« February 2012 | Main | April 2012 »

March 31, 2012

失敗の後始末


  「運築(うんちく)川柳」


    ”間違いに 上塗りしても いずれ剥げ”


 嘘をいくら上塗りして隠しても、いずれは
ばれるものです。

 私もかって、そんな経験がありました。(笑い)

 今日はそんな、上塗りが剥げてしまった後始末
の仕事でした。

 その仕事とは・・・


   『失敗の後始末』


 数日前の事、お客様からお電話を
いただきました。


   「以前ポストに入っていたチラシを見たのですが、
           お風呂場の目地の修理などもできますか?」


 仕事の問い合わせでした。お客様のご住所をお聞きすると、その
地域にチラシをポスティングしたのは4年程前の事です。

 我が社のお客様は、我が社のチラシをいつか頼む時があるいから、と
いつまでも取って置いていただけるのです。ありがたい事です。


 お風呂場のタイルの目地修理は、仕事としては今までに
やった事はありません。

 それでも、お引き受けしました。それはなぜか?
自分の家のお風呂場の目地修理をしたからです。

 初めての仕事は、まず自分の家で試験的に
やってみる事はいつもの事です。


 さて、強風雨の中でしたがお客様との
お約束の日時です。

 こんな日には、室内での仕事は
とてもありがたいです。

 ご依頼のあったお風呂場に行ってビックリ!
目地が波打って所々が剥げております。

 古い目地の上に、コーキング剤を塗った
ようです。

 明らかに下手です。(笑い)業者さんがこんなに
下手にやるとは思われません。

 推測するに、どうやらご家族の誰かが
行ったのではないかと思います。


 こうなると古い目地材を剥がすのに
時間がかかります。

 せっかく綺麗に直そうとしてのに、
これでは失敗の上塗りです。

 時間はかかりましたが、古い目地材と上塗りの目地材の
両方を綺麗に剥がして、再度綺麗にコーキングしました。

 お客様からはとても喜ばれたのですが、やはり
手抜きの上塗りは良くありませんね。

 真っ当に、正直に、基本に沿って行うのが
やはり一番です。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2012

褒め殺しのお客様!


 「運築(うんちく)川柳」


   ”褒められて 解かっちゃいるが サービスし”


 お客様との会話で、お客様の事を褒める
事はあります。

 また、お客様から感謝の言葉をいただき、
褒められる事もあります。

 ただ、それがこちらが恥ずかしくなる
ほどになると・・・


   『褒め殺しのお客様!』


 タウンページからお電話をいただいた
お客様。

 息子さんが引っ越しした後に残った
家具・雑貨の処分のご依頼でした。

 初めてのお客様でしたが、様々な事を
お話します。


   「タウンページを見ました。あの言葉に
              感激して電話したのです。」

    「ご両親の介護を20年もおやりになっているのですね。
                 私も現在母の介護をしているので・・・」


 それからしばらく、介護のお話と私の事をとても
褒めてくれます。


     「他の便利屋さんには頼まないで、
            貴方にお願いしたかったの。」


 ただその後の言葉は・・・


     「どのくらいかかりますか?引っ越しでお金が
               かかったので、あまり払えないのです。」


   (んんん・・・褒められて値引きさせられるのかな?・・・)


 そんな事も思ったのですが、大体の廃棄物の量をお聞きして
見積もりを出させていただきました。

 もちろん、多少褒められたからと言って値引きはしません。
妥当な金額です。(笑い)

 このような場合、現地に行ってみると廃棄物の量が
お電話いただいた量より増えるのが一般的です。

 その時に再度料金を考える
事にしました。


 お客様とのお約束の当日、引っ越しした
後のアパートに伺いました。

 お会いしたお客様は、上品な感じの60歳前後の
女性です。


   「貴方がお話をした方ですか?お会いできて
            良かった。今日は宜しくお願いします。」


 とても感じの良い方です。部屋の中を見て、廃棄物の量を
見てみると、やはり電話でお話したよりかなり多くあります。

 お客もそれを承知のようでした。

 料金はそんなに値引きできませんが、やはりここまで
褒めらると多少は料金に影響します。(笑い)

 もちろん損するような事はないのですが、
感謝の値段でお引き受けしました。


   「すみませんね。これに懲りないで、今後とも宜しく
               お願いします。ご縁ができて良かった。」


 やはり何事も、苦情・文句を言うより、相手を褒めて
おだてた方が良いような気がします。

 私?私はそんな歯の浮くような褒め言葉は
言えません。愛想もありません。(笑い)

 そんな私だから、お客様の良いところを見つけて
褒めるといいようです。(笑い)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2012

お見舞いで看護師さんから「ちょっとお話が・・・」


 「運築(うんちく)川柳」


    ”冗談が 言える病院 長生きし”


 先日怪我で入院したKさん。時間が
ある時にお見舞いに行っております。

 ある日お見舞いに行くと、看護師さんが
こんな事を・・・


  『お見舞いで看護師さんから「ちょっとお話が・・・」』


 一日に二度も救急車で運ばれて、しかも
同じ病院であったKさん。

 今回はかなり強く打撲をしており、
しばらくの入院です。

 入院当初は何が何だか自分でも理解できないようで、
だいぶ混乱しておりました。

 高齢の事もあり、いつ何があるかも解らない、
と言われておりました。

 そんな折、お見舞いに行くと看護師さんから
呼び止められました。


  「すいません。ちょっと
         お話があるのですが・・・」


 一瞬、Kさんの状態が良くないのかと
思いました。

 まだ若くて可愛らしい看護師さん、
何を言うのかと思ったら


   「この名刺に書いてある、4つの
         引き受けない仕事って何ですか?」


  (・・・・・?????!!!!!)


 ちょっと唖然として戸惑ったのですが、可笑しく
なって笑ってしまいました。

 もちろん、丁寧に4つのお引き受けしない仕事を
お話しました。

 納得した顔で、ニコリと笑った
笑顔が可愛らしかった。(笑い)


 Kさんが入院した時に、緊急の連絡先として私の
名刺をお渡ししてありました。

 その名刺に、どのような困りごともお引き受けしますが、
4つの仕事だけはやりません、と書いてあったのです。

 それがどうも疑問だったようです。

 それにしても、何とも面白い看護師さん。きっとこんな
看護師さん達だったら、病人も早く治るかもしれませんね。


 ついでにKさんをお見舞いしてお話した時、頑固な
Kさんに


   「あれだけ頭を打って、レントゲンで異常が
          なかったのはKさんの頭が固かったのですね。」


 と、皮肉めいた冗談を言うと、Kさんもそれを
理解したようで


    「私は頭が固くて頑固だからね。」


 と、笑っておりました。どんな時にでも、
笑いや笑顔が出るのはいいものです。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2012

