけど、食糧・医薬品
が買えないとの事。

 新地の友人は経営する旅館は流されたが、家族とも無事で
避難所にいる事。

 何はともあれ無事で良かった・・・


 早速メール・日記などに出ていた欲しいもの・不足
している物を揃えて送る事にしました。

 でも被災地には郵パック・宅急便は届かない・・・

 ところが少ない荷物だったら届ける
方法があったのです!

 定型外郵便というのがあって、それなら
届くそうです。

 これを教えてくれた友人に感謝
です。

 定型外郵便の規定で、縦・横・高さの合計が90センチ
以内で、重さが4キロ以内。

 そんなに多くの荷物は送れませんが、それでも
4キロはかなり送れます。

 荷物をこしらえて郵便局に持って行ったのが22日(火)。
そして届いたのが仙台には24日に、何と壊滅的な被害を受けた
新地には25日に届いたとの連絡がありました。

 う~ん、素晴らしい!さすがに郵便局!
郵便局の皆様は偉い!凄い!


  (ごめんなさい。他の運送会社の方も
           がんばっていると思います。)


 郵便局の皆様は、被災地に届いた郵便は流された家の
人の消息を探して届けている、とのニュースがあったような
気がします。

 その使命感には頭が下がります。ほんとに、こんなに
早く届けていただきありがとうございます。

 心より御礼申し上げます。

 またここ我孫子の郵便局でも、定型外郵便で届くように
大きさなどを丁寧にアドバイスしてくれました。

 こんな大変な時にこそ、ちょっとした親切が
とてもありがたく嬉しいものです。


 直接の知りあり・友人でなくとも、救援物資を送って
いただいた皆様。ほんとうにありがとうございます。

 これからも徐々に新地・仙台に救援物資が
届く事と思います。

 またご報告させていただきます。
ありがとうございました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2011

テレビがつまらない・・・


  「運築(うんちく)川柳」


    ”どこ見ても 同じテレビで つまらない”


 我が社にはご高齢のお客様が大勢いらっしゃいます。
地震後には、そんなお客様宅を順次訪問いたしました。

 80歳を過ぎているお客様はなかなか大したもの。
肝が据わっています。


  「瓦が壊れるぐらいで済んで良かったよ。
          全てを失った人もいるんだから・・・」


 不満や不安を言うご高齢のお客様は、
ほとんどおりませんでした。

 ただこんな事をおっしゃるお客様も
いらっしゃいました。

 それは・・・


     『テレビがつまらない・・・』


 大地震後4日程経ったある日。お客様のKさんから
お電話がありました。

 Kさんは90歳近い、一人暮らしの女性です。


   「ちょっと頭が痛くて・・・
        時間があったら病院へ連れて行ってくれますか?」


 ACの広告でオシムさんの放送があります。急な頭痛は
危険信号です。

 仕事の空いている時間を見て、早速かかりつけの
病院に行きました。

 病院に行き、血液検査やCTのレントゲンを
撮りました。

 そしてその診断の結果は・・・


  「何の異常もありません。
       心配する事はないですよ。」


 との、診断結果。

 う~ん・・・Kさんとのお話からこんな事が
原因ではないかと推察しました。


   「毎日余震が続くので、安心して眠れないわ。
         それにテレビも地震の報道ばかりでつまらない・・・」


 長く続く余震への不安と、好きな時代劇やミステリードラマ
を見られないので、ストレスが重なって頭痛になったのでは・・・


 Kさんにその事を言いますと


   「そうかもしれないわね・・・」


 と、診断に異常が無かった事に
安心したようです。


 被災された方には大変申し訳なくも思うのですが、
テレビだけが楽しみのお年寄りもいるようです。

 大地震の報道・情報も大切です。ただそればかりが長く続くと、
Kさんのような人も出てくるのですね。


 ところでKさんが、こんな事も
いいました。


  「もう少し地震が遅かったら、お風呂に入ってたわ。
                 良かったわ、裸でなくて!」


 Kさん寒い冬は、まだ暖かい日中にお風呂に
入るのです。

 我が社から歩いても15分ぐらいの所にある
Kさん宅。

 地震から30分ほどして駆けつけたのですが、
私もKさんがお風呂に入ってなくて良かった。(笑い)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2011

え!こんな物までないの?・・・


「運築(うんちく)川柳」


     ”突然の 主役になって あたふたし”


 大地震以後、多くの物が品不足になりました。

 コンビニ・スーパーからはラーメンなどの保存食
が無くなり、ガソリンは買えるまで長蛇の列です。

 まあまあほんとに見事に棚がガラガラに
なっておりました。

 しかし食料品やガソリンだけではなく、まさかこんな物
までが品不足になるとは・・・


   『え!こんな物までないの?・・・』


 大地震の翌日から、仕事の依頼・問い合わせの
電話が続きました。

 その多くが、屋根瓦が破損したのでその修理
の依頼でした。

 その他は、壊れた家具の処分や塀の修理、
留守宅の見回りなどの依頼です。


 当初はそんなに屋根瓦の修理の依頼が我が社に
あるとは思いませんでしたので、そんなに道具を
揃えませんでした。

 ところが、知り合いの方の紹介やお客様の紹介
などもあって、10軒ほどからの依頼があったのです。

 さ~て困りました。

 数軒分の屋根瓦補修の為の用具は揃えていたのですが、
10軒近くの分まではありません。

 そこで追加で用具を揃えるため、最初に予約して買った
ホームセンターに行きました。

 行ってビックリ!

