« October 2014 | Main | January 2015 »

November 22, 2014

こんな地域貢献活動も


  「運築(うんちく)川柳」


   ”草の根の 地域貢献 人知れず”


 11月12月は仕事の立て込む月。体力仕事も
多く、ちょっとばて気味です。(笑い)

 でも、このような体力仕事は嬉しく喜んで
させていただけます。

 その体力仕事とは・・・


   『こんな地域貢献活動も』


 めったに依頼のない仕事も、続くときには
続くもの。

 先日、耕運機で畑を耕す仕事をさせていただいた
のですが、また同じようなご依頼がありました。

 数年前からのお客様から、お電話をいただきました。
そのお客様のご依頼はいつも家の清掃作業です。

 ところが今回のご依頼は違っていたのです。
何と庭を耕す仕事のご依頼です。

 ご主人様が家の近くで診療所をやっております。
その診療所にある庭を耕して欲しいとの事。

 喜んでお引き受けして、お約束の当日に
伺わせていただきました。


 早速現場を拝見させていただきますと、診療所の
周囲に60坪ほどの庭とも畑とも言える空き地があります。

 その庭を耕して肥料を撒いて欲しい、との
ご要望です。

  (耕運機を借りてくれば良かった・・・)

 そう思ったのですが、今更手配はできません。
鍬と鋤で耕す事にしました。

 庭や周囲の草刈りもありますので、二日間は
かかりそうです。

 さてさて体力仕事です。お天気が良い日だったので
シャツ一枚になって汗をかきかき耕しました。決して
冷や汗ではありませんよ。(笑い)


 耕しておりますと、通り過ぎる住民の方の
多くが声をかけてきます。

  「ご苦労様です。今度は何を植えるの?」

 一日作業をしておりますと、ほんとに多くの
方が声をかけてくるのです。中年の女性からは、
ご苦労様とミカンまで戴きました。(笑い)

 ある一人の方にお聞きしましたら、その
訳が解りました。

 この診療所の院長先生は、毎年サツマイモや
ジャガイモの種を植えて、地域住民の方と芋ほり
をして楽しむのだそうです。

 それを地域の住民の方が、楽しみに
している、との事でした。

 ここの院長先生は、地域の住民の方を大切にして、
地域になくてはならない診療所として信頼され親しまれ
ていらっしゃるようです。

  (いまどきそんなお医者の先生がいたのか・・・)

 昨年はサツマイモ。今年は何を植えるの
でしょうか?


 先日の耕運機を使って畑を耕したお客様も、
畑に植えたのは花の球根。

 広い畑に多くのシャクヤク・ボタン・グラジオラス
の球根を植えつけました。

 これだけの量だと、一人で愉しむだけでは
ありません。

 道行く人に観賞してもらったり、友人知人に
も差し上げるようです。


 きっとこのお二人は、ご自分の愉しみが第一ではなく、
人様の楽しそうに喜ぶ顔を見る事が嬉しいのかもしれません。

 私も、収益が伴うのですが、お客様の喜びが
自分の喜びとなるような仕事をさせていただく
事を、改めてお二人から学ばせていただきました。

 体力仕事でも、このような仕事の場合は
あまり疲れを感じない?

 いえいえやっぱり、足腰・腕が痛い。(笑い)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2014

採算に合わない仕事?!


 「運築(うんちく)川柳」


   ”採算に 合う合わないの 意識捨て”


 「そんな仕事を引き受けて、よく採算に合うね!」
    「割に合わない仕事なんか、引き受けられないよ!」

 とは、よく言われる事です。

 ただ、その仕事だけの採算のみを考えていると、我が社のような
「便利屋」はやってはいけない。とっくに、潰れて
いるかもしれません。(笑い)

