« June 2016 | Main | September 2016 »

July 08, 2016

付き添い・こんな事はしません!


 「運築(うんちく)川柳」


    ”不器用が 器用を超える 時もある”


 いつも病院への付き添い同行を
させていただいているSさん。

 先日も同行したのですが、最近は大病院の診療方針も
変わってきたようで、今は3か月に一度です。

 驚いた事に、何と次回の診察は
4ヶ月後になりました。

 薬もあまり出ません。ギリギリ間に合う
くらいです。

 それは地域の医院を活用するように、との
政府の方針もあり、仕方ない事かもしれません。

 でもSさん本人からしたら、大病院の方が何かと
安心できる。繋がりを切りたくない。そんな
感じです。

 ところで、お客様との同行の仕事の時に、
気を付けている事があります。

 それは・・・


   『付き添い・こんな事はしません!』


 「便利屋」の仕事をしておりますと、よく
言われる事があります。


  「柏崎さん。貴方器用なのでしょう。だから何でもできる」


 いえいえとんでもない。私はどちらかと言うと
不器用なのです。(笑い)

 だから、仕事のご依頼があったら、ひたすら
その仕事のみに専念します。

 病院などの付き添いですと、待ち時間も
かなりあります。

 お客様とご一緒に待つときには、できる限り
様々なお話をするのですが、一人での待ち時間も
あります。

 そんな時、普通の方はスマホでゲームやメール
をやったり、本・雑誌・新聞などを読んだりします。

 でも私はそんな時でも、集中して何もせずに
待ちます。

 最近は呼び出しも名前ではなく番号です。
うっかりしていると聞き逃します。

 器用な人は、何かやりながら別の事も
できるのですが、私はそれが得意では
ありません。不器用なのです。(笑い)


 「不器用で良かった!」

 そんな事を思います。

 器用な方ですと、どんな仕事も頭を悩ます事も、
冷や汗をかく事もなく、何となくこなしてしまいます。

 私の場合不器用なもので、ただひたすらその仕事に
取り組みます。汗をかきながら一生懸命です。

 もちろん、お客様のご要望に応えられない時も
あります。

 でも、そんな時でも一生懸命に取り組んで
いると、お客様が譲歩してくれたり許して
くれたりするのです。

  「いいよ、いいよ、そのぐらいで。」

 完全でないので、お金は頂けない事を申し上げると、
「それでは気の毒だ」と、ある程度の代金をお支払
いただけます。

 当初からそんな計算をして仕事をする
事など論外ですが、出来ないなりに、不器用
なりに、一生懸命にやっていると、出来なくとも
結果が違います。

 どんな事にも、一生懸命に取り組んで
20年。長いお付き合いのお客様に支えられて
いるのも、そんな不器用のお蔭かもしれません。(笑い)

 不器用で要領の悪い皆様。貴方にこそ、
幸運・チャンスがあるかもしれません。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2016

2000号・20年・2回・・・


 「運築(うんちく)川柳」


     ”2(に)にご縁 悪い事でも 笑顔で2(ニッ)”


 どうも今年は2と言う数字にご縁が
あるようです。

 「便利屋日誌」2000号・便利屋開業20周年・
それとある事が2回。

 この2回とは、何なんでしょう?・・・


    『2000号・20年・2回・・・』


 早いもので、この「便利屋ワン・ツウ・ワン」を
開業して今年で20周年になります。

 よくまあここまで続けて来られたと
思います。

 全く経験のない仕事。地元での知り合いもほとんど
おりません。資金もそれほどない。

 どんな仕事の依頼があるのか?自分でできない仕事
ばかりだったらどうする?お客様は来るのか?・・・

 不安定な仕事で、何とか20年続ける事ができました。
これは決して私一人の力ではありません。

 大変な時に助けて頂いた多くの皆様のお蔭です。
ありがとうございます。運も良かったのかもしれません。

 そんな20年に、便利屋日誌の2000号。
そしてある事で2回。

 その2回とは?これは良い事ではありません。
何とわずか1週間の間に、駐車違反切符を2回も
切られたのです。

 まさかまさかのまさかでした。(笑い)

 今まで何回か車を止めておいて、仕事を
していた場所です。

 1回目は団地の中の路上。まさか団地の中で
駐車違反を取れらるとは・・・

 2回目は車の通りが少ない住宅地の路上。
まさかまさかこの場所で駐車違反を取られるとは・・・

 こんな事で、2にご縁があっても嬉しくなく、
当初はとても腹が立ったのですが、日が経つにつれ
これも良い事の前兆のように思うようになりました。

 まあ、事故をおこすよりはいいか・盗難や当て逃げ
にあうよりはいいか・・・

 腹が立ったら、一日寝てから次の日にまた
考えろ。

 そんな事も言われていますが、その通りです。
悪いと思った事でも、きっといい事に繋がる。

 めったにない2回続けての経験。これは
何か良い事の前触れ?(笑い)