 何とブルーシートの棚には在庫が全く
ありません。

 ブルーシートを留める布製の強力ガムテープ
までもが売り切れです。

 そしてそしてブルーシートの上に、重しで乗せる
土のう袋までないのです。

 ブルーシートや布製のガムテープ。ましてや
土のう袋など、そんなに普段使うものではありません。

 それが綺麗に棚から消えているのです・・・

 近隣の金物屋さんなどの売っていそうな所も
探したのですが、どこも同じ。在庫はありません。

 ある金物屋さんに聞いてみたら


   「被災地に優先的に回しているので、
         なかなかこっちまで回って来ないんだよ。」


   (なるほど・・・)


 何とかある在庫で、数軒分の補修はする
事ができました。

 二日後に再度補修の用具を探しに
行くと、何とあるお店にあったのです。

 そのお店は、最初に行った時には品切れの
お店でした。

 何で在庫があったのだろう?
お店の人に聞いてみると


   「待っていたんじゃ入って来ないから、
          直接問屋に行って持ってきちゃたんだよ。」


 まあ、普段からの問屋さんとのお付き合いを親密に
していないと、そんな事もできないでしょう。

 やはり普段からのお付き合いが大切
なのですね。


 ところで今回の場合、こんなに品不足の物がありながら、
便乗値上げしたお店・物は見かけなかったように思います。
あるのに出し惜しみもなかったよう。

 私が行ったお店全てが通常通りの価格でした。
オイルショックの時はこんな事はなかったような
記憶があります。


 まだ不足地味ではありますが、一時
程ではありません。

 大変な時こそ、その人・お店・会社・機関
の真価が表れるのですね。

 心したいと思います。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2011

え?こんなに安くていいんですか!


 「運築(うんちく)川柳」


    ”変わらない 姿勢貫く 商人道”


 千才一隅のチャンス。復興特需。この大災害をそのように言う
方もいるようです。

 結果的にはそのようになるかもしれませんが、
明らかにそれは間違っております。

 こんな時にこそ、近江商人の魂・江戸子の気風(きっぷ)
を発揮しないと。

 お客様のこんな一言が嬉しくも
ありました。


     『え?こんなに安くていいんですか!』


 あの大地震が起きた次の日の朝早く、
会社の電話が鳴りました。

 電話に出ると数年に一度ほど仕事の
ご依頼をいただくBさんでした。

 Bさんは一人暮らしの男性で、今年93歳に
なります。


  「すみません。屋根の瓦が落ちて
          危険なので何とかなりませんか!」


 仕事の依頼はなくとも、お便りを出したり、たまに
ご機嫌伺いに伺っております。

 何か困ったことがあったら、いつでも連絡下さい。
と言ってあります。

 大地震当日は自分の身の安全と家の中の事で手いっぱいで、
屋根の事まで気がつかなかったようです。


 取り急ぎ伺って屋根を見ると、瓦が壊れて
屋根に散らばっております。

 下まで落下した瓦もありました。


   (これは危険だ。即急に対処しないと・・・)


 本来なら屋根の修理業者さんに依頼して、修理してもらいます。
地元の信頼できる業者さんもおります。

 その業者さんに電話をしてみると、なかなか電話が
繋がりません。

 仕方ないので直接会社まで行ってみると、会社は
電話の応対でてんてこ舞い。

 取りあえず修理の依頼をしたのですが、何と
その時にはすでに100件待ち!

 そのままにはしておけませんので、我が社で屋根に
ブルーシートを架けて応急処置をする事にしました。

 でも私は高い所の作業があまり得意では
ありません。・・・(苦笑)

 知り合いの鳶さんに電話すると、この地震の影響で
電車が動かず休んでいる、との事。

 これはラッキー!

 そして、補修道具のブルーシート・強力なガムテープ・土のう袋
を開店早々のホームセンターに電話予約しました。


  (この早い予約が良かった。次の日に行ったら、
             これらの商品は全て売り切れでした。)


 そして全ての準備を整えて、鳶さんと一緒にBさんの
お宅に伺いました。


 約4時間ほどで、壊れた瓦を下ろし、ブルーシートを
架けて屋根の補修を終了。

 迅速な対応にとても喜んでいただきました。

 補修料金は3人で28000円。材料費を含めた
我が社の通常料金です。

 Bさん


   「え~!そんなに安くていいの?
         こんなに早くやっていただいて申し訳ない。」


 当たり前の事を通常のようにやっただけなのですが、
お客様に感謝されて喜ばれる事はとても嬉しい事です。

 地域密着・地元で長く仕事をして行くには
当然の事です。

 それにしても93歳のBさんの気丈さには
感服いたしました。

 散らばった家の中を、一人で全て片付け
ておりました。

 かえって元気をいただいたようです。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2011

春は必ず来る


 「運築(うんちく)川柳」


    ”人心の 惑いをよそに 春は来る”


 外は冷たい雨。ひと雨ごとに春がやってきます。
この雨は今までと違い、ちょっと重い雨です。

 とても慌ただしい日々でした。ようやく一段落。
まだそれでも処理しきれない仕事も残っております。

 今日は雨で一休みです。


 人として生まれて、その生き方を問われた
ような今回の大地震。

 他人の生き方・意見・批判・批評はどうでもいい。
自分自身の生き方を問われている。

 自分がどうするか、どう生きて行くか・・・

 人間そんなに簡単に変われるものではない。たとえ変わった
としてもそれを継続することは難しい。

 今まで通りにしか生きていけないかもしれない。
少しの間だけ変わるかもしれない。

 それは我(おのれ)次第。自分で決める事。


 春は確実にやって来ています。春の花々が
咲いております。

 桜の木もうっすらとピンク色に。

 どんな事があろうと、春は必ず来る・・・

 仕事がほぼ一段落してふっと心に
隙間ができます。

 言いようもない無力感・脱力感に襲われます。

 それでも私を待っている人がいる。

 元気を出してがんばろう!笑顔を忘れずがんばろう!