競争の時代から共生の時代へ


 「運築(うんちく)川柳」


    ”共生は 競争に勝る 生きる道”


 昨年4月からの一年間、地域の役員の仕事を
させていただきました。

 一年間の任期も後わずか。現在は次の役員の
方への引き継ぎに忙しい日々です。

 地域の為に活動している多くの人達
がいらっしゃいます。

 今後とも、出来る限り地域のお役に
立てましたら、と思います。


   『競争の時代から共生の時代へ』


 人間の本質は、競争して生きるより共生して
生きるように出来ているのではないか、と思います。

 難しい事は解りませんが、その方が楽で
楽しいようです。

 一年間の地域の役員の仕事でしたが、大変な事も
ありましたが、楽しい事も多くありました。

 40年以上この地に住んでいながら、まるで
知らなかった事もあります。

 今まで知らなかった地元の人達と知り合い、
協力して活動する。

 学ばせていただく事も多くありました。地域活動では
女性の力が大きい時もありますが、男性も活躍します。

 共にできる事で協力すると、とてもいい結果が
生まれます。

 一人の人の、強力なリーダーシップが必要な時も
ありますが、それはいつもではありません。

 あくまで、皆で協力して活動を行う
事でもめ事もなく活動できます。


 皆様もぜひ、まずは地域の為の活動に参加
してみませんか?

 きっと今までとは違う体験・経験が
できる事と思います。

 「競争の時代から共生の時代へ」。そんな
時代にして行きましょう。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2012

これは主人の仕事!


  「運築(うんちく)川柳」


    ”存在感 危険で辛い 時にだけ”


 皆様のご家庭では、家庭の中心は
どなたでしょうか?

 ほとんどの場合、奥様ではないですか?
ただ、こんな時にだけ存在感があるのがご主人。

 それは・・・


    『これは主人の仕事!』


 お客様のご紹介でお電話を
いただいたSさん。

 仕事は庭の草刈りのご依頼
でした。

 初めてのお客様です。そんな遠い場所では
なかったので、下見に伺わせていただきました。

 玄関前のそんなに広くはない庭です。芝生と
植木の庭に分かれております。

 Sさんのご希望予算は決まっておりますので、
その予算内にしなければなりません。

 そうなると、だいたい2時間余りで
仕事を終えなければなりません。

 広さから言うとちょっと厳しい面もありますが、お客様からの
ご紹介でもあり、お引き受けさせていただきました。


 さて、仕事のお話になった時、当然芝生も一緒に刈るの
かと思ったのですが、意外な要望が・・・


   「芝生は主人が芝刈り機でやりますので、
            芝生の間の雑草を抜いて下さい。」


   (んんん???・・・)


 そんな要望はめったにないと言うか、初めての
事です。

 通常は、芝生を刈りながら雑草も引き抜くか
刈ります。

 奥様のお話の様子から、どうやら芝刈りはいつも
ご主人の役目になっているようです。

 ただ芝刈りだけで、植木の庭の草刈りは
行わないようです。

 芝刈りが趣味で好きなご主人?(笑い)

 芝刈も結構力がいって、大変な仕事です。そんな
時にだけ、ご主人の存在感を示すのかな?・・・


 余談ですが、「ご主人様」とは言いますが、
「ご主婦様」とは何で言わないのだろう?・・・

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2012

危険な仕事?


 「運築(うんちく)川柳」


    ”吹っ飛んだ 布団を取りに フットワーク”


 高齢になると、ちょっとした事でも
危険になります。

 だから、こんな仕事の依頼もあるのです。


    『危険な仕事?』


 昨年胃腸の手術をしたTさん。余り
無理な事はできなくなりました。

 一人暮らしですので、ゴミ捨てや庭の手入れ
など、何か用事があるとお電話をいただきます。

 先日もこんな電話がありました。


   「柏崎さん。ちょっとお願いしたい事が
           あるんだ。危険な仕事なので・・・」


    (危険な仕事?・・・)


 どんな仕事の依頼かな?と思って
すぐに伺うと


    「ベランダに干した布団が
           風で屋根に落ちたんだ。」


 2階のベランダに干した布団が、クリップで留めて
なかったの、風にあおられて屋根に落ちたようです。

 ベランダの柵から屋根まではかなり高く、とても
Tさんでは取る事ができません。危険です。

 もちろん、このぐらいの作業は簡単なものです。まだまだ
私も身軽に動けます。(笑い)


 高齢になると、蛍光灯の取り換えですとか、高い所の
荷物を取る事などが危険になります。

 足を踏み外して怪我をした人を、
何人も知っております。

 このぐらいの事では、ご近所の方にも
なかなか頼みにくいものです。

 そんな時に、我が社の存在が役に
立ちます。

 何も、専門的な知識や技術がなくとも、人様の
お役に立つ仕事ができるのです。

 こんな小さなことでも、まだまだ困っている人達が大勢
おります。我が社の存在を知ってもらうのは義務のように
思います。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2012

一日二回の救急車!


  「運築(うんちく)川柳」


    ”いらだちが 諦めに変わる 不甲斐なさ”


 朝早く午前4時頃の事。私の携帯が
鳴りました。

 この時間には私は、毎日神社さんの
お掃除をしております。


  (間違い電話か?お客様に何かあったのかな?)


 と思い、電話に出てみると・・・


    『一日二回の救急車!』


    「警察です!」


 との電話でした。一瞬、何か私が悪い事をしたのかな?と
思ったのですが、身に覚えはありません。(笑い)


  「Kさんが怪我をしたので、すぐ来ていただけませんか?」


 Kさんは長いお付き合いのお客さまで、
一人暮らしの80歳代の女性です。

 身寄りはなく、緊急の連絡先は私になっております。
急いで駆け付けました。

 駆け付けてみると、Kさんはもうすでに
救急車で病院に運ばれていておりません。

 玄関内は流れた血で汚れております。
警察官に事情を伺うと


  「Kさんから緊急通報があって事情をお聞きしたら、
              誰か知らない人に石で殴られた、
                との話だったので事件だと思い駆け付けたのです。」

 (※我孫子市では、一人暮らしの高齢者宅にはワンタッチの緊急通報電話があります。)

   「ただ現場検証したら、襲われた形跡がないので・・・
              ちょっとお話を聞かせていただきませんか?」


 Kさんの日頃の生活・言動などをお話して、多分低血糖で倒れて
記憶がないまま混乱して電話したのではないか、とのお話をしました。

 低血糖で何度か倒れておりますので、その様子はよく
解ります。

 幸いな事に、Kさんも玄関に倒れて怪我をして、頭の後ろを数針縫った
だけで事件性もなく、午前6時頃には帰宅できました。

 意識もしっかりしており、レントゲンで脳にも
異常はありませんでした。

 一人で歩いて帰宅もでき、ご飯をしっかり食べて
寝るように言って、私も帰宅しました。

 これで一安心・・・と思ったのですが、それだけでは
終わらなかったのです。

 第二幕があったのです・・・

 夕方の午後6時頃、食事中に電話が
ありました。

 今朝怪我をしたKさんからです。


  「柏崎さん。大変な事になっちゃったの・・・
                すぐ来てくれますか?」


 Kさんの声は、もう泣きそうな声で慌てて
おります。

 取るのも取りあえず、急いで
駆け付けました。

 Kさんの家の中に入って、Kさんを見てビックリしました。
何とKさんの顔がお岩さんになっていたのです!