 それ以来、路上駐車で仕事をする事はなく、ちょっと
遠い駐車場でもそこに車を止めて仕事をしています。

 それにしても、この駐車違反。最近は昔のように
ミニパトに婦人警官が乗って、白墨で違反を書く事は
ありません。

 民間の団体に駐車違反の取り締まりの委託をしていて、
その人たちが動き回って取り締まりをしています。

 それは駐車違反でも「放置車両確認標章」というもので、
違反金は15000円と通常の駐車違反の12000円よりは
高いのですが、違反点数には加算されません

 う~ん、2回ある事は3回あるとも言われますが、
これだけは2回で止めておきたい。(笑い)


 2000号・20年・2回とくれば、あとは
200。この200は何になるだろう?

 宝くじでも買って200万円!その上を行って
2億円!(笑い)

 そんな事を思って、2にご縁のある今年を楽しみに
しております。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「kimg0322.JPG」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2016

処分依頼。茶箱って何?


  「運築(うんちく)川柳」


    ”処分品 生きた歴史が 垣間見え”


 前回の日誌のお話もそうですが、処分品を見ると、
そのお客様の生きて来た歴史が解ります。

 さて、今回のお客様の場合は・・・


   『処分依頼。茶箱って何?』


 年数回、自分一人ではできない事・大変な事
などの手助けのご依頼があるGさん。

 一人暮らしの70歳代の女性ですが、庭の草刈り
などはご自分でなさいます。

 先日お電話をいただきました。


   「玄関先と庭に龍のひげが伸びちゃて大変なの。
        全部抜いてくれますか。ついでに、茶箱も2つ処分して。」


 龍のひげは、庭や玄関の縁に生えている緑色の
植物です。とても丈夫で生命力が強いのです。

 茶箱って、若い人にはあまり馴染みがないし、
見た事もないかもしれませんね。

 (すみません。写真に撮るのを忘れました)

 文字通り、お茶を保存しておく箱なのですが、
昔はこの中に衣類や雑貨を入れて保存していた
ようです。

 私の子供の頃も、この茶箱に様々な物が
保存されていたのを覚えております。

 箱の内側がしんちゅう(昔はそうだったと思う。今はアルミ箔?)
で覆われていて密閉性も良くて、虫も入らずカビも
生えないのです。

 今は透明のプラスチックの衣装ケースなどが主流に
なって、茶箱はほとんど見かけません。


 Gさんとのお約束の日に、伺って
作業をさせていただきました。

 龍のひげは、けっこう根が複雑に絡まって
おりますので、引き抜くのに力がいります。

 やはりGさんでは無理。全て綺麗に引き抜き
ました。

 茶箱は、もうだいぶ古いので外側は汚れて
おりますが、蓋を明けると中は綺麗。何ともありません。

 さすが茶箱!(笑い)

 茶箱の処分依頼は、ご高齢の方の家に伺うと
たまにあります。

 まだまだ使えるので、欲しい方がいれば差し上げる
のですが、貰い手はありません。

 ちょっと前までは、足踏みミシンなどの処分依頼も
あったのですが、こちらはリサイクルショップや
骨董屋さんが有料で引き取ってくれるので、最近は
ほとんどありません。


 処分依頼の品々を見ると、その家・お客様の生きてきた
時代・歴史が解ります。

 まだ充分に使える物もあったりするのですが、誰も
引き取り手がない物は、仕方ないので処分です。

 この仕事を始めた当初は、使える物はもったいないので、
売れない物・引き取り手がない物は、我が家で引き取って
置いておきました。

 その結果、我が家がゴミ屋敷の危険に!(笑い)
最近は、泣く泣く極力処分しております。

 「こんな物があったら欲しい!」

 そんな方がいらっしゃったら、いつでも
お申し出ください。

 出るのがいつになるか解りませんが、ご連絡させて
いただきます。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2016

これ全部捨てて!