 迷いつつ「便利屋日誌」明日から再開させていただきます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2011

屋根瓦の崩壊


 皆様こんにちは。

 便利屋ワン・ツウ・ワン、便利屋おしょうネット
の柏崎です。

 大きな地震でした。まだ余震も続いております。
被災地の皆様は不安な夜をお過ごしの事と思います。

 被災地と言えば、ここ我孫子も被災地になります。

 屋根瓦が古い家で多く落ちております。

 昔の家は日本瓦を使っておりましたので、
重くて壊れやすかったのでしょうか?

 昨日は驚きで周囲を見回る余裕がなかったのでしょうか。
今朝になって、我が社には電話が次から次へとかかっています。

 その多くが屋根瓦の崩壊の連絡です。何とかならないか、
とのご相談の電話。

 早速知り合いに屋根屋さんに電話したのですが、
なかなか通じません。

 仕方ないので会社まで出向くと、留守番の奥さんだけが
いました。

 注文が殺到しているとの事で、屋根の修理ができるのは
3週間後ぐらいになってしまう、との事。

 仕方ないので、取りあえずは崩壊した屋根瓦を取り除き、
その上にブルーシートをかけておく事にしました。


 その作業で慌ただしく動いております。あと
数件の家の処理があります。

 数日は慌ただしい日々になりそうです。

 我が社のお客様は、高齢者の一人暮らしの方も多く
見回りに行っております。

 今のところは全員無事のようです。まだ今後
何があるか解りませんが、注意深く行動・見回り
させていただきます。

 そんな訳で、大変に申し訳ありませんが、「便利屋日誌」
を数日ほどだと思いますが、休載させていただきます。

 どうぞ宜しくお願いいたします。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2011

10年ぶりの再会と引っ越し!


  「運築(うんちく)川柳」


    ”時と共 荷物と体重 増えたかな”


 今日は久しぶりに都内での仕事でした。

 お客様の所に伺うまでの時間もかかりますので、
都内での仕事はめったお引き受けません。

 交通費・派遣料も1万円はかかります。それでも、
と言うお客様だけです。

 下見にも行きませんので、仕事を頼まれるのは
友人・知人がほとんどです。

 ただお客様の自己申告を信頼して行くのですが、
それが全く予想もしなかった事になる場合も・・・


    『10年ぶりの再会と引っ越し!』


 10年ほど前に、引っ越しのお手伝いをさせていただいた、
知り合いのBさんから、メールをいただきました。

 共通の友人もおりますので、たまにメールのやり取りなどを
してはいましたが、10年前の引っ越し依頼お会いしておりません。

 メールの用件は、今回も引っ越しのお手伝いの
依頼でした。

 10年前は知り合いの引っ越し業者さんと
一緒に行って作業しております。

 二人で3時間ほどの作業だった
でしょうか。


 Bさんのメールによると、荷物の量は前回の引っ越しと
そんなに変わらないようです。

 それでも念の為、大型冷蔵庫もある事だし、友人の”便利屋”さん
から一人応援に来てもらいました。

 まあ前回と同様なら、ちょっとぐらい荷物が増えていても
3人で3時間あれば十分にできる、と予定したのです。

 ところが伺ってみると・・・


 引っ越し先は同じマンションの1階上ですので、
そんなに苦労はないと思ったのです。

 ところがところが家の中に入り、荷物を見たらほとんど
荷造りができたおりませんでした。

 てっきり、引っ越し先へもう運ぶだけでいいと
思っていたのでビックリしました。


 10年も同じ家に住んでいれば、荷物も増えます。
でも自分では荷物は増えていないように思っております。

 また同じマンション内での引っ越しと言う事もあり、
安心してしまって荷造りが進まなかったのかもしれません。

 第一線で仕事もバリバリやっている人です。
片付ける時間もあまりなかったのでしょう。


 そんなこんなで、ほとんどの作業が終わったのが
午後6時半頃。

 何と予想の三倍近くの時間がかかって
しまったのです。

 もちろん費用も三倍近くに
なってしまいました。


 家に帰りついたのは午後9時を過ぎておりました。
朝6時半に家を出ましたので、約15時間です。

 朝は綺麗な富士山とスカイタワーを見られ、夜はライトアップされた
国会議事堂と東京タワーも見られました。

 それに予定外の作業料金もいただきましたので、
私に何の不足もありません。

 とてもありがたく感謝して
おります。


 それにしても、昨日の代理署名の仕事。お断りして
良かった!

 もし断っていなかったら、今日の作業は
できませんでした。

 いつも何かに守られている事を
感じております。

 ありがとうございました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2011

保証人になって!