 先日も、このようなお客様が・・・


   『採算に合わない仕事?!』


 数年前から、定期的に病院への付き添いの
仕事をさせていただいているBさん。

 ご高齢になり、ご自分で車の運転ができなく
なってからのご依頼です。

 Bさんの通院日は毎月定期的に決まっております。
その日には、Bさんの通院同伴の予定をあらかじめ
入れておきます。

 通院同伴の時間は長くて2時間。短いと1時間
ぐらいの時もあります。

 Bさんの通院日には、後から1日仕事の依頼があっても、
それを断って予定通り行きます。

 一日仕事だと、一人2万円前後になります。それに対して
Bさんの仕事は3000円・・・

 (そんな採算の合わない仕事は、断ればいいのに・・・)

 いえいえ、いつも喜んでBさんの付き添いを
させていただております。

 なぜ?

 そんな、わずか一日3000円の仕事だけを引き受けていたら、
多分我が社の現在はありません。(笑い)

 Bさんの仕事はそれだけではないのです。一年に数回の
植木の手入れと草刈り。また買い物代行のご依頼もあります。

 もし採算に合わないと言われる病院の通院同伴をお断り
していたら、他の仕事もご依頼もない事と思います。

 一回一回の仕事ではなく、数か月・年間を通して
採算に合えばいいのです。

 それに例えもし、その3000円の仕事だけだったりにしろ、
年中無休の我が社です。その日を休日と考えれば、休むより
3000円いただけるのです。しかも経費は0円です。(笑い)

 先日のビデオカメラの撮影の仕事も、一日潰して3000円です。
でも、休日に素晴らしい創作舞踊の舞台を見られた、と思えば
嬉しいありがたい仕事です。(笑い)

 最初から、「この仕事は採算がどうかな?」と、あまり
考えないようにしています。

 でもちゃんと見積もりはしますよ。(笑い)
時々見積もりを間違える!(大笑い)


 その他、一見採算に合わないように見える仕事でも、
採算に合うように考えてするのが我が社の流儀です。

 地域密着で会社近くのお客様が多い。そうなると下見
もあまり必要ではない。無駄な移動が少ない。

 長いお付き合いのお客様が多く、仕事の
融通もきく。

 人を使わず、事務所を借りず、余計な経費は
できるだけ使わない。

 経費は、車のガソリン代と自分だけ・・・

 まあ、こんなやり方で17年間続けて
まいりました。

 こんなやり方は、会社を急成長させたい方、もっと
利益を上げて儲けたい方にはお勧めできません。(笑い)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2014

一年に一回20分の出会い


 「運築(うんちく)川柳」


    ”こんな事 思う仕事の 必要性”


 たった10分の仕事のご依頼、そんな仕事の
ご依頼もある我が社です。

 この10分の仕事のために、他の仕事は受けられず
まる一日を潰す事もあります。

 このお客様も、そんなお客様の
お一人です。


   『一年に一回20分の出会い』


 七夕の織姫と彦星ではありませんが、一年に
一度の出会いのお客様がいらっしゃいます。

 仕事の予定の2か月近く前にお電話で
予約をいただきます。


   「昨年もお願いしましたDですが、
          今年もお願いいたします。」


 一年に一度のお客様なのですが、Dさんと言われてすぐに解ります。
このお客様の場合は、特殊なので覚えているのです。

 Dさんは創作舞踊を習っていて、一年に一回大きな舞台で
発表会があるのです。

 仕事のご依頼内容は、そのご自分が出演している
舞台のビデオ撮影です。

 ご自分の出演場面だけですので、時間的には
ほんの20分前後です。

 私はビデオカメラには詳しくないので、操作の
不安はあるのですが、Dさんの場合はそんな不安は
不要なのです。

 ビデオカメラの設定は、全てDさんが行います。
ただそのビデオカメラを監視しているだけ!

 なぜ監視するだけ?