  「運築(うんちく)川柳」


    ”子供への 執着捨てて マイウエイ”


 子供たちが巣立ってご夫妻だけ、あるいは
一人暮らしの方が多くいらっしゃいます。

 子供たちが巣立った後、その土地で育った子供たちの
様々な生活道具が残されます。

 さて、皆様はそんな時どうなさいますか?
このお客様の場合は・・・


    『これ全部捨てて!』


 年間数回の、庭の草刈りやごみ処分の
ご依頼をいただくMさん。

 Mさんはご主人に先立たれ、子供達も
独立して今は一人暮らしです。

 このMさん、一人暮らしは大変で不安だからと
ケア付きマンションに引っ越しました。

 ただ、今まで住んでいた家は売却しませんでした。
時折帰ってきて、庭仕事を楽しんだり、自分の好きな
事をなさっていらっしゃいます。

 そんなMさんから、ある時草刈りと一緒に
別な仕事依頼されました。


   「ここにある荷物、全部捨てて!」


 その中身は、Mさんにお聞きすると、結婚して
巣立った娘さんの物のようです。


   「必要なら取りに来なさい!と言っている
          のだけど、来ないので処分しちゃうわ」


 いともあっさりしたものです。(笑い)

 子供たちが巣立って残していった物は、いつでも帰ってきて
見られるように処分しないで取って置く。

 そんな方もいらっしゃいますが、Mさんはそんな
事はありません。

 子供たちに執着しないで、心配もかけずに
これからの自分の生活を楽しむ。

 そんなMさんを、感嘆の思いをこめて
お手伝いさせていただております。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2016

心に決めている事


 「運築(うんちく)川柳」


  ”誰にでも できるけれども できぬ事”


 2000号への皆様の温かいお祝いのお言葉に、
とても感激しております。

 第1号からお読みいただいてる方も
いらっしゃって、ありがたいな、と
思っております。

 さて、この日誌を書かせていただくにあたって、
心に誓った事が二つありました。

 それは・・・


    『心に決めている事』


 2000号・12年もの間、一般公開しながら
批判・炎上する事もなく、無事に続ける事が
できました。

 お蔭様で、インターネット上でも、会社・私に
関する批判はほとんどなかったようです。

 え?知らないだけ?(笑い)

 多分それは、心に決めた二つの事をずっと
守ってきたからではないかと思っています。

  ”その一つは、決して人の悪口・批判を書かない事”

 この仕事は、他人様の様々な生活・生態を覗き見ます。
心の中では、はらわたが煮えくりかえるような事もあります。

 でもできる限り、相手を悪く言わない。自分が相手のように
なる事もあるから。

  ”二つ目は嘘を書かない事”

 一般公開している以上、お客様を特定できる・場所を
特定できるような事は書けません。

 解らないようにちょっと変えて書かせて
いただいております。

 でも基本は、全て現実に起こった事・させて
いただいた仕事です。作り話はありません。

 そんな二つの事を心に決めて、守ってきたので
ここまで続けてこられたのかもしれません。

 ただそれだけです・・・(笑い)


 野球で2000本と言えば、名球会入り。
ブログ・日誌で2000号は?・・・(笑い)

 まだまだイチロー選手のように、途中経過
にすぎません。

 休み休みになる事もありますが、また
明日からも続けます。

 皆様、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
ありがとうございます。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2016

思えば遠くへ来たもんだ~2000号記念


 「運築(うんちく)川柳」


   ”一歩二歩 2000になりて 明日もまた”


 この「便利屋日誌」もいつの間にか
2000号になりました。

 ほんとに良く続いた・・・(笑い)

 2004年11月7日に、所属していた
「メキキ」の会という団体で、会員向けの
SNSに書いたのが始めでした。

 2006年の12月7日から、一般公開で
ブログを書くようになりました。

 それから12年余り、お蔭様で2000号
を迎える事ができました。

 これもコメントをいただき、お読みいただいている
多くの皆様のお蔭だと思っております。

 ほんとにありがとうございました。心から
御礼申し上げます。

 私らしく、自分だけでささやかにつつましく、
好きなチーズケーキと不用品になって我が家に
来たマスコットと一緒にお祝いです。(笑い)

 2000号を記念して、今回はちょっと長くなりますが
第1号の「便利屋日誌」を再掲させていただきます。

 この当時はまだ「運築(うんちく)川柳」
はなかったのです。

 こんなに長くなぜ続ける事ができたのだろう・・・
それはまた明日。(笑い)


=================================
「便利屋日誌」第1号

メキキ会員の皆様

 こんにちは。和尚こと柏崎です。私は現在”便利屋”と
言う仕事をさせていただいております。

 日々様々な人達と出会い、様々な仕事をさせていただい
ております。

 ふっと、「こんな仕事も世間にはあるのだな」と皆様に
知っていただけたらと思い、ある人の勧めもあり、
「便利屋日誌」を折に触れて書かせて頂くことにいたしました。

 先輩格のラッキーみほりんの「介護日誌」、ドクターQちゃんの
「ダイエット日誌」がありますが、それに比べるべくもない拙文
ですが、しばらくお付き合いいただけましたら幸いです。