 「運築(うんちく)川柳」


    ”付き合いも 面倒だけど いざの時”


 我が社では、お引き受けしない仕事が
三つあります。

  1、男女関係の仕事

  2、金銭関係の仕事

  3、法律違反の仕事

 です。

 これらの仕事は、他の仕事に比べてお金には
なります。

 仕事のご依頼も以前はかなり
ありました。

 でもお引き受けしません。

 なぜか?

 自分が喜んで仕事ができない、そしてお客様にも
結果的には喜んでいただけない仕事だからです。

 金銭関係に関連する仕事として、保証人になる
仕事もあります。

 トラブルになる可能性もあり、この仕事も
お引き受けしていません。

 今日お電話をいただいた、
この方の場合は・・・


      『保証人になって!?』


 お昼すぎを過ぎて休んでいた時、会社の
電話が鳴りました。


   「あの~すみません。便利屋さんですよね。
         どのような仕事もやっていただけるのですか?」


 電話の主は30歳代だろうと思われる、
若い女性でした。

 このようなお問い合わせの電話の時は、
ちょっと訳ありの仕事が多くあります。

 どのような仕事かお聞きしてみますと


   「マンションを借りる時の
         保証人になってもらいたいのです。」


 保証人の仕事はお引き受けしておりませんので、
お断りしようと思いました。

 そんな空気を察したのか


   「実は母に保証人になってもらうつもりで
            いたのですが、連絡がとれなくて。」


     「母には了解してもらっていますので、
            母の代わりに母の署名だけしてもらいたいのです。」

 私自身が保証人になる訳ではなかったのです。

 マンションの申し込みの締め切りが、郵送で明日の
消印までなのだそうです。

 自分と同じ筆跡ではおかしいので、他の人に
署名だけして欲しい、との理由でした。


   (それなら引き受けてもいいかな・・・)


 と思い、お客様の住所とご都合をお聞き
しました。

 ちょっと遠い場所です。交通費・派遣料の
方が高くなります。

 そうすると


   「それでは、私がそちらの会社まで伺います!」


 ただお客様の都合の良い時間をお聞きすると、
明日の午前中だと言う。

 明日の午前中は都内での仕事が
入っております。


  「解りました。それでは他の
         便利屋さんを探してみます。」


 と言って電話は切れました。

 彼女、その後どうなっただろう?・・・

 それにしてもこの仕事、結果的に引き受けなくて
良かったのだろうか。

    『追記』


 日本では保証人が必要な場合が
かなりあります。

 就学・就職・家の賃貸・金銭の借入、
まだまだあるかもしれません。

 あ、そうそう離婚にも立会人と言う
保証人みたいなものが必要なのです。

  (私は経験がありませんよ(笑い))

 なかなか保証人になってくれる人がいなくて、
苦労する方も大勢いるようです。

 そんな人達の為に、保証人を紹介する
会社があります。


 保証人になってくれる人と、保証人を探して
いる人を仲介斡旋する会社です。

 何の苦労もせずに、ただ保証人になるだけで
1万円~3万円ほどのお金が入ります。

 保証人を探している人は、5万円から
10万円を払うようです。

 ただこの仕事、そんなに甘いものでは
ありません。

 最近トラブルが急増しているようです。

 保証人になった人が、債務を残して蒸発
してしまうのです。

 その債務が保証人に請求されます。

  (こんなはずじゃ・・・)

 楽して稼げる仕事などありません。もしこんな仕事を
する場合は、それなりのリスクをかぶる覚悟が必要です。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2011

無駄な経験はなかった!

  「運築(うんちく)川柳」


    ”今あるは 遠き昔の 続きかな”


 この”便利屋”の仕事には、ほんとうに様々な
仕事があります。

 体力を使う仕事もかなりあります。今年63歳に
なる私ですが、その体力仕事も何とかこなしております。

 それはある時期に一生懸命に打ち込んだ
ある事が役だっているのかもしれません。

 それは・・・


     『無駄な経験はなかった!』


 粗大ごみの処分や引っ越しのお手伝いなど、
力仕事もあるこの”便利屋”の仕事です。

 体力維持のために、毎日トレーニングジムに
通っている!

 そんな事はまるでありません。(笑い)

 何とか63歳になる今年も、お陰さまで
元気に仕事をこなしております。

 何でそんな体力があるのか?