 Dさん、以前にビデオカメラを設定してそのまま
舞台に立ったのですが、帰ってきたらビデオカメラが
三脚ごと倒れていた。そんな経験があったからです。


 そうは言っても、たった20分でも責任ある仕事です。
多くの人が行きかいます。とても緊張する20分間なのです。(笑い)

 お蔭様で撮影は無事に終了し、Dさんにそのまま
お渡しする事ができました。

 まだまだお元気なDさんです。きっとまた来年も
早い時期に、仕事のご予約がある事と思います。

 一年に一回20分のお出会いなのですが、こんな
出会い・仕事も大切にしたいと思います。

 何で他の仕事を断ってまで、こんな一日20分の
仕事を引き受けられるのか?採算に合わない?・・・

 そのお話は、明日(後日?)続きとしてお話
させていただきます。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2014

ここが安住の地!?


 「運築(うんちく)川柳」


    ”安心と 危険は常に 同居して”


 この場所なら絶対に安全!この人・会社なら間違いない。
安心できる!

 そのように思った事はありませんか?

 ただ、予測できない自然災害・経済の変動、そのような
事が多くなっております。

 安心・安全は保障されたもの
ではありません。

 それは人間ばかりではないようです。
この動物にも・・・


   『ここが安住の地!?』


 お客様のご紹介で、初めてお電話を
いただいたGさん。

 ご依頼いただいた仕事の内容は、
よく依頼がある仕事でした。


  「雨戸の戸袋に鳥が巣を作って開かないのです。
            何とか開くようにお願いします。」


 最近は一人暮らしのご家庭も多くなり、あまり使わない
部屋は雨戸が閉めっぱなしです。

 カラスや鳶などに襲われる可能性も高い、木の上などより
も鳥にとっては、そんな雨戸の戸袋はとても安心できる場所
なのです。


 早速伺って問題の雨戸を見てみると、なるほど
全く開きません。

 おまけに、その窓は2階の小さな窓。内側からは
作業できません。しかも脚立も立てかけられない場所。

 屋根に上っての作業です。高い所は苦手な私ですが、
そんな素振りは少しも見せずに作業です。(笑い)

 今の時期ですと、小鳥も飛び立ち巣は空に
なっております。

 お客様もその時期を考えて、お電話いただいた
ようです。

 いつものように、空になった巣を取り出して
消毒して綺麗にさせていただきました。

 それにしても、そのゴミの量は多い!

  (よくまあ、こんな物まで戸袋に運び込んだものだ!)

 と思うようなビニール袋などもあります。


 仕事を終えてGさんのお話を伺うと、
面白いような、怖いような話がありました。


  「お隣の人から聞いたのだけど、戸袋の巣を狙って
            蛇が二匹屋根を昇って行ったそうです」


 親鳥は懸命に守っていたそうですが、蛇でしたら
狭い戸袋にも簡単に入れます。

 親鳥がいない時には・・・


 せっかく見つけた安全な場所も、決して
安全ではなかったのですね。

 これが自然界の摂理なのかもしれません。そして
人間もその自然界の一員である事を忘れないように
したいと思います。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2014

電話番号を覚えていてくれたお客様!


 「運築(うんちく)川柳」


   ”認知症 忘れぬ事の 不思議かな”