______________________________

 「悲しくも嬉しい仕事」

 先日、7年前の創業時からのお客様が、95歳でお亡くなりに
なりました。

 まだお客様も少なく、生活も大変な時期に「あなたはとても
いい人だから、きっと仕事はうまくいきますよ。そしてきっと
良いお嫁さんも来ますよ。」と励ましたいただいたお客様でした。

 当時は88歳とは見えないとても元気な女性で、若い頃は学校の先生
をしており、大正時代としてはめずらしくピアノを習い、タバコも吸って
いたようです。

 元気な時はマンションに一人暮らしで、同じマンションの別の階に息子
さんご夫婦が住んでいらっしゃいました。

 4年ほど前に、足の骨折から始まり痴呆の症状が出てまいりました。
しばらくすると、自宅での介護もままならず、介護施設に入所いたし
ました。足の骨折は怖いですね。

 なかなか長期に入所させてくれる施設が見つからず、方々の
施設を転々としていました。その度にお手伝いをさせていただ
き、ご家族の方ともお付き合いさせていただくようになりました。

 そんなお客様の入所施設が決まったのが2年ほど前。ご家族
の方のご依頼で、それ以来毎週一回ご家族の方々を施設までお連れ
する仕事をさせていただいておりました。もちろん、私もお見舞い
をさせていただきます。

 なかなか来られないお孫さんより、私の事を覚えていてくれて
「あら、元氣。来てくれてありがとう。仕事はうまく行っていますか?
頑張ってね」などどお話をしていただく時もあったんですよ。

 95歳を迎え、体調を崩す事も多くなったある日、お客様のご家族
(お嫁さん)から電話をいただきました。

「おばあちゃんの具合が悪くなって、あぶない状態です。時間があったら
一緒に病院に行って下さい。」との電話です。

 すぐ近所のお客様でしたので、私は急ぎご自宅に伺い奥様とご一緒
に病院に伺わせていただきました。

 それからわずか5時間後、お亡くなりになったのですが、ご家族の
方の暖かいご配慮で、他人の私がご臨終の席に立ち合わせていただき、
最後を看取らせていただきました。

 それからの3日間、御通夜からお葬式にいたるまでの全ての事に
家族同様に立ち合わせていただき、お手伝いさせていただいたのです。

 とても悲しい出来事でしたが、ご家族の方々の暖かいご配慮で、
大切なお客様に最後までお付き合いさせていただけた事にとても
感謝し、嬉しく有り難い思いをさせていただきました。

 もちろん、仕事としてもさせていただきましたので、全て適正な
料金はいただいております。

 でも、これは仕事としてだけではできない。今の「便利屋」の
仕事をさせていただいていて、本当に良かった、と思っています。

 ありがとう、タミおかあさん。(私はそう呼んでいました)
また天国で会えるといいね・・・

 追記

 特別養護介護施設には、入所者のための「葬儀場」がある事を
はじめて知りました。

 全ての設備が整っていて、施設の中でお葬式ができます。きっと
身寄りのいない方も多いからでしょうね。

 施設に入所している方々も皆さん出席していただいて、全く
理解できない方もいるのですが、笑顔で、あるいは涙顔でお花を
棺に入れてお別れをしていました。

 義理で出席する人も多いお葬式より、とても感動的なお葬式で
したよ。

 長文になってしまい、ごめんなさい。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   〔執筆者〕
          
     株式会社便利屋おしょうネット
                 代表取締役 柏崎 房男

     ”便利屋コンビ” 有限会社ワン・ツウ・ワン
                    取締役 柏崎 房男

    〒270-1168 千葉県我孫子市根戸903-13
            TEL 04-7181-3751  FAX 04-7181-3752
   
            メール info@benriya1-2-1.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「100万人のありがとう」をあなたと共に
    ”便利屋おしょうネット全国展開構築中
                   参加者・協力者・仲間募集中です!!

ホームページ  http://www.benriya1-2-1.com  

http://benriya.oshou.net/company.html
  
プログ
 《天職・感動 便利屋奮闘記》 http://one-two-one.cocolog-nifty.com/

柏崎 ふさお 著 「独居力」PHP研究所から出版!

  http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70849-2

       
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「2000kimg0319.JPG」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2016 | Main | September 2016 »