 まあ体力だけではありませんが、その力の元は遠い昔の
高校生時代に行っていたある事だと思っております。


 37年前、中学を卒業して入った高校はそれまで
全く想像もした事がない学校でした。

 カラスが鳴かない日はあっても、喧嘩がない日は
ない。そんな学校でした。

 ちょっと油断すれば弁当はなくなる、靴はなくなる。
何もしなくとも殴られる事もありました。

 入学してビックリしてしまったのですが、誰も助けて
はくれません。自分の事は自分で守るしかないのです。


 通常はそこで自分を守るために格闘技か何かを
習います。

 柔道・合気道・空手・ボクシングなどです。でも
私はちょっと違っていたのです。

 何とその当時では珍しかったボディビルのジム
に通ったのです。

 ボディビルとは、あのムキムキの筋肉マンの
事です。

 そこで高校生時代の3年間、徹底的に鍛えました。

 一週間に3回、3時間ほど。ジムに行かない日は
自宅で鍛えました。

 ジムでは100キロ~130キロぐらいのバーベルを
上げていました。

 毎日腕立て伏せ1000回、腹筋1000回、スクワット1000回。
今では信じられないような鍛錬をしました。

 首から上以外は、バットで殴られてもびくとも
しないほどになりました。

 お腹など、殴った相手がかえって拳を
痛めるぐらいでした。


 そんな事が、喧嘩が絶えない学校で役に
立ったのか?・・・

 ジムに通いだして半年ほど経た時、学校の授業で柔道が
ありました。試合形式でした。

 その時に対戦したのは、学校でも札付きの悪。
そいつをグウの音も出ないほど抑え込んだのです。

 襟を閉めれば落とせます(気を失う)。まあ、後の
事もありますので、そこまではしませんでした。

 多くの級友が見ている中での事です。それ以降、もう喧嘩に
巻き込まれる事も、因縁を付けられる事もなくなったのです。


 そんな身体を鍛えた3年間でしたが、高校を卒業すると
ジムも辞めて何のトレーニングもしませんでした。

 現在も特別な運動は何もしていません。それでも体力仕事を
何とかこなせるのは、この時の3年間が大きいのでは、と感じております。

 今でもその時の筋肉の元はあるようです。
脱ぐと凄い?!

 え?見たくもない(笑い)


 今考えますと、今までに経験してきた事で無駄な事は
何もなかった。そんなふうに思います。

 まさか高校生の時に、”便利屋”になるとは
夢にも思いませんでしたが。(笑い)


 それにしても、昨日の3時間あまりの雪かき
で腰の筋肉が痛い!(笑い)

 やはり普段からの鍛錬が必要かも
しれませんね。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2011

再び雪かき。新兵器登場!


  「運築(うんちく)川柳」


     ”ありがとう 一声かけて 雪溶かす”


 明け方から降りだした雨が、やがて
雪になりました。

 予報以上に激しく降りだし、あれよあれよと
言う間に5センチ以上積もってしまいました。

 我が家の家の前は急坂です。雪かきをしないと
登れません。

 雪が小降りになったのを見極めて
弟と早速雪かきです。

 雪かきの新兵器を準備して行きました。

 その新兵器とは?・・・


    『再び雪かき。新兵器登場!』


 今年二度目の雪かきです。前回の雪より
水分を多く含んでいて重い!

 さあて、今回は新兵器を使ってみました。


 こちらの雪かきには雪国の方達と違って、本格的な
雪かきの道具などありません。

 せいぜい角スコップやプラスチック製の
雪かきです。

 時として大きめのチリトリを使ったりしますが、
プラスチック製の物は、先が割れてしまったりします。

 時として雪の重さに,雪かきの柄が折れて
しまう事もあります。

 そこで、この新兵器の登場です。

 それはちょっと厚めのベニヤ板!

 このベニヤ板がなかなかの優れ物
なのです。

 あまり長いベニヤ板は、掻く雪が重くなってしまうので
だめです。

 せいぜい50センチから100センチ程の
ベニヤ板が一番です。

 そのベニヤ板で雪かきをしますと、これが綺麗に
雪かきができるのです。

 スコップでやるより、早く広い範囲を綺麗に
できます。

 ぜひぜひ雪国ではない、たまに雪が降る地域の
皆様。お試しください。

 また、薄いくて軽い雪は圧力ホースの水で流しても
綺麗になります。


 今回はいつもお世話になっている神社さんにも
行って雪かき。

 ここにも坂があるので、夜の寒さで凍る前に
雪かきをさせていただきました。

 汗びっしょりになり、いい運動になりました。
帰って食べる夕飯が美味い!

 これでメタボにはならなくてすむかな?(笑い)


 雪かきをしている時に、通りすがりの人が「ありがとうございます」
「ご苦労様です」と声をかけてくれます。

 何も言わずに通り過ぎる人もおりますが、一声かけて
いただけるのがとても嬉しい事です。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2011

タクシー料金みたい!?


 「運築(うんちく)川柳」


     ”料金の 一つ一つに 歴史あり”


 現在の我が社の料金設定は、特殊な作業を除いて1時間
2000円、それに交通費・派遣料が5キロごとに1000円です。

 この料金にするまで、様々な試行錯誤があったのですが、
お問い合わせをいただいて、このような事もあります。

 それは・・・


    『タクシー料金みたい!?』


 電話での仕事の問い合わせがありました。


   「ちょっとした家具の移動をしてもらいたいのだけど、
                   料金はいくらぐらいですか?」


 この場合、お客様のご住所をお聞きします。


    「場所は○○なんだけど、仕事は
            1時間もかからないと思います。」


 お客様の住所は我が社からちょっと遠い場所でした。
だいたい距離にして15キロぐらいでしょうか。

 この場合、交通費・派遣料が3000円。作業料金が
2000円で、合計5000円となります。

 その事をお客様に伝えますと


   「なに?そんなにかかるの?それじゃいいや。
             1時間2000円だけだと思った。」


 そう言って電話は切れました。

 タウンページやインターネットからの仕事の
依頼ですと、このような事が多くあります。

 申し訳ないのですが、仕方ありません。


 開業当初の料金設定は、買い物代行でしたので1件500円。
買い物代行ではやってはいけませんでした。

 そして”便利屋”となり、代金は30分1000円。交通費・派遣料込
の料金でした。

 この料金ではとても苦しくてやっては行けず、改定しました。
一時間以内2000円。追加30分ごとに1000円。

 これで何とかやっていけるようになったのですが、
ある時遠い地域のお客様から仕事の依頼があったのです。


 車で行ってお客様宅まで約1時間。仕事は1時間以内で2000円。
往復2時間かかり、2000円の仕事です。

  (う~ん・・・これではやってはいけない。できるだけ近隣の
お客様の仕事を多くしよう。)