 額から血も流れ、大変な顔になって
おります。

 しかしながら、朝と違って意識もハッキリしております。
自分でこの状況を説明します。


   「外に干した洗濯物を取り込もうと思ったら、
               バランスを崩して庭に転落したの。」


 部屋から下の庭まで約50cmほどあります。そこから転げ落ちて、
庭石に顔面を打ちつけたようです。

 この状態ですと、救急車を要請しなければ
なりません。

 すぐに119番。そして、受け入れてくれる救急病院を
探していただき、そこへ運ばれました。

 その救急病院は何と朝の事故で運ばれたのと同じ
病院でした。診てくれた先生も同じ。

 診ていただいた先生もビックリしたのでしょうか、
ちょっと呆れた様子も。(当たり前かな)

 レントゲンの結果は、今回は切り傷や打ち身だけ
と言う訳にはいかず、目の周辺の骨が骨折していました。

 さすがに今回は帰れません。そのまま入院です。詳しく検査して
様子をみる事になりました。


 まあまあ、一日に二度も救急車で運ばれる
事はめったにありません。

  (そんなに何度もあったら困りますが・・・(笑い))

 Kさん、今度はさすがにショックだったようで、拒否していた
介護施設行きも、退院したら行く事を了承しました。

 一人暮らしはもう無理な事を自覚
したようです。


  「私なんかもう死んだ方がいいんだ。
              死にたかった・・・」


 まだ生きたくても生きる事のできない人も
おります。

 先日亡くなったFさんもそうでした。

 Kさんを諭して、元気になって退院するように
言って帰ってきました。

 90歳近くになって、一人暮らしの不安。
私も他人ごとではありません。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2012

見事な生き方でした・・・

   ”お別れは また会う時の 一里塚”

 この「便利屋日誌」にも、何度も登場いただいた
敬愛するFさんが、本日午前にお亡くなりになりました。

 昨日お見舞いに行ったばかりだったのに・・・

 目が見えなくなれば指圧を習い、指の力が弱くなり
指圧もできなくなれば指笛を習う。

 その指笛もできなくなれば、手話を習いそして
歌を歌う・・・

 リュウマチが悪化して歩けなくとも車椅子で
どこへでも出かけ、目が見えなくなっても人の
善意を信じてどこへでも車椅子で出かけました。

 どんなに困難と思われる時も決して諦める事なく、
今自分に出来る事を探して最善を尽くす人でした。

 とても見事な素晴らしい生き方でした。

 ライブ会場へFさんを背負って行った事も
何度もあり、その度に私が元気を貰いました。


 友人のMさんが海外公演から帰ってきて、一緒にお見舞いに
伺ったのが昨日の事。

 ガンの痛みに耐え、さすがのFさんも苦しそう
でしたがご挨拶はできました。

 Mさんの帰国をまっていたかのように・・・


 3月4日にお見舞いに行った時には、あまり動かない身体と
指で、五目御飯を作ってくれました。

 あの味は忘れられない・・・


  「お別れは また会う時の 一里塚」


 きっとまたどこかで会う事と
思います。

 それまでFさん、さようなら・・・
ありがとうございました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2012

やっぱり1階だ!


「運築(うんちく)川柳」


    ”階段を 怪談にしない 生活し”


 エレベータのないマンション・坂が多い地域はもちろんの事、
我が家でも2階に上がるのが大変になる時があります。

 年齢と共に、生活の拠点はやはり1階がいいようです。
このお客様の場合も・・・


   『やっぱり1階だ!』


 先日、再度の家具移動の仕事をさせていただいた
Bさんからお電話をいただきました。


   「柏崎さん。申し訳ないけど
      また家具の移動をおねがいしたいんだ。」


 最初は電動ベットを2階に入れるための
家具移動でした。

 その次は、その電動ベットを1階に入れるように
変更したための家具移動でした。


   (今回はどんな移動なんだろう?・・・)


 そう思いつつ、Bさんの予定を伺い
行かせていただきました。


  「柏崎さん。やっぱり1階で主に生活する事にしたので、
                冷蔵庫を1階に下ろして欲しいんだ。」


 2階の方が暖房もよく利いていて暖かく、
過ごしやすいそうです。

 それで冷蔵庫は2階にも置いて
あったのです。

 さて移動ですが、前回同様に用意周到なBさんです。
事前に寸法も計って、置く場所を決めてありました。

 お陰さまで、ほぼBさんの予定通りの
家具移動ができました。

 どうしても2階にいると、お客様の来客で1階に下りて
くるのも、トイレに来るのも大変なようです。

 喉頭がんの治療をしているBさんです。
体力がなくなってきているのでしょうか?・・・

 何でも手の届く範囲にするのがいいのか、
少しは動いた方がいいのか、難しいところです。

 しばらくしたら、また家具移動の
依頼があるかもしれません。


    『追記』


 身近な人で、ガンの方が何人かいらっしゃいます。

 先月亡くなった、友人でお客様であった
Sさんは前立腺ガンでした。

 今回のお客様のBさんは、喉頭がんです。近県に
住む姉は甲状腺がんで治療中です。

 そして今日は、友人のコンサートに車椅子で
一緒に行ったFさんのお見舞いに行ってきました。

 Fさんは膵臓ガンの末期です。今はガンの痛みとの
闘いです。

 痛み止めを使うと意識が朦朧とします。話しかけると
多少は解るようですが・・・

 人間は何で病気になるのだろうか?・・・

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2012

便利屋は役者!?


  「運築(うんちく)川柳」


    ”便利屋は その場演じる 役者業”


 「便利屋」の仕事って何なんだろう?様々な事を
思います。

 もしかして役者さんと似ている職業かもしれない、
などと思ったりもしました。

 (え!何で?・・・)


     『便利屋は役者!?』


 ある有名な役者さんが、こんな事を言ってました。

  「役者は何でもやるのではなく、何でも
       できなくてはならない、と自分に課しています。」

 (う~ん。いい言葉だ)

 と思うと同時に、これは”便利屋”にも言えるのでは
ないかと思ったのです。

 役者さんは、どんな役が来るか解らない。仕事の
依頼が来たら、どんな役でもやらなくてはならない。

 「俺にはこんな役はできない!」なんて事を言っていたら、
次からの仕事は来ないでしょうね。

 「そして何でもやる」の段階から「何でもできる」に進化
していかないとならない。

 そうなってから、本当に「名優」と言われるの
でしょうね。

 でも、この事を言った俳優さん、名優としての名声が
高い人なんです。やっぱり違いますね。


 様々な経験・失敗も重ねて、これは「便利屋」の
仕事にもぴったり合う言葉だと思った次第です。

 「便利屋」も、「何でもやる」仕事です。依頼された
仕事は、めったな事ではお断りしません。

 仕事を引き受けた以上、その仕事ができなくては
なりません。引き受けてから「できませんでした」
は一番の恥になります。

 もっとも、そんな恥をかきながら成長して
いくのですが・・・

 でもこの「何でもやる」から「何でもできる」に
なるのは、えらい遠い道です。

 この「便利屋業」を始めて14年。まだとてもとても・・・
一生、この「何でもできる」には到達しないかもしれない。

 それだからこそ、この役者さんはそれを
自分に課しているのでしょうね。

 時にはお客様の家族を演じ、時には植木屋さんを
演じ、そしてまた掃除屋さんを演じる。

 その役になりきり、演じきらなくてはならない。
どこまで演じられるかが、その人の力量となる。

 ただし、役者さんには仕事が来てからの稽古期間
があります。便利屋には稽古期間がありません。
ぶっつけ本番、なんて事も多くあります。だから
大変だけど面白いのかな。

 「何でもできる」事を自分に課して、「便利屋業」
に精進して行きたい、と思った次第です。

 ありがとうございました。


   「追記」


 「便利屋」って仕事は本当に不思議な仕事ですね。
これは日本だけにある仕事なのでしょうか?

 私が記憶・知るところによれば、1975年に放映された
日本テレビのドラマ「俺たちの旅」で、中村正俊演じる
カースケが仲間のオメダ・グズ六と始めた「便利屋」
みたいな仕事がその始まりのようです。

 ドラマでは、「便利屋」と言う名前は使っておらず、
「なんとかする会社」と言う名前だったようです。

 30数年前、まだ若かった私はこの番組を感動して
見たものです。中村正俊の歌も良かった。

 その私が、いまこうやって「便利屋」をやって
いるとは・・・人生解らないものですね。


 附則ですが、このドラマには私の敬愛する知人の
俳優、片岡五郎さんも出演していたようです。
(すいません、記憶があいまいで)

 (先日はその片岡五郎さんがキャストの「あさくさテレビ」
に出演させていただきました。
 毎週水曜日19時30分~20時30分の生放送です。)


 そして元祖便利屋と言われているUさんが、1978年に都内で
「便利屋」と言う名前で始めたのが最初と言われております。

 それが今では、大手のネットチェーンまででき、
その数は数万業者。

 ただ「便利屋」の基本は、「俺たちの旅」の
「なんとかする会社」の精神と今もかわらない
のでは、と思っております。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2012

見積もりに失敗?!


  「運築(うんちく)川柳・狂歌」


    ”ビジネスと ボランティアとの せめぎ合い”


 私の仕事はビジネスとしてやっております。けっして
ボランティアではありません。

 でも、ビジネスとしての利益の追求だけではできません。
しかし利益を抜きにしてのボランティアとしてもできません。

 その中間の仕事で、私の造語で「ビジボラ」
と名付けました。

 ビジネスとボランティア。常にその狭間を行っているのですが、
お客様との折衝で金額の見積もりで失敗する事があります。

 今回はそんなお話です。


     「見積もりに失敗?!」


 いつも、余り金銭的な余裕がなくて困っている
人の仕事のご依頼をいただく、福祉関係の仕事を
しているBさんから、ある時お電話をいただきました。


 「柏崎さん。ちょっとお願いしたい仕事があるんです。」

      「また今回もあまりお金を払えない人の仕事なんで、
                  ちょっと来てみていただけますか?」


 と言うお電話でした。

 早速、ご依頼いただきましたお宅に伺ってみると・・・・・


 車で30分程の、そのマンションに伺ってみると、
中は3DKの広さのマンションでした。

 一人暮らしだったとは思えない程、家具がいっぱいあります。
テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機・エアコン・ベット・洋服タンス・
布団だけでも6組ほど・・・

 一人でいる時に、高い羽毛布団も買わされたとか。
「この家具全てを処分してほしい。」とのご依頼です。

 まあざっと見て、4トントラック2台分ほどの家具。
押入れの中もいっぱいでした。

 通常は40万ほどの代金になります。それでその由を
説明して、それより低い値段の30万円の見積もりを出
しました。

 Bさん


      「まあ、困った!そんなにお金がないのよ。
                  20万ぐらいしか・・・」


 とおっしゃいます。

 その時に、

   『それでは、何とか工夫して20万でやります。』

 と言えばよかったのですが・・・

 Bさんの「それでは何とかします!」との言葉に甘えて
しまいました。

 本当の所は、20万円ですと分別回収してくれる提携の業者さん
にお支払いする処分金額がそれぐらいですので、我社の作業分・利益が
ありません。

 Bさんは我社を信頼してくれて、我社の出した30万円の見積もりを
「安くしてくれてる」と思っていただいたのです。

 でもBさん


 「だけど念のために、このマンションを専門に担当している
                別の便利屋さんにも聞いてみるわね。」


 と言われました。


 次の日にBさんから電話が入りました・・・

 「柏崎さん。今回の仕事は申し訳ないのだけど、
              別の便利屋さんに頼みます。」

      「実は金額が20万円でやってくれると言うので・・・」


 (ああ、しまった!それではうちも20万円で・・・)

       と言いかけたのですがやめました。信用をなくします。


 どう考えたって、あの荷物の量でリサイクル費用・作業代などを
入れると、20万円でできる訳がない・・・

 どんな業者さんで、どんなやり方をするのだろう?ひょっとして
不法投棄?との思ったのですが・・・

 Bさんに詳しくその業者さんのお話をお聞きすると


   「その業者さんは、お寺さんが副業としてやっている。」


 との事でした。

 そのマンションはだいぶ古くて、築20年以上経ちます。
高齢者の方が多くて、亡くなられて家具の処分をする方も
多いようです。

 亡くなられた方の葬儀が本業で、家具処分などの”便利屋業”は、
頼まれているうちに、副業として始めたようです。

 だから、”便利屋”としての作業では利益が度外視できるのです。


 (あああ、それでは正規の見積もりで勝てる訳はない!)