 続くときには続くもの・・・

 皆様にはそんな経験はありませんか?悪い時には
悪い事が、良い時には良い事が・・・

 私の仕事でも、そんな事はよくあるのです。同じような
仕事の依頼が立て続けにあるのです。

 今回の場合も、同じような事が
続きました。それは・・・


   『電話番号を覚えていてくれたお客様!』


 ある日、ご高齢かと思われる女性から
お電話をいただきました。


   「Kですけど、隣との土地の境の事で
            ちょっと見てもらいたいの」


 Kさん?・・・我が社のお客様で同名の方が
いらっしゃいます。

 でもそのお客様からの仕事のご依頼は、いつもちょっと
遠くに住むお嬢様からのメールで、
電話ではありません。

 ご住所をお伺いしますと、間違いなくお客様の
Kさんです。

 Kさんのお宅にはお母様がいらっしゃいますので、
そのお母様からの電話だったのです。

 お母様から直接仕事のご依頼をいただく事は
ほとんどありませんでしたので、すぐには解りません
でした。

 お母様のご都合をお伺いして、お約束の
当日に伺わせていただく事になりました。


 さて伺わせていただき、早速お母様と
隣の家との境を見させていただきました。


   「隣の家との境が間違っているの。
        以前は、この植木の手前までうちの土地だったのよ!」


 調べてみますと、隣との境界線はしっかりとしております。
隣の家が、Kさんのお宅の土地を侵害しているとは思えません。

 お母様によく説明したのですが、なかなか納得
いたしません。

 いろいろな理由を言って、「自分の土地に隣家が
入り込んでいる!」と申します。

 何度も丁寧に説明すると、本音では納得していない
ようでしたが、しぶしぶと納得しました。

 直感的に

  「これは認知症の症状かもしれない・・・」

 と思ったのです。


 その晩、いつもメールで仕事のご依頼をいただく
Kさんのお嬢さんに、メールでその日の顛末を
ご報告しました。

 もちろん、お母様が認知症化もしれない、との
事も付け加えました。

 すると、お母様はすでに認知症の治療も受けている、
との事でした。

 隣家との境界の件は、以前もそんな事を言って
いたそうです。

 普段はあまり認知症の症状を見せる事もなく、
日常生活には支障がないそうです。

 認知症のほんとの初期症状。昔、隣の方と
何らかのトラブルがあったのかもしれません。

 お嬢さんには

  「また何か母から連絡がありましたら、
        ご迷惑でしょうが私までお知らせください。」

 と、お願いされました。


 それにしても認知症と言うのは不思議です。まだ
よく解らない事も多くあります。

 いつも我が社に電話する事などないお母様が、
我が社の電話番号を覚えていて電話をしてくれた・・・

 帰る時には、料金を支払う事まで言っていた。
それでも認知症・・・


 認知症の症状は、人それぞれなのですね。一概に
「認知症はこうだ!」とは言えないのかも
しれません。

 若い頃、ミスター断定(ダンティ)と言われた
私です。(笑い)自戒しております。


 20年ほど前に亡くなった私の父も認知症でした。
10年以上の介護をさせていただいたのですが、その
当時は認知症の事をよく理解していなかった私です。

 認知症でも、正常な時もあった父だったのでしょうが、私の
態度にきっと悲しい思いをしていたのかもしれません。

 そんな申し訳ない気持ちを、今の仕事でお客様に
お返しさせていただいております。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2014

え!まさか私が・・・


 「運築(うんちく)川柳」


   ”その時が 来るかもしれない 貴方にも”


 もし貴方の家族・知り合いが、ある日突然訳の解らない
事を言いだしたら、貴方はどうしますか?

 怒ったり、戸惑ったり、病院に連れて行ったり、はたまた
無視したり・・・

 これは他人事(ひとごと)ではないのです。先日も
こんな事が・・・


   『え!まさか私が・・・』


 先日我が家の近所で見知らぬ人がうろうろしております。
どうしたのかな?と声をかけてみますと・・・


   「散歩していたら家が解らなくなってしまった・・・」


 大変に困惑しております。

 これはもしかしたら認知症の方!?

 私も「認知症のサポーター」でありますので、そんな時の
対応も学んでおります。

 丁寧に優しくお話を伺いますと、奥様が病院に行って、
それを追いかけて行ったようです。それで、道が
解らなくなってしまったようでした。

 病院の名前を聞いてみますと、知っている病院です。警察署に
連絡をしようかな、とも思ったのですが、その方を車に乗せて
病院まで行ってみました。

 残念ながら奥様はもうお帰りになった後でした。その時に
その方のお名前をお聞きしたのですが、何とそれは私の
知っている方!我が社のお客様でした。

 奥様のお顔はよく存じ上げているのですが、ご主人とは普段
お会いする事もあまりありません。顔を見ても解りませんでした。

 早速その方(お客様)の家まで送らせていただいたの
ですが、奥様は留守で鍵がしまっております。

 しばらく家の前で待っていると、奥様が慌てた様子で
帰って参りました。

 奥様が家に帰ったら、テレビも点けっぱなし、玄関の鍵も開けっ放し
でご主人がいないのでビックリして探し回っていた、との事です。

 奥様にご主人の事情をお話しますと、大変にビックリして
おりました。


   「ええええ~・・・まさかうちの主人が・・・」


 病気で療養中のご主人でしたが、今まで認知症の症状など
見せた事がなかったそうです。


   「こんな事初めて・・・」


 大変に戸惑い困惑していたのですが、かかりつけのお医者さんに
認知症の検査をしていただく事をアドバイスして帰ってまいりました。


 夜になって、奥様からお礼のお電話をいただいたのですが、
道に迷った事と、私に出会った事は忘れていたそうです。

 それ以外は、いつものようにごく普通で、おかしな事は
なかったそうです。


 認知症の患者は現在約500万人。予備軍はその倍
いるそうです。

 10人に1人は認知症になる・・・決して
他人事ではありません。

 認知症は徐々に進行しますので、その兆候が
あります。

 自分自身もそうですが、家族・身近な方も
日頃から気をつけないとなりません。

 無関心が一番よくない・・・


 私の父も認知症でした。私もその父の遺伝子を受け継いで
おります。(笑い)

 笑っている場合ではなく、他人事ではない事実。
その時の事も考えておきたいと思います。

 「便利屋日誌」が2か月以上書かれなかったら、
認知症になったと思ってください。(笑い)

 それにしても、男性が知っている方のご主人
で良かった・・・

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2014

処分品の中からお宝発見!


 「運築(うんちく)川柳」


    ”黙ってりゃ 解らないのに 心の目”


 仕事をしていて、たまに「あっ!失敗したな」と
思う事があります。

 それは、植木の手入れだったりペンキ塗り
だったりします。

 お客様には黙っていれば解らない程度です。
そんな時にはどうするのか?・・・

 もちろん、黙っています。と言うのは嘘。(笑い)
きちっと報告します。

 そうすると大概の場合、お客様は「そのくらいいわよ」
と言ってくれるのです。

 ありがたい事です。

 さて、最近も「黙っていれば解らない事」
がありました。それは・・・


   『処分品の中からお宝発見!』


 友人の紹介で、ある人の古い倉庫の片付を
依頼されました。

 ちょっと遠い場所だったのですが、
早速伺わせていただきました。

 古い倉庫で、中には様々なガラクタ?が
沢山入っておりました。

 処分品は約軽トラ一台分。ないようで
あります。

 一つ一つ片づけながら運んでいると、ある物が
出てまいりました。

 それは額に入った古銭。額は古くなっておりますが、
中に飾られている古銭はまだ綺麗なままです。

 これが本物だったら、うん千万円!(笑い)もし
レプリカでも数万円はするでしょう。

 さてさてどうしょうか?・・・

 お客様から、倉庫内の全ての物の処分を
依頼・許可されております。

 どんな物があろうと、出てこようと、こちらの
勝手で処分できます。

 戴いてインターネットのオークションで
販売しようか?・・・

 もちろん、お客様にご連絡してお届け
しました。(笑い)

 古銭の額の写真をお送りして、お客様に
確認しましたら、「こちらで欲しい」との
事でした。

 黙っていれば解らないのに・・・(笑い)でも、
「天知る地知る己知る」です。

 以前、処分する本棚から100万円の
現金の札束が出てきたことがあります。

 それも当然、お客様にお知らせして
お返ししました。

  (そんな事をしているから儲からない!)

 でも、「それでいいのだ!」

 大好きな漫画家、赤塚不二夫さんの「天才バガボン」
バガボンパパの言葉です

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2014 | Main | January 2015 »