 と思って決めたのが、現在の5キロごと1000円の交通費・派遣料
です。

 だから現在は近隣の地元のお客様がほとんど
になりました。

 「交通費・派遣料がかかってもいい」と言うお客様からの
ご依頼だけをさせていただいております。

 たまに都内近辺の友人やお客様からの仕事の依頼があるのですが、
その場合は交通費・派遣料で1万円をいただいております。

 作業代金より交通費・派遣料の方が高くなって
しまう場合もあります。

 それでも納得していただいての仕事です。

 「時間・距離併用料金」。まるでタクシー料金
みたいですね。(笑い)

 ただし深夜や早朝の割引・割増料金は
ありません。(笑い)


 試行錯誤で決めた料金です。これでも他の便利屋さんより安い
料金設定のようです。

 「ハッキリした料金設定で、安心して頼める。」そんなお客様からの
声もいただいております。

 現在の所、当面は料金改定の
予定はありません。


 ただ市役所や介護施設からの依頼などの
場合は、この料金設定は当てはめません。

 それはなぜか?お金が払えない人・ない人
の仕事依頼が多いからです。

 ボランティアではないので、お金はいただきます。
ただビジネスオンリーでもないのです。

 「ビジボラ」の、今までにない新しい形の”便利屋”の
仕事だと思っております。


 ※「ビジボラ」とは私の造語で、ビジネスとボランティアを
併せ持った仕事の事です。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2011

胃腸が丈夫でないと務まらない仕事!?


 「運築(うんちく)川柳」


    ”美味しい顔って どんな顔? いいお顔”


 仕事の一つに、お客様とお食事をごいっしょに
する、と言うのもあります。

 美味しい料理も食べられて、とても嬉しい仕事
ではあるのですが、その為にはこんな注意も
必要になります。

 それは・・・


   『胃腸が丈夫でないと勤まらない仕事!?』


 病院の付き添いの帰りに、食事もご一緒にさせていただく
事があるKさん。

 病院の診察時間のかかり具合によって、食事をする
時間も違ってまいります。

 またKさんの体調の悪い時には、食事をしないで
そのまま帰ります。

 その時の状況によって違いますので、いつも私の昼食は
自宅で済ませてから行きます。


 通常は診察を終えて食事に向かうのは
だいだい午後4時過ぎになります。

 12時にお昼を食べて、4時にまた食事をするのは
まだちょっとお腹が空いておりません。

 それが今日の場合は特に・・・


 思いの外病院が空いておりまして、診察が終わりましたのは
午後3時頃。いつもより1時間も早い。

 Kさんにこれからどうするかお聞きすると、食事に
行きたいとの事。

 一人で食べる食事はあまり食が進まない、と
おっしゃっているKさん。

 ご一緒に近くのファミレスに行きました。


 12時に昼食を食べておりますので、あまりお腹は
減っておりません。ちょっと胃腸の調子も良くありません。

 できたらお茶だけや、軽いうどんやおそばなどを食べたかったの
ですが、Kさんの希望したメニューは


  「もう時期も終わりになるから、
         カキフライ定食を食べたいわ。」


 との事で注文しました。私ももちろん同じ
物を注文します。


  (え?違うものを注文すればいいのでは?ですか)


 そんな時もありましたが、そうするとKさんも
私と同じ物を頼むのです。

 あくまで同じものいっしょに食べる
のです。

 なぜ?・・・


 その食事の事も、話の話題に
なるからです。


  「今日のカキはあまり美味しくなかったわね。
           ご飯もいつもより美味しくない。」


 そんな会話もします。同じものを食べる
からできる会話です。

 お腹がいっぱいであろうと、美味しく全て
いただきます。

 私にはもともと好き嫌いがありませんので、
何でも食べられます。

 ただ食べた後が・・・


 お腹がいっぱいで苦しくなりますが、そんな顔を少しも
見せずに家に帰り、胃腸薬を飲みます。(笑い)


 芸能人にも、食べる事を仕事としている人が
おります。

 いつも美味しそうな顔で食べております。
あれは演技か?・・・

 などと思ってしまいますが、何となくほんとに
美味しく食べているかどうか解るものです。


 何だかんだと言いながら、好きなカキを全て
食べて満足したような顔のKさん。

 良かった!

 この”便利屋”の仕事。胃腸が丈夫な事も
大切なのかもしれませんね。(笑い)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2011

入試問題漏えいにみる知識と智慧


 「運築(うんちく)川柳」


     ”知識だけ 現場で役立つ 智慧はなし”


 入試問題の漏えいがニュースになり、犯人も
捕まりました。

 犯人はとても頭が良く優秀な学生だった
と聞きます。

 知識も知恵もあったのだろうと思いますが、
その使い方を間違った。

 そこで知識と智慧を考えてみました。


  『入試問題漏えいにみる知識と智慧』


 ”便利屋”の仕事を初めて14年目になります。
その間に様々な経験をしました。

 嬉しい事もあり悲しい事もあり、失敗する事も
成功する事も、感動する事もありました。

 その全てが私の今に生きております。ただそれを
仕事のマニュアルにはできません。

 我が社には仕事のマニュアルがないのです。

 よく聞かれたり言われます。


   「仕事のマニュアルはないのですか?
          もしあるなら販売していただけますか?」


 作ろうと思えば作れます。でもそのマニュアルは役に
立ちません。

 役に立たないマニュアルを売る訳には
いかないのです。

 なぜ役に立たないのか?