 我社は基本はビジボラです。ボランティアではありません。
残念だけど今回は仕方ないか、と諦めました。

 見積もりの設定は、様々な状況があり、なかなか
難しいものなんです。

 何か大きな仕事を依頼する時には、「あい見積もり」
と言って、何社かに見積もりを依頼します。

 その見積もり金額の判断をするのも、難しいのです。
安いからと言って、そこが一番いいとも言えません。
やはり最後は信頼・信用です。


     「追記」


 よく官公庁の仕事の受注で「1円受注」と言うのがあります。
どんなに考えたって「1円」で仕事ができる訳がないのですが、
その後の関連の仕事の事を考えて、「1円」で受注するのです。

 今回の場合、我社も利益を度外視して、もっと低い金額で見積もり
を出せば、次回の仕事の発注に繋がったかもしれません。

 その後、Bさんから同じような仕事のご依頼がないところを
みると、やはり信頼がうすれたのかもしれません。

 あの時Bさんが「20万円しかないの!」と言った時、それに
お答えしていれば良かったのかな・・・と、反省と後悔の念も出て
きます。

 でも、(安い値段で引き受けてくれる業者さんがいて良かったな)
と言う思いもあります。

 Bさんにまだ心から信頼していただるような我社でなかった事を反省し、
我社でしかできない仕事をしなければいけないな、と改めて思わせていただきました。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2012

いつかの時のために・・・


 「運築(うんちく)川柳」


    ”捨てないで いつか役立つ 時がある”


 家の中が片付かないのは物が捨てられない
からだ、とは良く言われます。

 ただ取っておくと役立つこんな
物もあるのです。

 それは・・・


   『いつかの時のために・・・』


 先日初めてお電話をいただいた
Xさん。

 仕事のご依頼は、いらないストーブ数個
と雛飾りの処分でした。

 お聞きしたご住所は、同じ市内ではありませんが
近い場所です。

 早速伺わせていただきましたXさん宅。
70歳前後と思われる仲の良いご夫妻でした。

 品物を運ばせていただき料金を請求したのですが、
思ったより安かったようで


  「その料金でいいのですか?」


 と、ビックリしておりました。我が社にとっては
適正料金です。

 さて、初めてのお客様にはいつもお聞きします。
どこで我が社の事をお知りになったのか?

 Xさん


   「だいぶ前にポストにチラシが入って
          いたので、それを取って置いたの。」


 まあまあ嬉しい事です。

 この地域にチラシをポスティングしたのは、確か
もう3年以上前になります。

 そんな前のチラシを取って置いていただけるとは、
本当にありがたい事です。


   「いつかお願いする時があるかと思って・・・」


 チラシには、それなりの取って置いていただける
ような工夫はしております。

 だけど私がお客様の家を片付ける時には、チラシや新聞は
まず捨ててしまいます。(笑い)

 今度お客様の家を片付ける時には、
考えないといけないかな?(笑い)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2012

ペンキを剥がすだけ?・・・


  「運築(うんちく)川柳」


    ”卒寿過ぎ 生きるお手本 教えられ”


 歳を取って一人暮らしになっても、
このように生きられたらな・・・

 ご高齢のお客様から、教えられる
事も多くあります。

 このお客様にも・・・


   『ペンキを剥がすだけ?・・・』


 年に数回、何か用事があると
お電話をいただくFさん。

 90歳を過ぎて、一人暮らしを
している男性です。

 最近は、90歳を過ぎても元気なお年寄りも
増えているようです。

 先日お電話をいただきました。


   「柏崎さん。また屋根のペンキを
           剥がしてほしんだけど。」


 二年ほど前に、屋根のペンキがだいぶ剥がれて隣近所に飛んで
いかないように、との事で剥がさせていただきました。

 本来ならペンキを塗り替えた方がいいのですが、
Fさん


  「もうそんなに長生きできないから、
         そこまでしなくてもいいんだよ。」


 そのようなお話をしておりました。


 Fさんは近くに子供さんが住んでいるのですが、
奥様をだいぶ前に亡くされてからずっと一人暮らしです。

 さすがに車の運転はしませんが、ご自分で自転車に乗って
買い物にも行きます。

 庭はいつも手入れがされていて綺麗です。
家の中もきちっと片付いております。

 そんなFさんがいつも心がけている事は、
近隣の方に迷惑をかけない事です。

 昨年の大震災で屋根瓦が落ちた時も、いち早く
我が社に補修の依頼がありました。

 90歳を過ぎての一人ぐらです。きっと不安もあるかと
思いますが、その立派な覚悟と生き方に頭が下がります。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2012

貴方に頼めば良かった・・・


  「運築(うんちく)川柳」


    ”便利屋の 本業は何 聞かれても”


 「便利屋」の仕事は実に様々です。どのような仕事も
お引き受けしております。

 ところが、そのような「便利屋」の仕事を
なかなか理解できないお客様もいらっしゃいます。

 このお客様の場合は・・・


   『貴方に頼めば良かった・・・』


 引っ越しする事が決まり、何度か家の中の不用品の
処分をさせていただいたAさん。

 先日最後の片付けに伺い、これからの
お話を伺いました。

 引っ越しの後は、リホームして綺麗にして他の人に
貸す予定だそうです。

 リホーム業者さんは、すでに入って
作業をしておりました。

 その後に清掃業者さんに、お掃除を頼んで
いる、との事でした。

 実は、リホームもお掃除も、我が社でも
行っております。

 その事はAさんにもお話をして
いたのですが・・・


 Aさん


   「リホームはこのマンションの業者さんがいるので・・・
              お掃除はある業者さんが営業に
                      来たので頼んじゃたのよ。」

      「貴方のところでも、お掃除はできるのよね。」


    (ちゃんとお話していたのに・・・)


 我が社はあまり強く営業はいたしません。お客様には、
このような仕事もしていますよ、程度の営業しかしません。

 どういう訳かAさん、その清掃業者さんには水回り
の掃除だけを頼んだそうです。

 家の中のはき添掃除・拭き掃除は頼んでいない
そうです。


  「はき掃除・拭き掃除は貴方の所にお願い
           するかもしれません。後日連絡します。」


 料金の関係で水回りだけの依頼になった
のかもしれませんが。

 それにしても、もう少し積極的に営業案内
しておけば良かったかな?・・・

 「便利屋」の仕事は、頼まれた仕事はどんな仕事でも
出来る限りお引き受けします。

 まだまだ、そのような「便利屋」の仕事を
理解されていないお客様も多いのかもしれません。

 反省しなけでばならない点です。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2012

急に歩けなくなって・・・


 「運築(うんちく)川柳」


    ”予期できぬ 病は突然 やってくる”


 何らかの前兆はあったのかもしれませんが、気にする事
もなく突然に病が襲ってくる事があります。

 本人にしてみたら、なぜだか原因が
解りません。

 このお客様の場合は・・・


   『急に歩けなくなって・・・』


 5年程のお付き合いになるHさん。毎年家の
お掃除などをさせていただいております。

 そのHさんから先日お電話がありました。まだ
お掃除には早い時期です。

  (どんな用事だろう?・・・)

 と、電話でお話を伺いますと


   「実は主人が急に歩けなくなって病院に行くのだけど、
                 付き添いをしていただけますか?」


 それは大変です。もちろん快諾して、Hさんが病院に
行く日時をお聞きして、伺わせていただきました。


 当日Hさんのお宅に伺うと、ご主人はベットの所から
動く事ができません。

 お話をお聞きしますと、数日前から急に
歩けなくなってしまったそうです。

 個人の病院から、大きな病院を紹介してもらい
行くそうです。

 Hさんのご自宅はマンションの4階です。とても
歩いては行けません。

 私がご主人を背負って、階段を下りて
車まで運びました。

 Hさんは体重は60キロまではありません。
そんなに重くなくて良かった。(笑い)

 道々にお話をお伺いしますと、原因が不明だ
そうです。

 それで大きな病院で精密検査をする、
とのお話です。


 同じように、ある日突然急に歩けなくなり、病院で原因不明と
言われたお客様が過去にお二人いらっしゃいました。

 お二人とも入院一年後には亡くなられたました。とても
心配な病です。

 幸いな事にHさんは入院もする事なく、数回の
通院治療で多少は歩けるように改善しました。

 良かった・・・


 同じような症状のお客様が亡くなられてから
数年経ちます。

 きっと原因の究明も進み、治療方法も
見つかったのかもしれません。

 自分だけは大丈夫と思っていても、いつ何がどんな事が
あるか解りません。

 運不運だけでは片付けられないと思いますが、
普通に生活できる事が普通ではない事を思います。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2012

温顔無敵!


  「運築(うんちく)川柳」


    ”温顔で 冷えた心も 暖かく”


 遠い昔、敬愛する経営コンサルタントの船井幸雄さんから
教えていただいた言葉があります。

  「温顔無敵」(おんがんむてき)

 どのような問題も、いつも笑顔の温かい顔で
いれば、必ず解決する。

 とても素晴らしい言葉でした。

 また仏教用語でこんな言葉もある事も
教えてもらいました。

  「和顔悦色施」(わげんえっしょくせ)

 優しいほほえみを湛えた純粋無垢な顔に接する時、
人は一瞬人生の苦労を忘れ、時には生きがいさえ感じる。

 自らの笑顔をもって相手の笑顔を
引きだす事。

 そんな意味かなと思います。


 被災地の友人の笑顔に接する時、そんな
言葉を思い出します。

 こちらが元気をもらいます。

 テレビで、被災地の皆様の笑顔を見る時、
なにかほっとします。

 「笑顔の裏には・・・」そんな事は一切思いません、
考えません。

 その笑顔を素直に受け取ります。

 笑顔でいれば、きっと困難も乗り越えられる。笑顔で
いればきっといいことがある。

 泣きたい時には泣けばいい。ただ、どうぞ亡くなられた多くの
皆様のためにも、笑顔を忘れないでください。

 合掌

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2012

親から子へ、子から孫へ


  「運築(うんちく)川柳」


    ”代々の 思いを繋ぐ 家具・机”


 転勤や就職・入学などで引っ越しをする人が
多い時期です。

 そんな時には、使わなくなった家具などの
処分の依頼も多くなります。

 それでも、このような依頼があると
嬉しくなります。

 それは・・・


   『親から子へ、子から孫へ』


 タウンページからお電話をいただいた
Cさん。

 お電話の内容は、勉強机を運ぶお手伝いの
ご依頼です。

 料金の問い合わせをいただいたのですが、我が社の
料金のご案内をして、一旦電話は切れました。

 それから1週間ほど何の連絡もなかったので、
他社に依頼したのだと思っておりました。

 それが先日お電話をいただいたのです。そして重ねての
料金の問い合わせです。


   「先日言われた料金以外はかからないのでしょうね?
               追加料金などはいらないのですね?」


 多分他社にも問い合わせて、料金の確認・比較を
したのだと思います。

 その結果、再度我が社にお電話をいただいた
ようです。

 もちろん、我が社の約束した料金に偽りはありません。
余計にかかる場合もご案内しました。

 そして、雨の中での移動となりました。

 お客様宅に伺うと、それほど大きくない学習机
がありました。

 伺った家は、Cさんのご両親が住む家です。学習机は
昔Cさんが使っていた机のようです。

 Cさんの実家から、ご自分の家に運び、子供さんが
使うようです。

 さすがに年月を経ていますので、多少は汚れて
おります。それでも傷はあまりありません。

 充分に今でも使える状態です。


 最近は、使わない家具はすぐに処分して新しい家具を
購入する方がほとんどです。

 このように、孫の代まで受け継いで使う事は
ほとんどありません。

 私も、できるだけ家具などは捨てないで、欲しい方に
差し上げております。

 このようなお客様がいらっしゃいますと、
嬉しくなります。

 末長く、親から子へ、子から孫へ。そんな受け継ぐ
事のできる家具が沢山あるといいですね。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2012

裏も考えろ!


「運築(うんちく)川柳」


   ”裏表 本音は裏に 隠れてる”


 久々に、前職の浅草の紳士服店でのやっちゃん先生
からの教えです。

 物事には全て裏がある。その裏も
知らないといけない。

 そんな教えでした。。


     『裏も考えろ!』


 特殊稼業の方々、特にやっちゃんさんを相手に商売を
していると、様々な事が起こります。

 ある時、販売した商品への苦情がありました。
その苦情とは・・・


   「ばかやろう、こんな品物を売りやがって!
             品物が破れていて恥をかいた」

      「どうしてくれるんだ!何とかしろ」


 ジャケットを販売したお客様なのですが、そのジャケットに
ほつれがありました。

 でもそのジャケット、かなり汚れております。だいぶ
着たような形跡があります。

 時期は、そのジャケットをもう着ない
時期でした。

 ほつれも、糸を一本わざと抜いたような
形跡でした。

 完全ないいがかりのようです。

 そんな時にあるやっちゃん先生の言葉を思い出します。


  「物事には裏が必ずある。裏まで考えろ」


  (う~ん。このいいがかりの裏は?・・・)


 お客様の真意を測ります。

 品物を取り変えて欲しいのか?修理すればいいのか?
それとも・・・

 この場合は、話をしているうちに相手が返金を
要求してきました。

 こちらから条件は出しません。あくまで相手から
の要求を聴きます。

 多分、さんざん着たのだけど、シーズンも終わりになって
必要がなくなったので、品物に難癖をつけての返金の要求
であったと思います。

 けちなやっちゃんです。

 この場合はもちろん即返金です。相手の裏の要求がわかった
以上は、相手もそれが通るまで引きません。

 長々と問題をこじらせるより、返金して即解決です。
もちろん、このお客様はブラックリスト入りして、二度と
販売はしません。

 こんな事は、日常茶飯事でした。この場合は、まだ
いい方です。

 相手の裏(本音の要求)が、なかなか解らない
事もあります。

 相手も、こちらがどこまで要求をのむ
のかを探っています。

 やっちゃんさんとの商売は、心理戦争でも
あったかもしれません。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   《執筆者》
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この感動をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/
       
柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2012

お豆腐屋さんの廃業!


 「運築(うんちく)川柳」


   ”仕事する 背中を誰か 見ているよ”


 地域の商店街が寂れて行く所が
多くなっているようです。

 我が家の近くの商店街も、空き店舗が
多くなっています。

 とても元気な商店街もあるのですが、
その違いはどこにあるのでしょうか?


   『お豆腐屋さんの廃業!』


 我が家は地域の商店を大切にして
おります。

 出来る限り、地元の商店で購入できるものは
購入するようにしております。

 そんなお店の一つにお豆腐屋さんが
ありました。

 このお豆腐屋さんは、地域では古くから店舗を
やっているお豆腐屋さんです。

 我が家でも20年来のお付き合いになり、我が家の前まで
軽トラで販売に来てくれます。

 スーパーで売っている価格より高いのですが、
味が違います。

 さすが大量生産ではなく、手作りです。
美味しい!

 そんなお豆腐屋さん。先日、こんな事を
言いました。


  「お豆腐屋を辞める事にしたんだ。後継ぎもいないし・・・」


 年齢は70歳前後でしょうか。息子さんはいるようなのですが、
お豆腐屋の後を継がないそうです。

 朝早く3時~4時起きの仕事です。冬は冷たく寒い。
本当に大変な仕事です。

 会社や学校にも納めているようですが、最近は価格の競争が
厳しいようです。値下げも要求されるようです。

 そんな父親の仕事を見ていると、後を継ぐ気には
ならなかったのでしょうか・・・


 現在営業している地域の商店でも、なかなか子供が
後を継がないお店が多いようです。

 地域の絆・活性化が言われている最近です。地域の
商店にはがんばっていただきたいと思いっています。

 それにしても、まずは親父さん自身が仕事を楽しく
生甲斐をもってする事が第一のような気がしております。

 子供は親の背中を見て育ちます。

 ひるがえって私は、「あの人のような便利屋をやってみたい!」と
言われるような姿で仕事をしているだろうか?

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2012

300ケース1万冊の本の行方は?!


 「運築(うんちく)川柳」


    ”捨てられぬ 私だけの 宝物”


 遺品の整理・処分などをお願いされる
事があります。

 亡くなった方の大切にしていた物も多くあるのですが、
その大半は捨てられてしまいます。

 このお客様の場合は、どうなるだろう?


  『300ケース1万冊の本の行方は?!』


 2年ぶりにお電話をいただいたGさん。いつも
ちょっと大変な仕事のご依頼をいただくお客様です。

 今回のご依頼は、ある倉庫に置いてある本の
移動依頼でした。

 Gさんはとてもまめで器用な方のです。自分でできるちょっとした
大工仕事や植木の手入れなどは自分でやります。

 だから我が社に頼んで来る仕事は、一人ではできない
力仕事などが多いのです。

 Gさんの言うには


   「倉庫に行ってどのくらいの費用で出来るか、
             見積もりをしてもらいたいんだ。」


 との事。

 本の移動に下見が必要と言う事は、ちょっと
覚悟して下見をしなければならない・・・(笑い)

 それもまた、ちょっとおかしな条件が
ついておりました。

 Gさんは現場に行かないので、不動産屋さんと
話をしてやってほしい・・・おかしな話です?

 その訳は後程解りました。


 さてGさんと価格の折り合いもでき、不動産さんとの打ち合わせをして、
倉庫から運び出す日時を決めました。

 運び出す本の量は、何と約300ケース1万冊程
と思われます。凄い量!

 不動産さんは、もうできるだけ早く運び出して
欲しい、と強く言います。

 翌日の朝早くから運び出す事になりました。その量からして
軽トラで2台分ぐらいでしょうか。

 運び込む先は、Gさんの現在住んでいる
家です。

 しかし翌日はあいにくの朝からの雨。雨では幌のない
軽トラは使えません。

 不動産屋さんの強い希望により、翌日には
延ばせない仕事です。

 仕方ないので、軽のバンで運ぶ事になりました。その結果
軽トラ2台分が軽バンで6台分に・・・


 まあまあさすがに大変でした。重い本を300ケースです。
それを家の中まで運びこみます。

 できるだけ腰を使わないで、お腹で運びます。
これがほんとの”腹芸”です。(笑い)

 Gさんが本を置くために空けた6畳の部屋が
いっぱいになりました。

 Gさん


   「なかなか思い出の本が多くて捨てれらない
               んだよね。私の歴史だから・・・」


 この運び出した本。4年ほど前にGさんの家から
一度あるアパートに運んだ本でした。

 そのアパートは、もう人が住んでいない
とても古いアパート。

 昨年の大地震で倒壊の心配ができた
ようです。

 ご近所の方からの苦情で、不動産屋さんが解体しようと
したのですが、Gさんがそれに応じなかったようです。

 そこで不動産屋さんが強制的に倉庫に
移動したようです。

 そんなトラブルがあっても、本には
罪がない。(笑い)

 この1万冊の本の今後の運命は
どうなることでしょうか・・

 多分行く末はゴミとして処分
されてしまう事でしょう。

 私も本の蔵書が多い。今のうちから
処分しないとなりません。

 でも購入しlた本には、私の
歴史が・・・(笑い)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2012

蛍光灯の取り付けができない?!


 「運築(うんちく)川柳」


    ”簡単な 仕事依頼は 難しい”


 蛍光灯が切れて、高いところは危ないから、との
蛍光灯の取り換え依頼はあります。

 しかし、低い所に付いている蛍光灯の取り換え依頼と
なると、どんな蛍光灯なのでしょうか?

 さてさて・・・


  『蛍光灯の取り付けができない?!』


 先日、お風呂場のドアの修理をさせて
いただいたGさん。

 数日後にお電話をいただきました。もしかしたら、
再修理なのかな?と思ったのですが・・・


  「すみません。蛍光灯が取り変えられなくて。
               やっていただけいますか?」


 Gさんは年齢的には60歳代。蛍光灯を取り換えるのに
イスに登っても危ない歳ではありません。

 まだまだ元気な女性です。それがなぜ?


   「机の蛍光灯を変えようと思って外したのだけど、
              それが入らなくなってしまったの。」


 机の蛍光灯?見てみないと解りませんので、仕事の
合間をみてその日に伺わせていただきました。


 Gさん宅に伺い、お部屋の机を拝見するとかなり
古い机です。

 机の前上に棚があり、その棚にくくり付け
となっている蛍光灯でした。

 机の上には雑貨がところ狭しと並んでおりますので、
なかなか蛍光灯の器具が見えません。

 首をねじりながら覗き込むと、普通の差し込み式の
蛍光灯ではなく、ねじって入れる蛍光灯でした。

 このねじって入れる蛍光灯。外すのは簡単なのですが、
慣れないとなかなかはめ込むのが難しいのです。

 まして蛍光灯の器具本体が見えない場所です。
手探りでやっても難しい・・・

 仕方ないので、机の上の雑貨を全てどかしていただいて、
身体をねじり、首をねじってようやくはめ込む事ができました。

 首が痛い・・・(笑い)

 この場合、グローランプも古くなっている事が
多いので、いっしょに交換します。

 Gさんにお聞きすると、この机はもう50年近く
使っている、との事。

 蛍光灯器具もだいぶ古くなっております。それでも
使える限り大切に使ってもらいたいと思います。


 最初の出会いの仕事では、あまり良い思い出では
なかったGさん。

 その後、数回仕事のご依頼がありました。どのようなお客様でも、
どのような仕事でも、一生懸命にさせていただくのが大切なのですね。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2012

遺産をもらっても・・・


 「運築(うんちく)川柳」


   ”財産は 足らず余らず ちょうど良し”


 財産・お金はあった方がいいでしょうか?
なくても困りますね。(笑い)

 でもこんな場合は・・・


   『遺産をもらっても・・・』


 3年ほど前に、家具移動やちょっとした
大工仕事をさせていただいたCさん。

 先日お電話がありました。


  「以前仕事をしてもらったCですが、
        ちょっとお願いしたい事があるんですが。」


   (Cさん?どこの誰だろう?・・・)


 Cさんとお聞きしても最初は
解りませんでした。

 ご住所や、させていただいた仕事のお話を
お聞きしているうちに思いだしたのです。

 3年ほど前に仕事をさせていただいた
Cさんでした。

 さてそのCさんからのお話をお聞き
しますと


  「都内に空き家があるのだけど、
       家具処分や家の修理をしてもらいたいの。」


 そのようなお話でした。

 我が社では家具処分は行っておりますが、
リホームの仕事はやっておりません。

 Cさんのお話によると、家の修理はそんなに
大した事がないとの事。

 修理した後は、人に貸したいそうです。

 取りあえずはCさんのご都合をお聞きして、
都内の空き家に伺う事になりました。

 念のために、リホームを専門に行っている
私の古くからの友人にも来てもらう事にしたのです。

 その判断は正解でした。


 都内の交通の便の良い、その空き家に
伺ってびっくり!

 家の中を見たら、とてもとてもちょっとした大工仕事
などではできるものではありません。

 まして人に貸すのでしたら尚更の
事です。

 リホーム会社の友人が


   「これは少しぐらいの修理では人に貸せないね。
               全面的にやらないと無理だね。」


 テレビで人気のある「ビフォーアフター」の家の
改造ぐらいの費用が必要な家です。


    「少なくとも600万円。ちょっと手をかけると
              800万円~1000万円かかるかな。」


 その話にちょっとびっくりしたCさんでしたが、
多少は予想していたようです。

 取りあえずは見積もりを出してもらって、検討する
との事でした。


 この空き家。実はもともとはCさんの
持ち物ではありませんでした。

 Cさんの、亡くなったお姉さんご夫妻
が住んでいらっしゃった家です。

 お姉さんご夫妻には子供がなく、それで
Cさんが受け継いだようです。

 家をリホームするより、家を解体して土地だけを
売った方が、費用はかかりません。

 さてさてCさんはどんな結論を出す
のでしょうか・・・


   『追記』


 我が社のお客さまで、子供がいなくて土地・家を
残されて亡くなったお客様が数名いらっしゃいます。

 全く身寄りがない場合は、国家の財産に
なります。

 身寄りがいる場合は、その方達が引き継ぐのですが、
ほとんどの場合は家を解体して土地を処分します。

 これから、このような子供がいなくて亡くなるご夫妻が
多くなる事と思います。

 遺産のコンサルタントなどは、きっと
新しい仕事として繁盛するかもしれませんね。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2012

こんな仕事・・・


  「運築(うんちく)川柳」


    ”こんな事 思う心の あさはかさ”


 様々な仕事のご依頼がある”便利屋”
です。

 他の人から見たら「え~こんな事!」と思うような
仕事のご依頼もあります。

 先日もこんな仕事の依頼が・・・


   『こんな仕事・・・』


 数日前の夜も7時頃、会社の電話が
鳴りました。

 (緊急の仕事かな?・・・)

 と、思いながら電話に出てみますと、どこかで
聞いた事のあるような声です。


  「すみません。お願いがあるのでが・・・
       台所の水が漏れないようにしていただきたいのですが・・・」

    (台所の水?水道の漏れかな?・・・)

 と思いながら、詳しいお話をお聞きしますと


    「台所仕事をしていて、水が撥ねて
             シンクの外に飛び散るのです。」


 そのお話をお聞きして、思い出し
ました。

 2年ほど前に、台所が狭いのでお風呂場に調理台
を作って下さい、とのご依頼があったNさんです。

 お風呂場に調理台!ちょっとない変わったご依頼であったので
覚えていたのです。

 その時は、今までにない変わった仕事でしたが、Nさんの
ご要望の通りに大工さんに作ってもらいました。

 あれから2年ほど経ちます。現在のご住所は前回の
住所と違います。引っ越ししたようです。

 今回もちょっと変わった仕事の依頼です。お客様のご都合をお聞きして、
早速伺わせていただきました。

 訪問の時刻は、前回と同じ午後7時です。昼間でない
方がいいのだそうです。これもあまりないことです。


 台所を見ると、普通のアパートの台所とシンクです。
立派なマンションではありませんので、それほど大きくはありません。

 通常なら、このシンクで充分なのですが
Nさんの要望は違っておりました。


  「身体が大きいので、水仕事をすると水が撥ねて
            シンクの外に飛び出てしまうのです。」


 確かにNさんは多少の肥満体です。でも気をつければ、
水も飛び散らないと思うのですが・・・

 お客様のご要望に出来る限りお答えするのが、
私の仕事です。

 決してお断りする事も、否定する事も
ありません。

 何とかNさんのご要望に答えられるように
考えます。

 その結果、水がシンクの外に撥ねても、
台所を濡らさない方法を考えました。

 お客様と試行錯誤しながらの、他の人が見たら珍妙な作品です。(笑い)
使い勝手を試して、具合が悪ければ修正します。どうなるか・・・


 他人が見たら「こんな事!」「おかしな人!」と思う事も、
本人にしたら深刻な問題のなのです。

 どんな事にも、お客様の立場に立って真剣に
仕事に取り組んで参りたいと思います。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   IPTEL 050-3403-1459
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット 便利屋コンビ”全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から好評発売中!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2012 | Main | April 2012 »