 私の経験を言葉で語り文章にしたとたん、それは聞く人・
読む人にとって知識になります。

 知識だけだったら、私より詳しい人が大勢おります。
インターネットで検索すればすぐに出て参ります。

 知識がいくらあっても価値がない時代
だと思います。


 現場に行くと、学んで知っている知識だけでは役に
立たない事が多くあります。

 同じ仕事でも、お客様・地域・日時が違えば、
やり方も違ってまいります。

 全く同じ仕事などないのです。

 そこには言葉では表せない智慧が
必要になります。

 それは現場で自分が実際に体験して、
身につけるしかないのです。


 ただ実際に体験して得た智慧を働かせればそれだけで
いいのか?と言うとそうはまいりません。

 「悪知恵」と言うのがあります。

 入試問題漏えいで逮捕された彼の場合、
知識も知恵もあったのだと思います。

 ただそれは「悪知恵」だった。知識・技術だけではなく、
本当に優れた智慧には「優れた人間性・心構え」が必要に
なります。

 人間性の向上の為に、長い経験の積み重ねをして、人間を好きになり、
他人との真剣な交わりが必要になります。

 「悪知恵」は相手をいかに自分の意のままに動かせるか
を考えます。

 そんな「悪知恵」は長く続きません。すぐに見抜かれて
しまいます。


 知識などあっても役に立たない時代にますます
なる事と思います。

 まだまだ私も修行中です。同志と共に実践体験しながら人間性を向上させ、
我も人も、そして社会も仕合わせになるような「はたらき」を目指して
まいります。

 逮捕された彼。まだ若いし優秀。これから実社会の経験を積み上げて、
社会に役立つ本当の智慧を発揮してほしいと思います。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2011

借りは作るな!


  「運築(うんちく)川柳」


    ”見返りを 求めて返る 益薄く”


 我が社には今多くの提携業者さんが
おります。

 自分でできない仕事は、いつも助けて
もらっております。

 仕事を紹介しても、ほとんどの場合は紹介料
を貰いません。

 それはなぜか?

 その基本姿勢は、浅草の紳士服店時代に教わった事
かもしれません。


      『借りは作るな!』


 浅草と言う地は、特殊稼業の人たち、とくに
やくざ屋さんのお客様が多い土地です。

 親しくなったお客様に、やくざ組織の大幹部の
方もおります。

 そのような人達に言われる事があるのです。
それは・・・


   「何か困った事があったら、いつでも言って来い。」


 お客様がやくざ屋さんなので、たまにトラブルがあります。
そんな時には顔が効くやくざの幹部に仲介に入ってもらうと
もめごとも納まるのです。

 お店によっては、そんな用心棒みたいなお客様も
いるようです。

 でもある親しい親分さんから言われた事が
あります。


  「やくざに借りをつくるな。後が怖いぞ!」


 一度借りを作ると、それに対してお礼や気遣いが
できます。

 無理な注文にも、断れなくなります。そこをうまく
利用するのがやくざです。


 まあ、やくざ屋さんだけではなく、できるだけ人様からの
借りをつくらないようにしたいものです。

 できるだけ、自分で解決できる事は自分でする。できない
事でも、一生懸命に取り組む。

 そうすれば誰かが見ていて、こちらから頼まなくとも
手助けしてくれる。

 そんな姿勢を教えてもらいました。


 その事は後に、経営コンサルタントとして名高い船井幸雄さんから、
「ギブアンドギブン」としても教えてもいただきました。

 貸しは作っても借りを作らないで、相手の見返りも求めず、
与え続ける。

 そんな教えだったと思います。

 やくざ屋さんと著名なコンサルタント先生の
同じような教え。

 トップになる人には、共通な思想が
あるのかもしれませんね。


 船井先生、やくざ屋さんと同列にして申し訳
ございません。(笑い)

   『追記』


 見返りを求めないで仕事を紹介します。見返りを求めないの
ですが、その今までの結果は・・・

 大手の下請けで仕事をしている職人さんも多く、自分の仕事として
やってくれれば丁寧ないい仕事ができる。

 お客様の信頼を得られて、また次の仕事に繋がります。

 技術的にも優れた職人さんが集まる
ようになる。

 こちらが困っていると、あちらから助け舟を
出してくれる。

 時として、”便利屋”の仕事も紹介して
くれます。

 これが「ギブアンドギブン」なのだと
思います。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2011

やっぱり明るい笑顔がいいな!

  「運築(うんちく)川柳」


     ”言わずとも 明るい笑顔 好印象”


 第一印象が大事だ、とはよく言われて
おります。

 笑顔がいいのはもちろんです。

 ただ笑顔にも様々な笑顔があるような気が
しております。

 詐欺師は笑顔で近づいてきます。作り笑顔と
いうのもあります。

 悲しさが含まれた笑顔もあります。

 「しめしめ上手くいった!」なんて、ほくそ笑む
笑顔もあります。

 さて、このお客様の場合は・・・


    『やっぱり明るい笑顔がいいな!』


 先日の日曜日に、一時避難の引っ越しのお手伝いを
させていただいたMさん。

 今朝の8時過ぎにお電話をいただきました。


  (何か問題があったのかな?)


 と思っておりますと


   「すみません。運んでいただきたい荷物が
          追加で出てきたので、運んでいただけませんか?」


 とのお電話でした。

 まだ引っ越しなさっていなかった
ようです。


 今日の予定は10時まで仕事があり、その後に
午後1時から仕事が入っております。

 先日のお手伝いの距離と時間を考えると、何とか
10時から午後1時までの3時間で済みそうです。


 10時までの仕事を終えて、11時頃にMさんのお宅に
伺わせていただきました。

 4つ程の荷物を運ばせていただき、Mさんに
先日のお礼とご挨拶をいたしました。


   「息子さん、とても親孝行でいい息子さんですね!」


 と言うとMさん、今まで数回お会いした時には見せた事も
ない明るい笑顔で


   「そんな事はないわよ」


 と、嬉しそうに照れながら答えて
くれました。

 その笑顔の素晴らしかった事!


 かって、ご主人も元気にご家族で生活していた時には、
きっとこんな明るい笑顔いっぱいの家庭だったのだろうな・・・

 そんな事を思いながら、引っ越し先に
荷物を運ばせていただきました。

 またそんな日がきっと来る。

 Mさん、今日のような明るい笑顔をまた
見せてくださいね。

     『追記』


 私、よく言われます。


  「貴方は笑うと笑顔がいいのだけど・・・」


 そうなんです。黙っているとちょっと付き合いづらい、怖い顔
に見えるかもしれません。

 「悪人顔」なんて言われる事もあります。(笑い)

 いつも明るい笑顔でいられるように精進
しないと・・・


 ちなみに、私なりの「作り笑顔」「下心がある笑顔」と、心からの
「明るい笑顔」の見分け方は?

 相手が予想もしないような質問を投げかけるのです。そうすると一瞬でも
真顔が出るような気がします。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2011

解体・新築できない家!?


 「運築(うんちく)川柳」


     ”家建てた 嬉しさ勝り 後を見ず”


 20年後・30年後の日本は、世界は、地球は
どうなっているのだろう?

 こんな大きな事は考えなくとも、自分の身近で
考えなければならない事があります。

 もし家を建てたとしたら、その家の20年・30年後
の環境はどうなっているのだろう・・・

 この事を考えて家を建てないと大変な
事になります。

 このお客様の場合は・・・


    『解体・新築できない家!?』


 何度か仕事のご依頼をいただいた
事のあるDさん。

 先日お電話をいただきました。


   「柏崎さん。お願があるのだけど、どこか家の解体を
                してくれる業者さんを知ってますか?」


 我が社は零細企業ですので、家の解体まではできない
事はご存知です。

 でも困った事があれば何とかしてくれるのでは、
と思っていらっしゃるようです。

 詳しいお話をお伺いしますと


   「一人暮らしの姉が体調を崩して
           ある施設に長期入所している。」


    「住んでいた家をそのままにしておくのは
           もったいないので、解体して更地にしたい。」


 そのようなお話でした。

 築30年ほどの家なんですが、お姉さまはもうこの家には
帰れる状態ではないようです。


 相談されれば何とかするのが私の
仕事です。

 様々なネットワークがあります。もちろん家の解体業者さんも
そのネットワークには入っております。

 何度か一緒に仕事をして、仕事は確実で
信頼がおけます。

 早速電話をすると、ちょうどその日には
用事で近くに来ているとの事。

 仕事帰りの午後5時に待ち合わせをして、
お客様と私と業者さんとで、現場を見る事にしました。


 素早い対応に、Dさんには大変に喜んでいただいた
のですが、現場に伺ってみての結果は大変な事に・・・

 解体業者のRさん。現場を一目見て考え込んで
おります。

 細い路地を入った所に建っている家です。
回りは家に囲まれております。路地の幅を測って・・・


   「う~ん・・・これじゃ軽トラぐらいしか
           入らないね。2トントラックは無理だ・・・」


 解体の為の重機やトラックが入れないと、仕事に
なりません。

 40坪ほどの2階建ての家です。解体するのには
重機とトラックは欠かせません。

 しばらく考えた後にDさんと相談して
おります。

 何とか方法はないものか?・・・


  「手前の家を同時に解体すれば
           何とかなるんだけどね」


 Dさんにお聞きすると、解体する家の手前にある、道路に
面した家は、もう築40年ほど建っている平屋で今は
誰も住んでおりません。

 そこの家の持ち主さんは、いずれこの家を処分
する予定でいるようです。

 でもそれがいつかは解らない、との事です。


 何とかできる方法を考えたようなのですが、
結局はそれ以外は方法がない、との結論でした。

 Dさん


   「この家を建てた時には、道路に面した場所には
           家が建っていなくて車も入れたののだけど・・・」


 お姉さまも、30年後の環境までは
考えなかったようです。

 さてさて、この仕事どうなる事でしょうか・・・

 何とかRさんに良い方法を考えてもらえると
いいのですが・・・

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »